消費税が上がる前に駆け込みで自動車を購入しない方が良い?どのタイミング、時期がお得?

元買取店店長のサトーです。

2019年10月に、消費税が10%にアップしますね。

 

いやー、消費者にとってはきっつい話ですよね。

だったら、

「消費税が上がる前に高い買い物はした方が良い」

そう思うのが普通の感覚だと思いますよ。

特に、やっぱ高価な買い物と言えば、

自動車ですよね。

 

前もそうだったんですが、

2014年4月には、消費税が5%から8%にアップしました。

その時もやっぱり自動車は、

駆け込み需要がすごくて、

2013年9月~2014年3月の7か月間は、

みんな新車や中古車を買ったんですよね。

 

昔の事を思い出してみると、

2013年の8月くらいに、

来年の4月に消費税を8%に上がる事がほぼ決定しました。

そういう報道が出るや否や、

翌月の9月から新車、中古車の販売台数が売れ始めます。

 

下記は、

当時の新車販売台数の前年対比の推移です。

・2013年9月

販売数522,760台 前年446,686台 前年対比17.0%増

・2013年10月

販売数421,670台 前年359,333台 前年対比17.3%増

・2013年11月

販売数457,370台 前年393,941台 前年対比16.1%増

・2013年12月

販売数423,210台 前年338,503台 前年対比25.0%増

・2014年1月

販売数496,105台 前年383,501台 前年対比29.4%増

・2014年2月

販売数565,170台 前年477,379台 前年対比18.4%増

・2014年3月

販売数783,389台 前年667,128台 前年対比17.4%増

 

この7か月間は、新車も中古車もとても売れました。

前年対比で16%~29%増加って、

そんなもんか。

と思う人もいるかもしれませんが、

自動車という高額商品がたった1%でも売り上げが伸びると、

デカいんです。

それが16%~29%増えてるとか、

業者から言わせてもらうと、

もうめっちゃすごい状況なんです。

 

当時をよく覚えていますが、

新車ディーラーで働いている友人なんかは、

もう毎日忙しくて、大変だったようですが、

会社としてはウハウハな状況でした。

 

まず、大して値引きをしなくても、

お客さんは買ってくれるんです。

そして会社の利益としてデカいのが、

下取り車もバンバン入荷してきます。

 

消費税増税なんていう、いわゆる大きな変化がある時って、

業者にとっては本当に儲けるチャンスでもあるんです。

とても重要なポイントとして、

消費者が焦っていて、

正常な感覚を失っているんです。

 

消費税増税の前に車を購入する事 = 正しい判断

この思い込みが問題なんです。

業者にとっては、まさにカモとも言えます。

 

冷静な判断を失っているお客さんは、

・値引きをあまりしなくても買ってくれるお客さん

・下取り車を安い金額で売ってくれるお客さん

こういった状況になります。

 

なので、当時の話を聞くと、

新車でも、下取り車でも、

めちゃめちゃ利益がでた という事です。

 

実際僕自身は新車ではなく、

中古車を売っていましたが、

まさに同じような状況でもありました。

中古車は良く売れるし、

下取り車も今まで以上に安く買えていました。

 

で、実際消費税が実際に8%に上がった、

2014年4月はどうなったのかと言うと、

やっぱり、かなり販売台数は減少しました。

そこで車を購入するお客さんが、

買おうかどうか迷っていたり、値引き交渉をしてきたりすると、

販売店は、いつもはあまり値引きしない車を、

大幅に値引きして販売するなんていう状況でした。

 

なので、自動車などの大きな買い物をする時は、

消費税の増税した後に買うのが良いですね。

という言う結論になります。

と言うのはウソです。

なったりしません!!

 

素人考えだと、

消費税増税前に車を買う = 正しい判断

と思うだろうし、

 

じゃあ、

消費税増税した後に思いっきり値引きして買う = 正しい判断

これも、僕からしてみれば、素人考えです。

 

なんでか?

2014年4月に消費税が8%に上がりましたが、

その前に駆け込みで自動車を買った人って、

消費税も安くなるだけでなく、

エコカー減税も目的で買ってたんです。

 

ハイブリッド車や電気自動車などに、

自動車取得税、自動車重量税が、

減免(免除されたり、安くなったり)してました。

それが、消費税増税の2014年4月のタイミングで無くなる予定だったんですよね。

だから、さらに駆け込み需要が多くなりました。

値引きはなかなかしてくれませんが、

税金は安く買えていました。

 

じゃあ逆に、消費税増税後の2014年4月以降に、

買ったお客さんは、

大幅に値引きはできました。

ただ、エコカー減税を受けられないから、

結局はプラスマイナスゼロ とも考えられます。

 

ただ、実際のところは、結局エコカー減税は

いまでも形を変えてずっと続いています。

結果論として、

大幅値引きしてもらった増税後に買った人の方が得をしたとも言えます。

やはり、国としては、

日本の一番の主力産業である自動車産業を守るに決まってます。

なので、消費税増税後に自動車の販売がガクンと落ちてしまっては、

自動車がいきなり全国的に売れなくなってしまうという、

大変な痛手になりますので、

エコカー減税はずっと続いてきたのだと思います。

 

今回の増税に関して言うと、

2019年10月に消費税が10%に上がりますが、

それ以降にエコカー減税の一部が廃止になったりする一方で、

環境性能割という自動車税に含める税金を安くするのか、

高くするのか、そういった議論がなされています。

 

ただ、結局のところ国として根本的に考えていることは、

経済産業省が公表している事を見てみると、

消費税引き上げによる需要標準化のための対策の検討

という議論をしているだけなんです。

要は、増税しても、市場は安定させたいから、

増税後は別の税金を少し下げて、プラスマイナスゼロくらいにはしますよ。

と言いたいのが本音なんです。

 

国としては税収が足りてないわけですから、

消費税を増税するわけです。

とにかく、国は、

税収が足りないんです。

(税金の無駄遣いをしてるのが根本的な問題だろ!とめちゃ腹は立ちますが、一応それは置いておきます。。)

とにかく国が足りないって言ってるんです。

 

で、消費税を増税すると国民から反感を食らう。

でも、他でプラスマイナスゼロで相殺するから、

いや、逆に国民が得をするような感じで対策するから許してね。

とも言いたいがのごとく、

じゃあその代わり自動車に関連する税金を下げるよ。

なんていう施策を議論している訳です。

 

でも、結果として消費税増税をするたびに、

国の税収って必ずアップしているんですよね。

国民に、安くなるように見せかけるというか、

うまく国民が損をしていない様に見せかけて、

結果税収自体はアップさせるのが日本の政治です。

(日本だけに限らないかもしれませんが、しかし、根本的には無駄遣いをなんとかしろ!!てめっちゃ思いますが・・)

そもそも無駄遣いよりも、

税収アップ それが目的なのは、

日本の現状なんですよね。

 

で、消費税増税 = 国の税収アップ

なので、どこかでしわ寄せが来ます。

 

自動車の購入で言うと、

消費税増税前と後では、

なんだかんだ、うまく相殺されてプラスマイナスゼロになるか、

うまく安くなったように見せかけるだけで、

結局は税金は増える という事になるのが目に見えています。

 

なので、消費税が増税になる前であろうと、

後であろうと、

ハッキリ言って、僕はどっちでも同じようなもんだと思います。

 

昔からそうですが、

コロコロと国民の世論を見ては税金の徴収方法を変えて、

結局は税収アップをし続ける、という事は変わっていません。

そのため、その予測できないコロコロが前提にあるとすれば、

増税後に自動車を買う方が得になるケースも

増税前に自動車を買う方が得になるケースも

両方ある と思います。

 

結局は、増税前、増税後、

一般消費者の税金の支払い総額は、

・ほぼ変わらないか

・少し高くなるか

・少し安くなるか

こんな感じです。

 

何が言いたいのかと言うと、

車の購入をする時に、

消費税アップが原因で、

損をするとか、得をするとか、

ハッキリ言ってまだ誰にも解らないし、

得をしてもちょっとだけ

損をしてもちょっとだけ

というのが答えだと思います。

 

そこで最も大切な事は、

増税前であろうと、増税後であろうとも、

以下の2点が自動車を購入するときに大切な事です。

 

買う車には、

・ しっかり値引き交渉をする事

売る車には、

・ 今乗ってる車を高く売る事

最も大切な事は、

とにかくこの二つだけをしっかり考えた方が良いです。

 

買う車に関しては、

安く買う事!

これをしっかり学ぶことが重要です。

別のページで一生懸命書いているので、

良かったら読んで下さい。

【元中古車店のプロが教える】車を安く買う方法の全知識 中古車も新車も安く買う方法

 

というか、一番大切な事として、

今乗ってる車があれば、

それを高く売る事が最も大切な事です。

 

確かに、消費税がアップしたら、

車を買う人は減るので販売店は何とかして売ろうとします。

そのため、

値引き交渉はしやすくなるかもしれませんが、

さっきも書いたように、

その他の税金が逆に高くなるケースも考えられますし、

というかそもそもの事として、

今乗ってる車を売るという視点に立った時、

一般的に中古車って、時間の経過とともに、

ほぼ確実に価値が下がります。

早く売るに越したことはありません。

 

結論から言うと、

車の購入なんか、いつでも良いです。

売却に関して言うと

今 が最善の売却時期です。

 

この記事で一番言いたかったことは、

素人考えだと損する、という事です。

つまり、

消費税の増税前、増税後、どっちが得かなんて、

車の購入時に関して言うと、

ハッキリ言ってプロでもわかりません!

 

逆に、そんなささいな事にとらわれていると、

めっちゃ重要な事である、

今乗っている車を高く売る事!

これがどれだけ大事な事なのか、

わからなくなってしまいますよ!

という事が言いたいです。

 

僕は、今でもほぼ趣味で車屋をやってるんですが、

つい先週でも、車の査定に来たお客さんが、

新車ディーラーに、110万円の下取りを提示されたそうです。

でも、実際の業者専用のオークションの相場を見ると、

170万円以上の金額が付いている車でした。

 

で、新車ディーラーには、

次に買う新車の値引き額を30万円してもらったという事です。

でも、

新車の値引きを30万円してもらったところで、

今乗っている車の本来の価値よりも、

60万円も安く下取りで持ってかれてしまうんですよ!

 

ちゃんと上手に売ったら、

160万円~170万円以上で売れる車です。。

もったいないったら・・

 

というわけで、とにかく大切な事は、

買う時は、

新車、中古車にしろなるべく安く買う事だけを考える事です!

よかったらさっき紹介した、

車を安く買う全知識の記事を読んでみてください。

 

そして、今乗っている車があるのであれば、

業者の限界価格で高く売りましょう。

結局は、みんな安く買いたい、安く仕入れたい、

それが商売なんですから。

 

ちなみに、車を売ろうと思った人って、

今はネットで、

こんなキーワードで検索する人が本当に多いです。

車買取会社 おすすめ

車買取(査定、売却、下取り) 口コミ

車買取(査定、売却、下取り) ランキング

車買取(査定、売却、下取り) 地域名

車買取(査定、売却、下取り) 相場

 

こういうキーワードで検索をかけると、

色々なおすすめランキングサイトや、

口コミサイトがずらずらーっと表示されます。

これ、僕から言わせると、問題だらけです。

安く、買い叩かれてしまう人が検索するキーワードです。

 

最高額で、車を売却するために、

プロならではの視点で一生懸命書いた記事があるので、

よかったら、車を売る予定がある人は、

こちらの記事を読んでみてください。

車買取店どこが一番高い?一番良いの?超危険な口コミやおすすめ買取会社口コミサイトの情報、口コミは信用してはいけない プロが教える車を高く売る買取査定

 

ではでは、

ちゃんと、良い車の購入、売却をしてくださいー!

元買取店店長サトー