元買取店店長のサトーです。

 

ヤフーやグーグル等の検索エンジンで、

廃車

廃車買取

などのキーワードで検索をかける人、

つまり、

「自分の車はもう廃車だ」

と、そう思い込んで、

大損している人がたくさんいるという事例を書こうと思います。

 

僕が買取店をやっていたころ、

新車ディーラーの下取りだったり、

1社目の買取店や中古車店の査定額なんかで、

 

「もう廃車なので無料で引き取りますよ。」

とか、

「値段がつかないですね、本来引き取り料を頂くところですが、無料なら良いですよ。」

とか、

「まあ気持ち程度なのですが、1万円だけでもお出ししますよ。」

とか、

「査定額0円ですね。」

なんて言われる人は多いと思います。

 

こういう人って、

実は数十万円、

たまに100万円ほど大損している人が、

けっこうたくさんいます。

 

僕が買取店店長だったころ、

こういった、「自分の車はもう廃車だろう」

と思い込んでいるお客さんによく会います。

正直、僕としては、

お客さんには申し訳ないけど、

完全なカモでした。

 

どういうことかと言うと、

1社目の査定って、

安い金額提示をされることが多いんです

 

でも、ふたを開けて見ると、

30万円、40万円する車だったり

中には、

100万円以上の値段がついている車だったり

そういう事があります。

 

一般の人では絶対に知る事ができない、

海外相場があるんです。

日本人が、ポンコツ車 と思い込んでいる車が、

すごい金額で売れている現状があるので、

本当の価値を知らない一般の人が、

そういった車を 廃車 だと思い込んで査定に来ます。

まさに、カモです。

 

で、僕のところに、2社目の査定会社として、

お客さんが来るんです。

 

その時に商談するとお客さんは、

「廃車だと言われて、でもせめてもうちょっと値段が付けば嬉しいなと思ってるんですよねー」

なんてことを言います。

(ちなみに、買取店としては、お客さんから他社査定を受けたのか、他社金額はいくらだったのか、という情報をうまーく聞き出す方法がたくさんあって、うまーくこういった言葉を引き出します。)

 

買取店である僕は、

その車の業者間取引の相場を調べます。

するとたまに、

な、なんと、100万円近い値段がすることがわかります。

 

そして僕はお客さんに、

「90万円で売ってください」

なんてことは、絶対に言いません。

 

なんて言うと思いますか?

いくらで提示すると思いますか?

 

ちょっと、自分が買取店の店長になったと思って

じっくり考えてみて下さい。

あなたなら、どの様に対応しますか?

いくらで金額提示をしますか?

 

現実の買取や下取りって、すごい厳しい世界です。

買取店店長であるあなたは、

毎日本社から、

利益を出せ!

数字を出せ!

と、

本社からものすごい圧力がかけられています。

 

ハッキリ言って、

その圧力は人の思考回路を崩壊させてしまうくらい

すごいものだったりします。

 

利益を出せ!数字を出せ!

とはつまり、

安く買えば買うほど良いという意味なワケです。

 

業者にとって、買取や下取りって、

つまりは 仕入れ なんですよね。

仕入れって、安ければ安いほどいいですよね?

っていうか、

この世の中で商売をしている人のすべては、

仕入れは、安ければ安いほど良いわけです。

 

買取店なんかだと、

営業マンの営業成績は、

すべて利益しか見ません。

 

買取台数なんか、どうでもよくて、

月に20台買取して、100万円の利益を出した人よりも、

月に5台買取して、300万円の利益を出した人の方が、

当然評価されます。

そして、年齢も人間性もあまり関係なく、

利益を出した人、

つまり、お客さんから安く買い叩いた人だけが、

どんどん評価され、どんどん出世していきます。

 

逆に、成績を出せなかった営業マンは、

めちゃめちゃ追い詰められるし、

本当、ゴミの様に扱われたりもします。

それくらい厳しいです。

 

多くの競合他社がいるので、

どこよりも先に買取成約をしないと、

すぐに他店に取られてしまうし、

たった1台の車を、

複数の業者で争うという避けがたい状況が

激しい競争を生み出してしまうというのが現状です。

 

こういった状況の中で、

買取店店長であるあなたは、

本当の相場が100万円する車に対して、

お客さんからうまーくこんな言葉を引き出せました。

「廃車だと言われて、でもせめてもうちょっと値段が付けば嬉しいなと思ってるんですよねー」

どうしますか?

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

極力安く、買取したいと思いませんか?

 

じゃあ極力安くって、いくらなのか?

これ、人によって答えは違うと思います。

僕の場合は、

本当は90万円くらい出してあげたい、

でも、自分は会社に追い詰められてるし、

なんとか営業成績を上げなきゃいけないし、

60万くらい提示が良いかな。

なんて思っていましたけど、

正直そういう人は、

会社からは必要とされません。

 

会社からは、

可能な限り安く買え!

1万円、

出しても5万円以内で買え!

ここまで安く買え!!

という指令がでたりします・・

 

僕は、こういった業界に嫌気がさして、

起業して、自分で買取店を作りました。

なんとか、少しでもお客さんの車を

高く買取したいと思ったんです。

でも、たった3年も持たずに倒産させてしまい、

結局大きな借金を抱えました。

 

そこで思ったことは、

やはり、利益を出さないと食べていけないという事。

あらゆる業者が生き残っているのは、

厳しい業界の中で、

努力をしているという事

つまり、安く買い叩く事

これが、必要なんだと思いました。

 

改めて考えてみると、

安く買い叩くとか、

ボッタクるとか、

悪い言葉ですよね。

 

でも、業者としては、

安く仕入れたいから、それをしているだけなんですよね。

色々な商売を見ていると、

一般の消費者がお客さんの場合は、

どうしても消費者保護 という観点が働いてしまい、

買取や下取りの仕事 = 悪

みたいな感じになりますが、

 

世界的な企業の、

グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなんか、車の買取店なんか余裕で超えるくらいに、めっちゃ利益率高いですし、

日本の代表的な商社だったり、自動車メーカーや、電機メーカーだって大きな利益を取るし、または携帯電話会社なんてボッタくりすぎですよね、当然大企業なんていうのは、大きな利益を取っているから大企業になっただけですよね。

 

まあどんな会社も、

ボッタクったり、安く買い叩いたりすることで、

会社の利益が大きくなるのは間違いありません。

 

何が言いたいのかと言うと、

車の買取下取りって言うのは、

他の会社と同じで、単に自然な企業活動なので、

お客さんから安く買い叩いたりすることは、

当たり前の事なんです。

 

なので、本当は100万円をする車であったとしても、

安く買うためにお客さんから色々と情報を聞き出して、

お客さんが他社に0円とか、廃車だとか言われたのがわかったら、

業者は堂々と、

めちゃめちゃ低い金額を言って仕入れようとします。

 

「1万円だけ、気持ち程度ですがお出しします」

とか、

「今日決めて頂けるなら、5万円お出しします」

とか、

「当社は〇〇国に直接輸出しており、欲しいお客さんが今まさにいるので、即決でしたら10万円お約束します。もし無理なら今回は諦めます」

とか、

もう何通りでも言い方はあるし、

ここでは書ききれないあらゆる方法で買取するすべを持っています。

 

買取や下取りの営業マンって、

1年間でだいたい1000人くらいのお客さんと商談します。

でも、お客さんは、

人生で数回程度の経験しかしません。

しかもお客さんは、

海外相場を一切知らないど素人なワケです。

 

そして業者側には、

あらゆるお客さんと過去にやり取りしてきたノウハウがあるので、

ほぼどんな状況でも買取成約するための営業ノウハウや

テクニックがあります。

実際買取店にいた時は、

あらゆるお客さん用の営業トークマニュアルがありました。

心理学を駆使したものもあって、

お客さんがすごい自信家の営業マンだったとしても、

そういう人向けの商談マニュアルまでありました。

というか、

自信家の営業マンの人は、普通の人よりも警戒心が強いので、

その警戒心を解いてあげると、一気に人を信用しちゃうので、

とても安く買取しやすかったです。

 

また、さっきからも少し書いていますが、

一番安く売ってしまいがちな要因と言うのは、

海外輸出相場を知らない事

これが大きいです。

 

実は、日本人が手放す中古車の3分の1は、

海外に輸出されています。

特に、古くて走行距離も多い中古車は、

ほとんどが海外に輸出されています。

 

そのままの状態で輸出される車もあれば、

部品としてバラバラにされて輸出される車もあります。

そういった輸出需要がある中古車は、

車によってはとんでもない金額で売れたりします。

 

日本の中古車って、世界では宝物なんです。

何でか?

日本人って、10年くらい古くなったり、

10万キロ以上走行距離が多くなったり、

そういった車を、

「もうそろそろ廃車だろうな」

「あまり価値が無いだろう」

と思い込んでいます。

 

でも、海外の多くの国では、

30年以上車を乗りますし、

100万キロ以上乗ります。

 

僕は、海外輸出をしていたんですが、

世界中を見回しても、

日本人ほど車に贅沢な価値観をもっている国民は見たことありません。

 

欧米諸国などの先進国に輸出したりもしましたが、

そういった先進諸国でも、

何十万キロ、何十年も車を乗ります。

なので、

世界中のバイヤーが日本のポンコツ車を欲しがっています。

 

中古車業界には、

業者だけが利用できる業者オークション会場

というのが、日本全国各地にあります。

TAA(トヨタオートオークション)

NAA(日産オートーオークション)

HAA(ホンダオートオークション)

などなど、たくさんあります。

最大手のオークション会場は、

USS(ユーエスエス)という会社なのですが、

まず、一般の人は知らないですよね?

でも、東証一部上場の大企業であり、

中古車業界の中心的存在で、

業者で知らない人は、まず一人もいないくらい有名です。

 

USSという名前を聞いたことが無いという時点で、

もう完全にど素人で、

安く売ってしまう可能性が高いとも言えますので、

本当、車を売る時は気をつけないとダメです。

 

業者オークションに行くとビックリしますが、

もう、外国人バイヤーがめっちゃいます。

食堂があって、会員は無料で食べれたりするのですが、

外国人向けメニューまでしっかり用意されています。

 

そして、日本にわざわざ来ないで、

今はネットで世界中から入札が出来るようになっていますので、

まさに世界中から、たった一台のポンコツ車を、

数十万円、数百万円まで入札して落札していきます。

 

そういう訳で一般の人が、

「あまり大した値段が付かないだろうな」

という思い込みを利用して、

買取や下取りでは業者が、

安く買い叩きやすい状況になっています。

 

1990年代の始めくらいまでは、

全国展開している大手と呼ばれる中古車業者って、

たった1つもありませんでしたが、

海外バイヤーが買い付けをしやすい状況になった

1990年代の中頃になると、

大手と呼ばれる中古車業者、主に買取店が、

どんどん出てきました。

(海外バイヤーが参加してきた理由として、主にインターネットによる業者オークション相場情報の共有と閲覧が世界中で可能になったことが革命的なきっかけでした)

 

大手になる、という事は、

単に安く買い叩いて利益が出たって言うだけです。

 

つい先日も、僕の嫁の友人が、

車を5万円で大手買取店に売ったとのことでした。

13年古くて、走行距離も14万キロのいわゆるポンコツです。

買取業者にうまい事言われて、

「まあ、そんな金額くらいだろ」

と思っていたそうですが、

僕が相場を見ると、

70万円~80万円の相場でした。

まさに、海外バイヤーが落札している車でした。

 

俺に相談してくれよ~

とも思いますが、

僕の直接の友人でさえも、けっこうボッタクられています。

みんな、

たかが車の売買、程度しか考えてないんですよね。

だからこそ、

素人が車を売るって言う事は危険がいっぱい

なんですよね。

 

ちなみに、ポンコツ車でも高く売れる的なことを

色々と書きましたが、

実際には、海外に輸出されているポンコツ車は、

3分の1くらいで、

100万とか値段が付くような車って、

ほんの一部です。

 

実際にすでに業者さんに、

0円とか、廃車とか言われている場合は、

多くが本当に価値がほぼ無い車です。

 

そこで、本当に価値がある車かどうかを見極めるポイントを書きます。

0円、廃車、値段がつかないとか、

複数の業者に言われた場合は、

もう本当にあまり価値が無い車ですね。

 

1社だけに言われた場合は、

価値がある場合は、けっこうがっついてたり、

値段交渉を少し迫ったりする場合は、

価値がある車である事が多いです。

逆に、

「まあ、タダで引き取るのでよかったらどうぞ」

「引き取り料も頂きますけど、それでもよかったらどうぞ」

的なぞんざいな対応だったら、

価値が無い車だと思います。

 

そういった車の場合は、

廃車買取サイトに依頼するのが良いです。

廃車買取だと、

税金などの還付をしっかりしてくれるからです。

自動車税、自動車重量税、自賠責保険、

この3つの還付金が受け取れます。

車によっては、値段をつけてくれたりもします。

 

一般的な買取業者や、ディーラーの下取り、

中古車店の下取り、なんかですと、

税金などの還付金を渡さないで、

0円というのは本当に0円になる事が多いです。

還付金を会社の利益にしてしまう事がほとんどです。

 

ハイシャルという廃車買取のサイトがありますが、

このサイト経由だと、

自動車税、自動車重量税、自賠責保険料の還付をしてくれますし、車によっては値段もつけてくれたりします。

もう価値が無いとわかっている車でしたら、

引き取り料も日本全国無料でしてくれるのでおすすめです。

 

逆に、10万円以上はぜったいに値段が付く!

なんていう自信がある車なのでしたら、

以外に海外需要があって、

それ以上の価値がある可能性もあります。

 

そういった車は、

できる限り高く売る方法で売りましょう。

でも、しつこいようですが、

どんな業者も、

可能な限り安く買おうとしています。

安く売ってしまう危険性が高いので、

上手に高く売らなければダメです。

でも、素人が車を売るのって本当に難しいんですよね。

 

そういった車を売る時に大切な事はただ一つ!

業者のぎりぎり限界の金額を提示してもらう事

それが重要だという事です。

じゃあどうすればよいのか?

次ページで説明していきます!

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

 

◆おすすめ記事

購入を検討中の方はこちら

新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?