元買取店の店長のサトーです。

 

自動車税が4月に課税されても、

まだ納付書が届いていない状態で車を売る時って、

自動車税の扱いってどうなるの?

 

4月1日になったら、問答無用で

自動車税を1年分払わなきゃいけないの?

 

あと、1月、2月、3月って、いっちばん買取店や、

販売店の繁忙期なんですが、

4月1日の自動車税の課税、これをまぬがれようと、

売り急ぐ人が、多いのなんのって。

 

これ、本当に、本当に、気を付けた方が良いですよ。

売り急ぐ人は、とてもとても、危険なんです。

焦ってる人は、はっきり言ってカモです。

安~く買い叩かれちゃいますよ。

 

◆4月、5月に売る場合の対応

◆1、2、3月に売り急ぐ人の危険性など、

◆カモにならずに、業者の限界価格で本当に高く車を売る方法を書きます。

 

 

自動車税の課税時期や納税時期は?

自動車税は、普通車も軽自動車も共通で、4月1日に1年分の税金が課税される人が決まります。これはみなさん、けっこう知っていますよね?

1年分とは、カレンダー通りの1月~12月ではなく、4月~翌年3月の12か月分が対象になります。

車検証の「使用者」に対して課税されます。「所有者」ではなく、「使用者」です。

(車検証の「使用者」を見ると、「***********」とこんな感じで書いてある場合は、「所有者」と同一人物です。という意味です)

そして、5月頃に納税証明書が届きますので、期日までに支払いをします。延滞した場合は、延滞税が少しづつ加算されていきます。実質2,3か月くらい遅れても延滞がかからない事が多いです。

ちなみに、普通車は自動車税、軽自動車の場合は軽自動車税と名前が異なります。

ここまでは、知っている方は多いのではないでしょうか?

 

まだ未納の状態の4月、5月に車を売る時の自動車税の扱いは?

4月、5月に車を売却する時って、自動車税を先に払った方が良いのか?というか、そもそも納税証明書が手元に無いので、売却時にどう対応したらよいのか、良くわかりませんよね?

こういった時期に車を売却する時の自動車税は、

① 売却した後、お客さんが通常通り払う

② 買取業者に代わりに支払ってもらう

大きく分けると、この2通りになります。

また、このどちらかになるか、またはそれ以外の方法になるかは、売却する業者さんによって違くて、売却時にどうなるのかを聞く必要があります。

けっこう自動車税の仕組みがややこしいので説明するのがとても難しいのですが、ネット上に詳細に書いてあるサイトは存在しないと思いますので、トライしてみます。

 

なぜ業者によって自動車税の扱いが異なるのか

これは買取や下取りをした業者が、お客さんから買取した車を、「次にどこにどういうやり方で販売をするか」によって自動車税がどうなるのかが決まります。買取した後、継続車検を取るのか、業販するのか、廃車にするのか、輸出するのかなどなど、によって扱いが異なるんです。

※ 買取、下取り、という言葉は同じ意味です(単に売るだけ=買取  次の車を買う店に今乗ってる車を売る=下取り)、あまり気にしないで、単に業者さんに売る事と思ってください。

 

業者が自動車税を代わりに払うケース

車検を受ける時の必須書類として、「自動車税納税証明書」が必要になります。

なので、買取業者がお客さんの車を買取する時に「この車は車検を取って次のお客さんに販売しよう」と思えば、納税証明書が必要になります。だから買取時にはお客さんから納税証明書を受け取る必要があります。

ただ、4月、5月だとまだお客さんの手元に納税証明書がありません。そういう時、買取業者としてはお客さんに自動車税を支払ってもらうのを待つ必要があります。でも、買取した後にお客さんは納付を延滞するかもしれないし、納付しない可能性だったありますし、しっかり払ってくれるかどうかなんて、解らないですよね?

そのためそういう場合は、業者がお客さんの代わりに支払います。その代わり買取金額から差し引きます。自動車税をお客さんの代わり納付する金額が4万円であれば、買取金額から4万円を差し引いた査定金額にします。

 

お客さんが自動車税を払うケース

または、お客さんから買取、下取りした車の車検がかなり長くて、翌年の4月以降までしっかり残っている場合は、業者が代わりに納税する事は無いです。というのも、車検時に納税証明書が必要になるのは当年度(4月~翌年3月)の車検時のみだからです。そういう場合、買取業者はお客さんが納税をしようがしまいが、まったく関係ないので、お客さんには、「通常通り納付書が送られてくるので払っておいてください」という対応を取ります。

ただその分、お客さんはほぼ1年車に乗らないのにもかかわらず、約1年分の自動車税を払わなければいけなくなります。なので、こういう場合買取業者は、残りの月数分の自動車税を車の買取価格に上乗せして買います。(4月に売却するのであれば、残りの11か月部分の自動車税を加算して買取金額を提示します)そのためお客さんは損をせずにすみます。

 

お客さんが自動車税の一部を払うケース

買取業者が、例えば4月に買取した車をすぐに抹消するケースでは、お客さんは1か月分の自動車税を払うだけになります。

抹消とは、ナンバープレートを外す事で、車検を取っちゃう事を言います。中古車屋さんの展示車両を見ると、多くの車がナンバープレートがついてないですよね?あれは 車検が付いていない車 = 税金がかからないただの展示物 という車です。ずっと在庫が売れなくてもナンバープレートが付いている車検がある状態だと、自動車税が課税されてしまうため、中古車屋さんで展示する多くの車両は、抹消をします。

抹消する理由としては、これ以外にも輸出するために抹消したり、業販するために抹消したり、廃車にするために抹消したりします。

なので、買取業者が買取した車をすぐに抹消する予定であれば、お客さんには下記のように説明する事が多いです。

「すぐに抹消してしまうので、自動車税は4月分だけ請求が来ますから、それを払ってもらえればOKですよ」

この場合、1か月分(4月分だけに)減額された納付書が都道府県税事務所から送られてきますので、それだけ払えばOKです。

ほとんどの場合、1年分の納付書が先に送られてきますが、それは捨ててしまって、後から減額された分を払えばOKです。もちろん5月に抹消された場合は、4月、5月の2か月分の納付書が届きます。

また、すでに年額を払ってしまった場合は、後から還付金を受け取るハガキが都道府県税事務所送られてきますので、そのハガキを持って銀行や郵便局に行けば現金で払いすぎの納税分の還付金が受け取れます。

 

まとめ

上で書いたのが代表例ですが、実際はもう少し細かい自動車税の扱いもあり、かなり複雑になります。

また、車を売却する時に提示される買取金額というのは、車両本体価格と自動車税とは別に、消費税、重量税、自賠責保険、リサイクル料もあり、一回きりしかお客さんと対峙しない買取商談の場合に、こういった事すべてを説明しても理解してもらえないし、お客さんは余計に頭がこんがらがってしまいます。

 

そのため、一般的に車を買取する時には、自動車税などのこういった細かい金額はぜんぶひっくるめて、買取金額に含めて提示をします(どの業者の契約書にもそれが記載されています)。今回は消費税、重量税、自賠責保険、リサイクル料は無視して考えてください(実際それを知らないからと言って損をすることは無いので安心して下さい)。

 

なので、実際車を売却するシーンでは、買取業者が「自動車税還付委任状(または委任状)」という書類を用意しています。この書類は自動車税を業者にぜんぶあげますよ。という書類です。お客さんに還付金などの細かい説明をするのが面倒なのと、業者サイドとしても、買取した車を、車検を取るのか抹消するのかは多くの場合未定(まさに買取する時点や、買ったばかりやでその車の売り先をどうするかなんてまだ解らない)なので、とりあえず全部ひっくるめた金額で買います。その代わり税金がもし還付されるような事があった際は、それはちょうだいね。という書類です。

そして、抹消すれば還付金を業者が受け取ります。(買取金額としてお客さんに税金分も渡しているため)

 

しかしながら、まだ自動車税を納税していない4月、5月に売却をする時は、

この還付委任状をもらっても、まだお客さんが自動車税自体を払っていないわけですし、将来確実に払ってくれるかどうかも分からないため、4月、5月だけは買取業者もお客さんとの対応がケースバイケースになるんです。

 

理解できました?汗

ちょっと、ここまで説明をしてもスッキリされていない方も多いと思いますが、

整理をします!

・4月、5月に売却する場合は、自動車税の扱いはどうなるのか、しっかり買取業者に聞く事!

・年額をお客さんが支払う場合はその分を買取金額に加算してくれていれば良し!

・4月分または4,5月分のみを支払えば良いのであればそれで良し。後は納付書が来たら払えば良し!

・業者が代わりに払う場合は買取金額から差し引かれる事を理解していれば良し!

です。

解りました?

一生懸命説明していますが、理解が及ばなかったら申し訳ないです。

 

というかこんな事よりずっと大事な事!

高く売る事です。

結局、買取業者が限界の提示をすれば、その金額には(車両本体、消費税、自動車税、重量税、自賠責保険料、リサイクル料)こういったものが全部含められているからです。

業者は、ぜんぶこういった細かい金額も頭に入れて買取金額を提示していますので、限界の金額を出してもらいさえすれば、それで万事OKなんです。

4月、5月に売る時のケースを書きましたが、これも業者がギリギリの値段をだしてくれれば、税金分なども計算して提示してくれますので、もう考える必要は無いです。

せっかく読んで頂いたのに申し訳ないです。すべて忘れて良いです!高く売る事だけ考えて下さい。

 

次に、軽自動車税について書きます

仕組はシンプルです!

軽自動車を売る時の自動車税の扱い

軽自動車の場合も、4月1日になった時点で、課税対象になった人に支払い義務が発生するのは、普通自動車と同じです。

営業用ではなく、一般の自家用の場合は、年間10,800円(4月~翌年3月の12か月分)が税額になります。家庭で普通に乗っている軽自動車はこの金額になります。

※ 参考 総務省 軽自動車税料金表

軽自動車税に関しては、残念ながら、1年の内の途中で売却したとしても還付金や、月割りに分割してくれるなどは一切なく、問答無用で1年分を支払う必要があります。

ただ、これも納税証明書が届いていない4月、5月に車を売却する時って、どう対応すればよいのかわからないですよね?

4月、5月に軽自動車税がまだ未納の状態で売却する時

これも、売却する業者によって対応が異なります。

同じく2通りのやり方があります。

① 納付書が来たら普通に支払う

② 業者に代わりに払ってもらう

です。

これも上で書いたように、売却後に業者がその車をどう扱うのか、という事がポイントになります。

要は、自分が払うか、業者が払うか、売却する業者によって違うんだな、という事だけ覚えておけばOKです。

でも軽自動車の場合は、年額を一気に払った後は、還付金もなにも無いので、

結局は4月1日の課税された人が払わなきゃだめなんです。

① 納付書が来たら普通に支払う

買取業者に「納付書が来たら払っておいてください」って言われたら払うだけです。買取金額には含まれてますので、払っておしまい、です。

② 業者に代わりに払ってもらう

「業者が代わりに払う」という場合でも、買取金額は、業者が税金を払う分、買取金額からその分を差し引いて買取されます。だから、払ったのは実質お客さんです。単に、本当にお客さんが納税してくれるかどうか解らないから、業者が「払っておくよ」と言ってるだけです。

 

軽自動車税のまとめ

・4月1日の「使用者」に課税される

・まだ払ってない4月、5月の状況では、通常通り自分で納税したり、業者が代わりに納税したりする

・通常通り自分で納付する場合は、買取金額には買取金額に含まれる。業者に代わりに払ってもらうう場合は税金分を差し引かれた買取金額の提示になる。なので、結局は自分が全額払う事になる。

とりえあず売却する時には、買取業者さんによって対応が異なりますので、軽自動車税は自分で払うのか? 代わりに払ってくれるのか? を聞いてください。

面倒なので説明しない営業マンも多いです。こちら側としてどう対応すれば良いかは気になるところなので、商談時に聞けばOKです。

 

車を最高額で高く売るには?

とにかく買取や下取りは、

業者が限界の金額提示をせざるを得ない状況になれば、

税金なども加味された上での金額を提示してくれますので、

大切な事は、高く売る方法を知る事です。

次ページで説明していきます。

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

1月、2月、3月に車を焦って売る必要はない?

1月、2月、3月は、もう車屋さん、買取屋さんにとって、

カツオの一本釣り状態です。

売る人や、買い替えを検討される方がとても多いので、

すっごい稼ぎ時なんですよね。

 

お客さんは自動車税が4月に課税されない様にと焦ってるから、買取も販売も即決しやすいんです。なので、成約率も利益率も高くてとてもいい時期なんです。

 

でも、お客さんは本当はもっと高く売れたでしょうし、

本当はもっと安く買えたのに・・

かなりボッタクられたり・・

安く買い叩かれた可能性が高いな・・

と、プロだから思うワケです。

 

でも、先ほども書いたように、

1年分の自動車税は損しません

ちゃんと、月割りになります。

 

それは、税金分も買取金額に含まれるケースだったり、

払い過ぎの期間分が還付されるケースだったり、

買取金額には税韻文は含まれないが、代わりに払ってもらうケースだったり、

結局は、何月に売ったとしても、

残りの自動車税分は、含めた金額で買取、下取りします。

 

ただそれを気にしなくていいのは、

業者に買取金額ギリギリを提示してもらった場合のみです。

 

実は、車の買取や下取りの契約時に、

本来戻ってくるはずの自動車税の月割り料金を、

業者さんに取られてしまうという事が多くあります。

 

さっきも書いた通り業者は、買取や下取りしたあと、

その車を抹消するか、ナンバーそのまま(車検を残したまま)

にするかは、

契約した後に考えます。

どっちが利益が大きいか。

を考えるんです。

 

そこで、買取や下取りをするときって、

次にその車を抹消するか、車検をそのままにするかは、

まだわからないので。

自動車税を含めた金額で買取するんです。

 

・抹消してしまったら、

お客さんに自動車税の残額が戻ってしまう。

 

・ナンバー(車検)をそのままにしたら、

自動車税はお客さんにもどらない。

 

業者は自動車税を含めた金額で買取、下取りしたのに、

その車の販売方法によって、

自動車税の残額が戻ったり、戻らなかったりしてしまうんです。

 

そこで登場するのが、

これも先ほど登場しました、

自動車税還付委任状

という書類が登場します。

 

自動車税の残りの還付を放棄しますよー

業者さんにあげますよー

という書類です。

 

買取や下取りをするときに、

たいていのお客さんは、

この書類にハンコを押すことになります。

 

本当に、他の譲渡証明書や、委任状と一緒に、

さらーっと書類の説明した後に、何気ない感じで、

この還付委任状に実印を押してもらいます。

 

この書類は、残りの自動車税の還付金を、

あなたにあげますよ。

という書類です。

 

お客さんに説明すると

チンプンカンプンになる書類なので、

さらーっと説明して、

とりあえずハンコを押してもらう事がほとんどです。

 

僕自身、今までのお客さんで、

この書類にハンコを押してもらう事で、

何かつっこまれたことって、ほぼゼロです。

うやむやにして、

実は自動車税の残りをちゃっかり頂いています。

 

業者は、この還付委任状にハンコを押してもらえると、

どんな売り方をしたとしても、

お客さんに自動車税の残りを返す必要が無いんです。

 

そもそも自動車税還付委任状をもらう背景としては、

業者が、次に売る方法が、

抹消するのか、車検そのままにして売るのか、

それは買取や下取りをした後にしかわからない。

そういう事情があって存在する書類なんですが、

 

実際のところは、

お客さんの無知を利用して、

還付金も頂いちゃおう

これが実際のところです。

 

ここまで説明しても、

なんかよくわからなかった・・

という方もいらっしゃるでしょうが、

 

とにかく、買取店や新車ディーラー、

中古車販売店、もろもろ、

いわゆるどんな業者だって、

安く買いたいんです。

 

もうそりゃあ、

安く買い叩きまくりたい

そう思っています。

 

買取や下取りって、「仕入れ」なんですから。

この世のどこに、

高く仕入れをしたい!

そんなことを思っている会社が存在しますでしょうか?

 

元々買取店に勤務していましたが、

会社は、利益しか見ていません。

現場の営業マンは、

利益を得るために、めちゃめちゃ追い詰められています。

 

利益を出せない営業マンは、

ハッキリ言って、ゴミです。

精神を病んで辞めていく人もたくさんいます。

それだけ競争が激しい業界です。

 

利益を出す営業マンって、

単純に = 安く買いまくってるだけ

です。

 

お客さんに冷酷というか、

こういう会社に忠実な社員は、

若くてもどんどん出世していきます。

これが現状です。

これは、良いとか悪いとか言ってるのではなく、

車買取、下取りって、

結局は安く仕入れなければ、

会社が生きていけないから、そうなってるだけなんです。

 

とにかく、車の買取や下取りって、

安く買ってなんぼなんですよね。

 

だから、

1月、2月、3月で売ることが危ないと言いたいのではなく、

焦って売ること

これがとても危ない

 

また、

4月、5月でまだ未納な状態で車を売る人は、

税金の仕組みが良くわからな過ぎて、

その曖昧さから売ってしまったりします。

 

例えば僕が買取店だった時によく使っていた営業トークとして、

良い金額帯の交渉になってきて、お客さんが決めかねている状況を察したら、

「じゃあ、もし●●円で即決して頂けるなら、自動車税は当社で持ちますよ、もしこれでダメなら諦めます!」

なんて言うと、

最後の一押し、背中をぽんっと叩かれたように、

契約する方が多いんですよね。

でも実際は、もっともっと高く買えます。

 

結局は、車って、

時間の経過とともに値段は下がっていくのが

ほとんどです。だって機械ですから。

早ければ早いほど、高く売れるのが通常です。

 

でも、焦って売ると、

熟練の営業マンが、

うまーく営業トークを使うので、

安く買い叩かれちゃいますよ!

と、それが今回言いたかったことです。

 

大切なのは、

高く売る事を考えるだけです。

 

高く売るとは、

業者の限界金額を出してもらう事です。

 

それができれば、

自動車税なんか、何月に売っても、

残りの還付金を加味した金額で買取してくれます。

焦って、自動車税の支払いなんか気にしなくてOKです。

 

とにかく、何月でも良いので、

売りたいときに、高く売る方法を知ることが重要です。

 

ただ、車の相場は下が続けますので、

早く売れば売る査定額が高いのは言うまでもありません。

なので、

「もう売っても良いかな」

そう思っている人は、

すぐに売っても良いと思いますよ。

 

ただ!

どんな業者も、

安く買う事に命をかけています!

なので、高く売る方法を知りましょう。

 

とにかく、

一番大切な事は、

業者のぎりぎり限界の金額を提示してもらう事

それが重要だという事です。

それができていれば、

税金もぜーんぶ査定金額に含めた金額で提示してくれますので。

じゃあどうすればよいのか?

次ページで説明していきます!

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

 

◆おすすめ記事

購入を検討中の方はこちら

新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?