元車買取店店長の、サトーです。

これも、とても良くある質問の一つです。

 

「故障した車は修理して売った方が良いのか? 修理しないで買取店に売った方が良いのか?」

という質問です。

 

結論です。

一切修理せずに、売って下さい。

安く売ってしまう事にならない様、しっかり理解しましょう。

 

 

なぜかと言いますと、

聞けば、当たり前の事なのですが。

例えば、価値が100万円の車があるとします。

その車の壊れている箇所の修理代が、

30万円だったと仮定します。

 

A君は、

この車を修理して、買取店に100万円で売りました。

つまり、30万円の修理代を払って、100万円で売ったので、

実質は、70万円の現金が、手元に入ったことになります。

実はこれ、とても損をしています。

 

B君は、

この車を修理しないで、そのまま買取店に売りました。

そうしたら、85万円で売れました。

 

B君は、A君よりも、

15万円高く売る事ができました。

どういうことかと言うと、

 

単純に、

修理代も、整備屋さんの利益が乗っている

という事です。

 

ただ、本当にもう価値が無いとわかっていて、

買取店や新車ディーラーでも、

「引き取り料を取る」とか、

「0円、値段が付かない」なんて言われた車は、

こちらの記事を読んでみてください。

廃車、廃車買取で検索する人が大損しているという話

 

続けて書きます。

一般的に新車ディーラーに修理を依頼すると、

基本すべての部品は、リビルド品(中古品)は使用せず、

新品と交換 となるため、

町の整備屋さんよりも、

修理代は高くなることがほとんどです。

 

買取店、ディーラー、中古車販売店、解体業者、

などなど色々な業者がありますが、

壊れた車をそのまま売却したとしても、

みんな、プロの業者なので、

自前で修理ができたり、

すっごい安く仕事をしてくれる整備屋さんとつながっていたりするので、

一般の方が30万かかる修理代を、

多くは半額以下で修理できます。

 

なので、通常30万円かかる修理代は、

業者にかかれば15万円で修理ができるという事です。

そのためB君の様に修理をせずにそのまま売れば、

85万円で、買取りしてもらう事が出来るんです。

なので、故障したり、板金が必要だったとしても、

修理は一切せず、そのまんま売りましょう。

 

ところがC君が、100万円で売った、

という事を聞きました。

 

まったく同じ、故障した車にも関らず、

C君は100万円で売りました。

これまた、どういう事かを説明します。

 

実は、日本で売却される中古車のかなりの割合が、

海外へ輸出されているんです。

買取店が買取した車の、約半数近くは、

外国行きの船にのっています。

 

海外に旅行に行った人なら知っている方は多いと思いますが、

特に途上国は、日本車だらけです。

先進国である国以外は、

自動車を生産する会社がありません。

車は基本的に、日本などの自動車生産国からの

輸入に頼る以外、無いんです。

さらに、世界中の中古車市場の中で、日本車が最強に人気があります。

なぜ、日本車が人気があるかと言うと、

 

①車検制度があり、しっかり点検、整備がされている。

新しい車にもこんなに厳しい検査があって、しっかり整備している国も珍しいです

 

②荒い運転をしない

海外行くと、本当に運転が荒くて、ぶったまげますよね

 

③ぶつけると、すぐに修理するから、キレイ!

海外では、まずは乗れれば良い、細かい傷なんて、ほぼ気にしないです

 

④10万キロが、クルマの限界だと思い込んでる。

海外行って走行メーター見て下さい、50万キロとか、当たり前です。あれ?まだ3万キロ? とか思っていたら、走行メーターが一周していたり・・、実際日本でもタクシーなんか、50万キロ余裕で超えてる車、たくさんありますよね。)

 

日本は、自動車生産国だから、麻痺しているのか、国策なのか解りませんが、

10万キロ = 廃車  という文化が根付いていますよね。

古くなると、自動車税や重量税も高くなるので、やはり国策として、どんどん新車を買ってもらう事で経済を循環させようとする意図もあります。

 

とんでもない話です。

まだまだ、あと何十万キロも、走るんですよ。

日本車は、壊れない事でも有名ですよね。だから外国では超人気があります。

いやいや、実は輸入車も、良いんです。

 

実は輸入車は、日本車よりも、もっと耐用年数を長く考慮して設計されています。

輸入車は壊れる というイメージは、主に電気系統がほとんどです。

最も大切なエンジンは、実はぴんぴんしてます。

車体もがっしりして、頑丈に作られています。

 

日本人にとって、ベンツやBMWは、本当にお金がかかります。

これは、部品代が高いからなんです。

 

発展途上国の人々にとっては、日本車も輸入車です。

とどのつまり、ベンツも、BMWも、トヨタも、日産も、ぜーんぶ輸入車なんです。

だから、クルマの部品代は、どれも高いんです。

 

でも、クルマは輸入に頼るしかない。

そこで最高に品質が良い中古車が豊富にある、日本車(日本人が乗っている輸入車も)で、

更に日本人は贅沢なので、中古車の価値がすごい勢いで下がります。

そこを、世界中のバイヤーが毎日目をくぎ付けにして、買い付けているんです。

世界中で、日本は実は中古車の価値が、とても安い国なんです。

 

そして、海外に輸出される車の中で、エンジン、オートマ、ミッション等の

車の心臓部にあたる機関だけを欲している場合が、多々あります。

実は、車体自体に価値なんて全く考えて無くて、部品だけを求めているバイヤーが

星の数ほどいます。

だから外装のキズなんて、べこべこでもどうでもよいし、

どっか壊れているとか、どうでも良いんです。

 

そういう海外需要のあるクルマが、日本には無数にある事を、一般の人は知りません。

 

話を戻します。

だから、C君は、修理を一切せずに、100万円で車を売ったんです。

つまり、その車はベコベコに凹んでいようが、窓ガラスが割れていようが、動かなかろうが、

エンジンのみ、生きていれば、価値が下がることが無い、そういう車だったという事です。

 

日本の中古車の約半数近くが、海外に輸出されています。

価値がゼロの車は、実は一台もないと思います。

鉄や部品としてでも、価値がありますし、価値がゼロとなってしまうのは、

そこに業者のマージンが必要だから、売る人(一般ユーザー)にとっては、

価値がゼロだったり、廃車料金を取られたりするためです。

 

高く売るために

 

ただ、こういうカラクリを知っていたとしても、実は高く売ることは結構難しいんです。

なぜなら、車を買う側の買取店、ディーラーなどなどは、

安く買いたい からです。

 

高価買取! どこよりも高く買う!

こういうキャッチフレーズ、TV、ラジオ、チラシ、看板、くさるほど目にしますよね。

当然、これは客寄せです。何とか商談に持ち込んで、安く買うための、エサである訳です。

 

あなたが買取店の経営者だとします。毎月の支払いにそらもう追われています。

ぼろっぼろの、超ポンコツ車の買取依頼が舞い込んできました。

実はその車は、100万円の価値がある車だという事を、あなたは、知っています。

お客さんは、こんなことを言っています。

「少しでも値段が付けば有難いんですけど・・」

 

あなたは、幾らで買いますか?

 

こういうクルマを、平然と1万円、2万円で買うのが、買取店の仕事だといっても過言ではありません。

1万円で買って、数日後すぐに業者オークションに出品して、外国人が喜んで100万円で買います。

そして、99万円の利益を得ます。

 

えげつない話ですが、こういう事が、日本中で毎日行われています。

ここ10年足らずで、車の買取専門店がとてつもない勢いで大きくなり、上場も果たしましたよね?

つまり、安く買って利益を出してきたから、会社が大きくなったんです。

大きな会社を維持するためには、常に利益が必要ですよね。

だから、買取店の営業マンのノルマは、安く買えただけ評価につながる仕組みになっています。

 

↓ 次ページで高く売る方法を解説していきます。

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

あとおまけです。

買い替えを考えている方であれば、

新車、中古車も安く買いたいですよね?

プロの視点で書いてますので、

よかったら下記を読んでみてください。

車を安く買う方法の全知識 中古車も新車も安く買う方法