元買取店店長のサトーです。

SUV、クロカン(クロスカントリー)の車は、高く売れる車です。

ただ、普通に売ると、

安く買い叩かれてしまいますので注意が必要です!

プロの視点から、高く売却する方法をお教えします。

 

SUV、クロカンの車と言ったら、色々ありますが、一般的なセダンやミニバンよりも高く売れる車です。

本来高く売れる車なのにもかかわらず、

買取や下取りで業者に売却するとなると、

あまり高い提示金額にならない事が多いので、SUV(クロカン)車を売却する時は注意が必要です。

安く売らない様に、代表的な車種の買取相場を見てみましょう!

 

 

SUV(クロカン)車の買取相場

◆相場について

相場は、実際の業者が利用する業者専用オークションの落札データを記載しています。

一般的な買取、下取りの査定金額と同様に、消費税、リサイクル料を含めた金額を記載しています。

 

 重要 注意点

落札相場 = 買取価格 ではありませんのでご注意ください。

オークションの落札金額は、あらゆる業者の買取価格、下取り価格の基準となる金額です。

ほぼすべての業者はこのオークション相場を基準にして、買取、下取り価格を算出していますが、まずこの金額で買取や下取りをすることはあり得ません。

 

この金額よりも、なるべく安く買うのが買取、下取りという仕事なので、実際に売却する時には以下の金額が最大値だと思って交渉材料にして頂ければと思います

基本、買取、下取りは安く買い叩いて、ボッタくりしてナンボ、という商売ですから。

私自身が買取店にいた時も、平気で100万円以上安く提示して買取する事なんて当たり前でした。

とにかく業者は安く買おうとしてきますので、本当に気をつけましょう。

記事の後半で、元買取店の立場で本当に高く売る方法を書きましたので、しっかり読んで高く売却しましょう!

 

ランドクルーザー(100系200系)の買取相場

平成28年式 ZX Gフロンティア 8,000キロ 白 状態良し  680万円

平成28年式 ZX 66,000キロ 白 状態良し 571万円

平成28年式 AX Gセレクション 44,000キロ 黒 状態良し 481万円

平成28年式 AX 13,000キロ 白 状態良し 391万円

平成28年式 GX 38,000キロ 白 状態良し 386万円

 

平成25年式 ZX 29,000キロ 白 状態まあまあ 380万円

平成25年式 ZX 130,000キロ 白 状態まあまあ 354万円

平成25年式 AX Gセレクション 30,000キロ 黒 状態まあまあ 350万円

平成25年式 AX 100,000キロ 銀 状態まあまあ 313万円

 

平成22年式 ZX 77,000キロ 白 状態まあまあ 307万円

平成22年式 ZXブラックレザーS 136,000キロ 白 状態まあまあ 279万円

平成22年式 ZX 71,000キロ 黒 状態まあまあ 307万円

平成22年式 AX Gセレクション 73,000キロ 黒 状態まあまあ 270万円

 

200系のランクルは、ZX、AX、GXという順番で相場が下がっていってますね。

以下、100系のランクルの相場を書きます。

 

平成19年式 シグナス 85,000キロ 白 状態そこまで良くない 事故修復歴あり 183万円

平成19年式 AX 89,000キロ 白 状態そこまで良くない 180万円

平成19年式 VXリミテッド 57,000キロ 状態そこまで良くない 171万円

 

平成16年式 シグナス 63,000キロ 白 状態まあまあ 168万円

平成16年式 VXリミテッド 108,000キロ 白 状態まあまあ 113万円

 

平成13年式 シグナス 237,000キロ 白 状態あまり良くない 90万円

平成13年式 VXリミテッド 161,000キロ 銀 状態あまり良くない 68万円

 

シグナスの方が相場が高い傾向があり、年式が10年、15年以上前になっていても、走行距離が多くても100万円以上の値段が付いていますね。

 

ランクルプラドの買取相場

平成28年式 TX Lパッケージ 17,000キロ 黒 状態良し  392万円

平成28年式 TZ-G 34,000キロ 白 状態良し 376万円

平成28年式 TX-Lパッケージ 51,000キロ 黒 状態良し 330万円

平成28年式 TX-Lパッケージ 95,000キロ 白 状態良し 310万円

 

平成25年式 TX 37,000キロ 白 状態まあまあ 290万円

平成25年式 TX 36,000キロ 黒 状態あまり良くない 235万円

平成25年式 TZ-G 188,000キロ 白 状態あまり良くない 228万円

 

平成22年式 TZ-G 38,000キロ 白 状態まあまあ 244万円

平成22年式 TZ-G 204,000キロ 白 状態あまり良くない 225万円

平成22年式 TX 39,000キロ 白 状態良い 213万円

平成22年式 TX Lパッケージ 147,000キロ 黒 状態良くない 175万円

 

TZ-G(4,000cc)のグレードは、走行距離がやたら多くても金額が落ちない傾向が強いですね。

TXもTZ-Gほどではないですが、一般的な車と比べると値段が落ちが非常に少ないです。

 

以下は、昔のモデルになるので、上のモデルに比べるとかなりガクンと相場はさがりますが、一般的な車と比べるともちろん値段の落ち幅は全然少ないです。

 

平成19年式 TXリミテッド(ディーゼル) 248,000キロ 黒 状態良くない 140万円

平成19年式 TXリミテッド(ガソリン) 46,000キロ 黒 状態良くない 108万円

平成19年式 TXリミテッド(ディーゼル) 242,000キロ 白 状態良くない 108万円

平成19年式 TXリミテッド(ガソリン) 101,000キロ 白 状態良くない 93万円

 

ディーゼル車は走行距離が多くなっても高値で売れている傾向があります。

普通この年式でこの走行距離であれば、廃車になるレベルですよね、でもガソリン車も十分高く、SUV車は高値で売れる傾向が高い事が読み取れます。

 

平成16年式 TX(ディーゼル) 161,000キロ 白 状態良くない 108万円

平成16年式 TX(ガソリン) 84,000キロ 白 状態まあまあ 89万円

 

平成13年式 TXリミテッド(ガソリン) 93,000キロ 銀 状態まあまあ 62万円

平成13年式 TZ(ディーゼル) 278,000キロ 銀 状態あまり良くない 60万円

 

ホンダヴェゼルの買取相場

平成28年式 ハイブリッドRS 25,000キロ 赤 状態良い 216万円

平成28年式 ハイブリッドRS 52,000キロ 青 状態まあまあ 194万円

平成28年式 ハイブリッドZ 61,000キロ 白 状態あまり良くない 167万円

 

平成25年式 ハイブリッドX 54,000キロ 黒 状態あまり良くない 152万円

平成25年式 ハイブリッドX 49,000キロ 白 状態あまり良くない 128万円

平成25年式 ハイブリッドZ 118,000キロ 紫 状態あまり良くない 110万円

 

スズキハスラー(軽自動車)の買取相場

平成28年式 Jスタイルターボ 34,000キロ 黒 状態良い 131万円

平成28年式 X 17,000キロ 黄 状態まあまあ 113万円

平成28年式 Gターボ 26,000キロ 赤 状態まあまあ 106万円

 

平成26年式 Xターボ 31,000キロ 赤 状態あまり良くない 111万円

平成26年式 G 44,000キロ オレンジ 状態あまり良くない 94万円

平成26年式 X 48,000キロ 白 状態良い 83万円

ハスラーは平成26年から発売されていますが、新しい車と古い車にはそこまで価格差は無い様です。もっと古くなっていっても、寝落ち幅は少ないと思います。

 

スズキジムニー(軽自動車)の買取相場

平成28年式 ランドベンチャー 21,000キロ 黒 状態良い 144万円

平成28年式 ランドベンチャー 49,000キロ 青 状態まあまあ 119万円

 

平成25年式 クロスアドベンチャー 17,000キロ 白 状態良い 124万円

平成25年式 クロスアドベンチャー 48,000キロ 青 状態良い 103万円

平成25年式 XC 112,000キロ 白 状態あまり良くない 事故修復歴あり 58万円

 

平成22年式 クロスアドベンチャー 41,000キロ 黒 状態まあまあ 94万円

平成22年式 クロスアドベンチャーXC 71,000キロ 白 状態まあまあ 81万円

平成22年式 クロスアドベンチャーXA 108,000キロ 黒 状態あまり良くない 41万円

 

平成19年式 ワイルドウィンド 20,000キロ 白 状態良い 88万円

平成19年式 ワイルドウィンド 28,000キロ 灰 状態あまり良くない 68万円

平成19年式 ワイルドウィンド 114,000キロ 白 状態あまり良くない 47万円

 

平成19年式 ワイルドウィンド 20,000キロ 白 状態良い 88万円

平成19年式 ワイルドウィンド 28,000キロ 灰 状態あまり良くない 68万円

平成19年式 ワイルドウィンド 114,000キロ 白 状態あまり良くない 47万円

 

平成16年式 ランドベンチャー 34,000キロ 緑 状態まあまあ 53万円

平成16年式 ランドベンチャー 89,000キロ 灰 状態あまり良くない 43万円

平成16年式 ワイルドウィンド 114,000キロ 白 状態あまり良くない 47万円

 

ジムニーは根強い人気があり、古い車でも状態が良ければかなり高額になります。

一般的な軽自動車だと、こんな値段は到底付きません。SUV(クロカン)車の相場が高い傾向は軽自動車にも見て取れますね。

 

ハリアーの買取相場

平成28年式 ハイブリッドプレミアムアドバンスド4WD 21,000キロ 白 状態良い 315万円

平成28年式 プレミアム 11,000キロ 白 状態良い 268万円

平成28年式 エレガンスG’s 23,000キロ 黒 状態まあまあ 260万円

平成28年式 エレガンス 16,000キロ 黒 状態まあまあ 228万円

 

3年ごとに書いていましたが、ハリアーの平成25年式はほとんど発売されていませんので、平成26年式の相場を記載します。

 

平成26年式 ハイブリッドプレミアムアドバンスド4WD 27,000キロ 黒 状態まあまあ 292万円

平成26年式 ハイブリッドプレミアムアドバンスド4WD 46,000キロ 黒 状態まあまあ 242万円

平成26年式 エレガンス 31,000キロ 白 状態良い 217万円

平成26年式 プレミアム 68,000キロ 黒 状態まあまあ 202万円

 

平成24年式 240G Lパッケージ 53,000キロ 灰 状態まあまあ 212万円

平成24年式 Lパッケージアルカンターラ 50,000キロ 黒 状態まあまあ 194万円

平成24年式 240G 92,000キロ 黒 状態良い 173万円

平成24年式 Lパッケージアルカンターラ4WD 176,000キロ 状態あまり良くない 169万円

 

ハリアーは、アフリカのケニアで人気があり、輸入規制がある新車から7年落ちの車の相場が高くなる傾向があります。

ケニアでは8年以上古い車の輸入は禁止されており、税金がもろもろ安いと言われる、ギリギリ輸入規制の年式である7年落ちの車が毎年高値になる傾向があります。

そのため、(2019年現在だと、2012年「平成24年式」)は高いですが、以下の年式になるとガクンと値段が落ちていく傾向があります。

ただ、一般的なセダンなどと比べてハリアーはもっと古い年式でも高く売れます。

 

平成21年式 ハイブリッドアルカンターラプライム4WD 139,000キロ 白 状態まあまあ 事故修復歴あり 92万円

平成21年式 Lパッケージリミテッド 151,000キロ 白 状態あまり良くない 63万円

平成21年式 240G 94,000キロ 白 状態良い 49万円

 

平成18年式 240G 4WD 42,000キロ 白 状態まあまあ 79万円

平成18年式 ハイブリッドプレミアムS 4WD 205,000キロ 白 状態あまり良くない 57万円

平成18年式 ハイブリッドベースグレード 155,000キロ 銀 状態あまり良くない 50万円

平成18年式 240Gアルカンターラ4WD 93,000キロ 白 状態良い 46万円

平成18年式 240G Lパッケージ 88,000キロ 金 状態良くない 40万円

平成18年式 240G Lパッケージ 192,000キロ 黒 状態あまり良くない 35万円

 

30系のハリアーは度の年式もこの様な感じの相場でした。

4WDの相場が高い傾向がありますね。

 

平成12年式 2.4FOUR G 4WD 89,000キロ 銀 状態良くない 樹子修復歴あり 25万円

平成14年式 iRバージョン 77,000キロ 白 状態あまり良くない 22万円

平成14年式 Gパッケージ 187,000キロ 白 状態あまり良くない 21万円

平成12年式 4WD 159,000キロ 白 状態あまり良くない 20万円

 

10系のハリアーも、年式が違っても同じような金額帯になります。

普通の車だと完全に廃車ですが、十分値段が残っています。

ただ、このくらい古くなると、一般的な買取店や、ディーラーの下取りでは、0円~5万円くらいしか提示してくれないでしょう。

20万円レベルで売るためには、業者の限界金額を提示してもらう必要があります。後ほど書いているのでしっかり読んで高く売りましょう!

 

 

高く売れるSUV(クロカン)車の車種

 

・ 日本車だと、

ランクル系全部、ハリアー、ジューク、パジェロ、

ハイラックスサーフ、ムラーノ、CVR、フォレスター、デュアリス、

エクストレイル、CX-3、CX-5、CX-8、C-HR、アウトランダー、

ヴェゼル、インプレッサXV、スバルXV、ヴァンガード、

エスクード、アルマーダ、レクサスNX、RX、GX、LX、

RAV4、FJクルーザー、チャレンジャー、RVR、などなど

 

軽自動車は、ジムニー、ハスラー、パジェロミニが代表的ですね。

 

・輸入車だと、

ポルシェ カイエン、フォルクスワーゲン トゥアレグ、

Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)、ジープ チェロキー、

ジープ ラングラー、エクスプローラー、ナビゲーター、

BMW X5,X6、メルセデスベンツ ML、ハマー、

ランドローバー、レンジローバー、FJクルーザー(米国トヨタ)

アウディ Q5、などなど、ありますが、

 

これらのSUV、クロカン車と言われる自動車は、

普通のセダンなどのファミリーカーと違って、

年式が新しいものや、走行距離が少なくて状態の良いものは当然ですが、

古くて、走行距離が多くて、傷が多い車でも、高い値段で売れるんです。

 

どうして高く売れるのかと言うと、

日本人以外の外国人バイヤーが購入するためです!

当然、需要と供給は、買いたい人が多いと、相場はどんどん上がっていきます。

車も、株式市場、為替相場と同じ原理です。

 

実は、中古車にも市場(いちば)が、存在します。

野菜や、魚などの食品と同じく、市場があるんです。

まったく聞いたことが無いかもしれませんが、大きな会社では以下の様な市場があります。

USS(東証一部上場企業)

TAA(トヨタオートーくション)

NAA(日産オートオークション)

 

まず、聞いた事無いかと思います。

市場、つまり業者専用の中古車オークション会場の事です。

日本全国には、上記以外にも沢山あります。

 

それぞれの会場は、大型のショッピングモールくらいデカいです。

そこでは、凄まじい台数の中古車がセリに掛けれらており、

1分間で何台もセリが行われています。

また、行ってみると最初はとてもビックリすると思いますが、外国人だらけです。

食堂もあり、メニューを見てみると、外国人メニューまでしっかりとあります。

また、インターネットで世界中からリアルタイムでセリにも参加ができます。

 

日本の中古車は、外国人から見ると、宝物なんです。

海外では、車を30年くらい、100万キロくらいまで乗ります。

日本人は、10年、10万キロくらいしか乗りませんよね?

そのくらいで、もう価値が無くなり、廃車だと思っている国民です。

え? それが普通だと思っていました??

いえいえ、

世界中で、そんな価値観を持っている国は、日本だけです(笑)

 

自分の国で、自動車を生産している国って、すごく少ないんです。

そういう国では、車は、輸入に頼るしかないんです。

そこで、

たった10年、たった10万キロ程度で車を手放す国を、見逃すはずがありません。

しかも、日本の中古車は状態がとても良いんです。

車検制度があり、定期的にメンテナンスしているし、

運転がとても紳士的(海外行くと、恐ろしく運転が荒いですよね)

傷や故障もすぐに保険で修理してしまう。

国土が狭く、電車も発達しており、走行距離が少ない。

などなど、とても状態の良い中古車がそろっている国が、日本なんです。

 

SUV、クロカン車両は、特に人気があります。

すぐに察しがつくと思いますが、

日本よりも舗装の状態が悪く、

面積が広大な海外では、一般的な乗用車よりも、

SUV、クロカン車両が圧倒的に人気があります。

東南アジア、アフリカ諸国、太平洋諸国、カリブ海諸国、

ヨーロッパ、ロシア、等に、年間100万台以上輸出されており、

エンジンなどの部品も、コンテナにギュウギュウに詰められて輸出されています。

 

オークション会場では、SUV、クロカン車両は人気が殺到し、

車によっては、物凄い勢いで値段が吊り上がっていきます。

驚くのは、

新しくて距離の少ない車両は当然なのですが、

古くて、走行距離も多く、外装や内装がボロい車だったり、

事故歴があったり、故障している状態でも、

どんどん値段が吊り上がっていきます。

 

日本人が、もうさすがにあまり値段が付かないだろう・・

15年前の車だし・・

20万キロ走ってるし・・

傷やへこみが大いし・・

異音がするし・・

壊れているし・・

そう思って、買取店や新車ディーラーに行きます。

 

新車ディーラーは、

「もし新車買って頂けるなら、10万円出します!!」

 

買取店は、

「ちょうど欲しいお客様を見つけたので、即決してもらえるなら10万円で買取します!!」

 

こんな事言われて、売ってしまうとします。

じつは、100万円以上の価値があった車だったりします。

こんなぼったくりは毎日普通に行われています。

 

高価買取!

どこよりも高く買う!

こんなの、客寄せのキャッチフレーズですからね。

 

本音は、

可能な限り、安く買いたい

そう思っています。

 

一般の人が、まさかSUVやクロカン車両が、

海外にバンバン売れている事なんて、まず知る由もありません。

そこで、実際の相場を知っているプロが、相場を知らない素人から、安く買う事で、これが利益を多く生んでいるんです。

 

商売なんですから、普通に考えてみると当たり前ですよね?

この世の中で、

安く仕入れて高く売るという商売の原則に反して存続している会社は、

一つとして存在しません。

 

大手買取店って、なんで大手になったと思いますか?

ここ10年くらいで、テレビCMやったり、株式上場したり、

すごい増えたと思いませんか?

つまり、儲かっているからです。

更に言うと、安く買取をしているからです。

 

買取店の営業マンの成績は、

買取台数ではありません。

利益です。

一か月でどの位利益を出したか、

つまり、どのくらい安く買い叩いてきたか、

これが成績になります。

 

1台で100万円の利益を出すことも珍しい事ではありません。

業界では1本抜きとか言ったりします。

社内では、ちょっとしたヒーローになれます。

 

とにかく、安く買う事が仕事なんです。

これが良いとか悪いとかでは無く、

当然商売なんですから、当たり前と言ったら当たり前です。

 

ただ、一般消費者が車を売却するとなると、

それでは困るわけです。

なるべく、高く売りたいですよね。

 

でも、プロの営業マンには到底素人では相手になりません。

相手はプロです。

年間に1000人くらい相手にします。

しかも、みんなお客さんは、高く売ろうとしたたかに思っています。

それでも、安く買うんです。

それがプロです。

何千人も相手にしていると、お客様はパターン化されます。

それぞれに応じた営業話法を用意しているんです。

そう言った営業話法もありますが、経験の多い営業マンは、

勘が磨かれており、そういう人に当たったら、安く買い叩かれてしまう確率は非常に高いです。

もしあなたが過去に、本当の相場を知らずに、

「いや、あの車は結構高く売れた、」

そう思っているならば、完全に営業マンの手のひらに乗っていたという証拠です。

 

お客様は、値段に納得しない限り、車は手放しません。

だって、実印を押印までするんですから、

「高く売れた」

そういう納得感をお客様へ持ってもらい

かつ、安く車を買取するんです。

それが、プロです。

外国人バイヤーが買う本当の相場を知らない人であれば、

正直プロと交渉すればするほど、不利になるでしょう。

 

最高額でSUV車、クロカン車を売る方法

 

じゃあ、どうやって高く売れば良いのか?

私が買取店の店長だった時に、限界の金額を出さざるを得ない売り方があります。

とにかく、大切な事はたった一つ

業者のぎりぎり限界の金額を提示してもらう事

それが重要だという事です。

最高額で、ラクに、かんたんに売る方法を

次ページで説明していきます!

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

 

◆おすすめ記事

購入を検討中の方はこちら

新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?