元買取店店長のサトーです。

・ 車検を取ってから車って売った方が、高く売れるんですか?

・ 車検を取らずに、そのまま売る方が良いんですか?

この質問、お客さんから本当によく聞きました。

 

と、いうよりも、

この質問をしている時点で、

かなりやばいです。

どういう事かと言うと、

ど素人丸出し

安く買い叩かれる予備軍

だという事です。

いきなり辛口で、すみません。

 

ただ、車を売るって本当に危険なんです。

あなたの車の適性価格、知っていますか?

知らないですよね?

 

つまり、無知な消費者から、

安~く買い叩くのが、

車を買取、下取りする業者の仕事なんです。

 

高価買取!

どこよりも高く買います!

高価買取ナンバーワン!

どこもかしこも、こう言ってます。

テレビ、ラジオ、雑誌、

インターネット、街の看板、

見かけますよね。

 

当たり前のことですが、

これは客寄せのキャッチフレーズです

 

本当は、安く買いたいんです。

買取や下取りって、

業者にとっては仕入れなんです。

 

世の中のすべてのビジネスに共通している点があります。

安く仕入れて高く売る事

この世のビジネスで、

この法則に反している会社はありません。

あった場合、

絶対に倒産しますし、

もし利益が無かったとしても、

別のところでしっかり利益を出している仕組みがあります。

 

車検があろうが無かろうが、

とにかく、安く買い叩く事が仕事です。

なので、

高く売る方法をしっかり知ることが大事です。

 

結論から言いますと

車検は取らずに、そのまま売って下さい。

 

ただ、大事なのはそこではないんです。

安く買い叩かれずに、

高く売る事をしっかり意識する事が大切です。

高く売る方法、

プロの視点でしっかりとお教えします。

 

その前に、

車検を取らずにそのまま売った方が良い

という理由を先に書きますね。

 

これも、考えてみれば当たり前なのですが、

車検には、

車検屋さんの利益がガッツリ含まれています。

法定費用+(諸経費+整備代「車検屋さんの収益」)

です。

 

なので、買取、下取り時に、

利益分は、査定に入りません。

なので、その分ガッツリマイナスになります。

 

整備をした時の交換部品も、

ほぼ査定にプラスになりません。

せいぜい、1万、2万程度です。

と、いうか大抵0円です。

 

整備、諸経費費用が10万

法定費用が7万

合計17万だった場合、

せいぜい、5万、6万くらいが、

査定でプラスになる金額です。

 

法定費用も、

1か月ごとに価値が下がりますので、

それを加味して、査定額からマイナスになります。

 

———————

※ 法定費用とは

・自動車重量税

・自賠責保険料

・検査印紙代

になります。

排気量や年式によって異なりますが、

とりあえず、2000ccくらいの車ですと、

ざっと6万~7万、といったところです。

———————

 

なので、車検取得後すぐに査定に出して、

車検代で17万払った!

そう主張したとしても、

査定額にプラスになるのは、

たった6万~7万です。

 

そのまま、売っちゃいましょう。

無意味です。

 

輸入車なんてなおさらです。

車検代に

30万、40万、50万かかります。

絶対に車検を取らずに、

そのまま売っちゃいましょう。

 

くどいようですが、

車を売る時に、

車検を取るか、取らないか

こんなことで悩まなくても大丈夫です。

 

一つだけ考えればいいことは、

高く売ること、これだけです。

 

車検を取るか、取らないか

これで相談してくるお客様は、

実は、

けっこう安く買う事ができるお客さんなので、

言葉は悪いですが。

正直カモでもありました。

 

こんな営業トークで、

けっこうコロリ、と即決してしまうんです。

もうすぐ車検を迎えるお客様なので、

「車検取ってしまうと、大損してしまいますよ、査定額にプラスされるのは、実際車検代の3分の1程度です、また海外バイヤーは車検切れの車を探すため、車を売る時は車検が切れそうなタイミングがベストなんです。お客様の車は、丁度●●国でとても人気がある車なので、今だったらだいたい●●万くらいは付けれると思います。」

こんなことを言われて、

実際他の業者の金額よりも、

その金額が高かった場合、売ってしまうんです。

 

もし、他の買取店や新車ディーラーの方が高かった場合

「あ、今海外の相場を確認しますので、ちょっと待っててください、さっきのはあくまで大体の予想をお伝えしただけで、本部に近々の海外相場を聞きますので」

こんなことを言って、

実は、お客様の他社提示額を聞き出しているんです。

 

買取する際の営業テクニックとして、

安い金額を先に言うんです。

そうすると、ポロリと、お客様の口から、

他社の金額が聞き出せるんです。

 

そこに、他社より少しだけ高い金額を提示し、

「即決なら●●万出します」

こう言って選択肢をお客様に与えずに

買取成約する、これが仕事なんです。

 

また、お客様の中には色々な方がいます。

・他社の査定を受けていない場合

・女性の場合

・主婦の場合

・交渉がうまそうな人の場合

・僕も営業マンだからとか自信家の人の場合

などなど、

あらゆるお客様がいますが、

 

ありとあらゆる状況に応じて、

巧みに営業トークを変えていきます。

これ以上は書けませんが、

これだけ確立されている業界なんです。

 

つまり、

安く買う為だけに力を入れているんです。

 

実際、どこの業者もそうですが、

営業マンの成績は、

買取台数ではなく、

利益だけが評価対象となります。

 

月間30台買取して

200万の利益を出した人よりも

 

月間10台買取して

300万の利益を出した人が、

評価されるんです。

 

1台で、100万円の利益が出ることもざらです。

 

なぜかというと、

日本人が手放す中古車の相当な数が、

実は海外に輸出されています。

新しい車~古い車まで

あらゆる車が、海外に輸出されています。

 

たった1週間で、

数万台が海外に輸出されているんです。

 

車は売ったあと、

殆どが業者オークションに出品されます。

 

業者オークションに行くと、

ビックリしますが、

外国人だらけで、食堂も外国人メニューがあります。

 

更に、インターネットを通じて、

世界中の外国人バイヤーが、

リアルタイムでバンバン車を買っています。

 

日本は、世界でもとても珍しい国で、

たった10年、15年くらい乗っただけで、

または、

たった10万キロ、20万キロくらい乗っただけで、

車を売る国民です。

実は、

世界では異常な習慣なんです。

 

海外では、

30年くらい使用するのはよくあります。

また、

100万キロくらいまで、

というか、壊れるまで乗ります。

 

エンジンが生きていれば、

壊れていない

そう考えるのが海外です。

 

なので、日本人が、

もうあまり値段つかないだろうな・・

そう思っていた車を、

業者は安~く買取するんです。

 

それで、買取をした数日後には、

業者オークションに出品します。

すると、

なんと100万円の利益がでる。

そんなことが、

毎日日本のどこかで行われています。

 

街を見渡すと、

日本中の飲食店は、1年、2年で、

様変わりするほど変わります。

でも、

車屋さんって、ずっと潰れる割合少ないですよね?

 

買取店だって、

非常に短期間で大手が何社も生まれて、

株式上場まで果たしています。

 

つまり、価格が不透明な業界だから、

利益が取りやすい、という事なんです。

 

売る時は、本当に気を付けてください。

毎日、日本のどこかで、

100万円損している人が居ます。

 

 

じゃあ、本当に高く売るにはどうすればよいのか?

僕が買取店時代に、

限界金額を出すしか買えなかった方法です。

 

要は、売却する時には、

業者のぎりぎり限界の金額を提示してもらう事

それが最も重要です!

どうすればよいのか?

次ページで説明していきます!

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

 

◆おすすめ記事

購入を検討中の方はこちら

新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?