車買取査定 車を高く売るホンモノの方法を教えます

元買取店の店長が、本物の情報とは何か、をお教えします。

まずクイズをいくつか出します。

 

あなたの車、どこに売ったら、一番高く売れると思いますか?

① 中古車買い取り専門店さん

② 新車ディーラーさん

③ 中古車販売店さん

④ 個人売買

さあ、どれでしょうか?

 

答えは、

 

ごめんなさい、全部ハズレです。

質問を変えますね。

 

あなたの車を高く買えるポテンシャルがあるのは、上のうち、どこだと思いますか?

 

答えは、

 

④の、個人売買です。

これは簡単に解った方、多いと思います。 え? 解らなかった? ちょっと自信なかった?

そういう方、特に、本当にしっかり読んでください。

一生にかかる車のお金って相当です。大損してしまいますよ。

では、次のクイズです。

 

あなたの車を、一番高く買える業者さんは、次のうち、どれだと思いますか?

① 大手買取専門店さん

② 中小の、買取専門店さん

③ 中古車販売店さん

④ 新車ディーラーさん

⑤ 中古車輸出業さん

⑥ 車の解体業者さん

 

答えは、

 

どこも、正解であり、不正解でもあります。

また、次のクイズに行きます。

 

あなたの車がフェラーリだったとします。どこの業者が一番高く買ってくれると思いますか?

① 大手買取専門店さん

② 中小、買取専門店さん

③ 中古車販売店さん

④ 新車ディーラーさん

⑤ 中古車輸出業者さん

⑥ 車の解体業者さん

⑦ フェラーリ専門店さん

 

答えは、

 

フェラーリ専門店さん、 だと思いました?

半分正解ですが、

残念 ハズレ です。

 

ではこのフェラーリを、高く買えるポテンシャルがあるのは、次のどれだと思いますか?

① フェラーリ専門店さん

② 中古車輸出業者さん

③ 新車ディーラーさん

④ 大手買取天文店さん

⑤ 個人売買

 

答えは、

 

フェラーリ専門店さん、ではなくて、

⑤ の、個人売買です。

 

クイズに答えて頂いたのは、これからお話します本題を理解しやすい様に、準備運動として出題しました。

 

車の流通って、以下の様になっています。

◆——–車の流通———————-

消費者(売る人)      100万で売る

↓                 

業者(買取店、ディーラー、中古車店、輸出業者、解体業者などなど)

業者オークション会場      120万で落札

↓                                        

中古車店

消費者(買う人)      150万で買う

——————————————

 

車の流通を見ると、明らかになりますが、

一番高く買えるのは、消費者だという事がわかります。

つまり、個人売買が最も車を高く売る方法という事が、当然言えるわけです。

ただ、車って書類や税金が良く解りませんし、機械なので売る方も買う方も、

個人売買ってとてもじゃないけど、できないですよね。

なので、中古車販売店が、中間に入っている訳です。

 

そこで、どこの業者さんに売ったら高く売れるのか?というクイズで、

答えは、どこも正解であり、ハズレ、という回答がありました。

これはどういう事かというと、

※ 業者オークション という存在があることが理由になります。

実は中古車業界は、この業者オークションが中心になっています。

いわゆる、魚や野菜と同じように、市場(いちば)の事です。

USSっていう会社、聞いたことありますか? ほぼ無いですよね?

ここは、業者オークション事業の最大手で、東証一部上場している大企業で、業者で知らない人はまず存在しません。

その他には、トヨタオートオークション、日産オートオークション、ホンダオートオークション等、様々な会場が日本各地にあります。

買取店、中古車販売店、ディーラー、輸出業者、解体業者、ほぼすべての業者は、こういった業者オークションへ

出品、落札、をしています。

 

ここの業者オークションで、車の相場、が形成されます。

車種、年式、走行距離、車の状態で、落札金額が形成され、

同じ様な状態の車はほぼ金額に差が無いくらいに落札相場が形成されます。

例えば100万円前後の車は、98万~102万くらいの間で落札されます。

 

その為、相場が100万円くらいの車があるとしたら、

車屋さんは、いつでも100万円くらいでその状態の車が買えるんです。

なので、一般の方から車を買取する場合、これ以上の金額提示をする意味が無いんです。

これより、安く買うのが、車屋さんの仕事です。

 

こういう理由で、実は車の価格は、相場が形成されているので、極力安く買えれば良いわけで、

買取店でも、中古車販売店でも、輸出業者でも、フェラーリ屋さんでも、

その車の相場が100万円なら、それ以上の金額提示は、無意味なんです。

これが、どこも正解であり、ハズレ、という意味です。

 

もしあなたが買取店の経営者だったとします。

100万円の相場があると解っている車があるとします。

お店に、お客様がやってきました。なんとお客さんは、50万円くらい値段が付けば・・

こんな事を言っています。

買取店の経営者であるあなたは、毎月家賃、人件費、光熱費、広告宣伝費、自分の給与、

数百万円が黙っていても出ていくんです。

いくらで、金額を提示しますか?

50万円で買取して、来週の業者オークションに出品すれば、100万円で売れると解っている車です。

安く、買いたいですよね。でないと、会社は倒産し、従業員の給与も払えず、家族は路頭に迷います。

あたりまえですが、

「安く買って、高く売る」

どんな会社だって、これが大原則です。

そして、極力安く買いたいと思っています。

 

どこの業者に売れば、自分の車は高く売れますか?

こういう質問が世に溢れていますが、根本的に、この質問は間違っているという事です。

どこだって相場以上は金額出せないし、相場を知らない一般の方からは、極力安く買うからです。

 

どこの業者も、買取した車はほとんどの場合、すぐに業者オークションに転売をします。

お店で売る事もありますが、車は高価な品物なので、店頭に並んでずっと売れない事の方が多いので、

利益を確定できるのであれば、すぐに業者オークションに転売して、現金化します。

買取店って、お店狭いですよね、すぐにオークションに売ってるんです。

何十台、何百台も在庫を抱えていられないですし、置き場所代もかかります、なので、すぐにオークションに出品します。

 

在庫を多く抱えている中古車屋さんや、中古車展示している新車ディーラーさんも同じです。

基本店頭に並んでいる在庫は、その地場に適した過去の売れ筋傾向から、在庫を厳選して並べています。

車種、距離、グレード、状態など、相当ドンピシャな車ではないと、怖くて店頭に並べられません。

なので、オークションに転売します。

そして業者オークションでは、中古車販売店、輸出業者、などなど、

自分が得意な車種を、そこで落札するという訳です。

 

重要なのは、今自分が売ろうと思っている車を高く買えるポテンシャルのある会社に、

高く買い取ってもらう、という事です。

 

高く買えるポテンシャルとは、つまりフェラーリを売るんでしたら、フェラーリ屋さん

輸出向きの車だったら、輸出業者さん

ファミリーカーだったら、街の中古車販売店さん

 

買取店が、相場100万の車を、買う時、高くても90万くらいの提示になります。

利益が出ないですし、オークションの出品料、落札料、輸送代などもかかるので、

オークションへ転売するとなると、どうしても100万は出せません。

ただ、ポテンシャルのある会社だと、100万円は、無理をすれば出せるわけです。

最近大手買取店は、ネットで欲しいお客さんを集めて、売りたいお客さんとマッチングさせる試みが上手く行ってますので、

そういう場合は、100万出せるポテンシャルがあります。

 

ただ、思い出して頂きたいのですが、仮に100万出せる会社や、マッチングが成功したとしても、

いつでもオークションで100万で買えるわけです。

なので、極力安く買いたいに決まっていますよね。

なので、買取店にお願いしても、どこにお願いしても、それは同じなので高くても90万くらいしか出しません。

できれば、もっともっと安く買いたいですし、極端な事を言うと、タダで欲しいわけです。

だれも、最初から100万提示して買おうなんて、思わないですよね。

 

え?こんな車がこんな値段で売れるの?

更に、実は日本人が手放す中古車って、100万台以上が、外国に輸出されているんです。

古い車~新しい車まで、それはもう様々です。

業者オークションに行くと、世界中から外国人バイヤーだらけで非常に驚くと思います。

部品として輸出される車もあるので、それを含めると、年間200万台ほどが輸出されていると思います。

3台に1台は、輸出されているといっても良いと思います。

 

海外では、50万キロ、100万キロくらいまで走行します。

その為、日本人が、10年古いし、10万キロ走ったし、もう廃車かな、

そう思っている車が、100万円以上の値段で取引されている事は、沢山あります。

これが、車を買取、下取りする時に最も儲かる事の一つです。

まさか、という値段が付いたりしています。

 

古くても、距離多くても、驚くほどの値段が付いたりするのは日常茶飯事

新車以上の値段が付く車もあります。

え?新車以上??

 

はい、海外には国ごとに中古車輸入規制があり、製造〇〇年~〇〇年までとか、

〇〇年式だけ輸入がオーケーとか、色々とこういった規制の為、

あり得ない・・ という金額で売れる車があったりします。

その規制はコロコロ変わるので、ほぼ誰も読めないのが現状ですが。

 

とにかくいつも値段が高い輸出向きの車があったりしますので、

そういう車は、一般の消費者が思っているよりも高い金額が付く為、

買取、下取りをする業者にとっては、非常に安く買えるチャンスなのだという事です。

近年買取店って、短期間でとても大きくなりましたよね。

これは、インターネットの普及で相場が一目でわかるようになったことと、

外国人バイヤーがそれを利用する事で、海外からも入札、落札ができる様になったことに起因していると思います。

 

自分の車を、じゃあどこに、どうやって売ればよいのか?

輸出屋さん、フェラーリ屋さん等の専門店さん、大手買取店さん、街の車屋さん、

どこが高く買えるポテンシャルのある会社なのか、それが解ったとしても、

みんな、極力安く買いたいという原則がある以上、

相場を知らない無知な素人が、太刀打ちは到底できません。

 

私が買取店店長だった頃、ど~しても本気の金額を提示しないと買えないお客さんがいました。

単純ですが、比べるお客さんです。

ただ、普通に買取店などの色々なお店に行っても、あまり効果はありません。

業者もその辺は当然想定範囲内なので、お客様が高く売りたいと思って、比べようと思っている事は

最初から解っています。

年間1000人以上もそういうお客さんと対峙している営業マンと、

人生で数回しか訪れない、素人のお客さんでは、経験が違いすぎます。

百戦錬磨の営業マンにあたったら最後、まず高い金額で売ることは困難でしょう。

 

お客様は、けっこう高く売れた、という満足感や、納得感がないと、契約書にハンコなんか押しません。

高く売れた、そう思ってしまう様に知らないうちに誘導されて売ってしまいます。

また、お店に行くと、びっくりしますが、長いです。1時間、2時間、3時間、かかったりします。

疲れ果てて、2店舗目で売ってしまう人が、ほとんどですね。というか、かなり売る方も、面倒です。

 

大事なのは、比べ方です。

私が本気の金額提示をしないと、なかなか買取成約できないお客様が居ました。

いわゆる、ネットの一括見積のサイトを利用して入って来るお客様です。

同時に、複数の業者に査定依頼をする事ができるため、すこし余裕がある金額提示をすると、すぐに他社に取られてしまうんです。

同時に査定依頼をされると、本当に業者には逃げ場が無くなるので、ぎりぎりの金額提示をするしかないんです。

この時代、お店で待っていてもお客さんなんて、ほぼ来ません。

ネットに頼らないと、集客できない為、しぶしぶみんな加盟して集客をしています。

売る人にとっては、非常に優れたサービスだと思います。

 

ただ、こういった一括査定サイトって、色々あるんですが、どこでも良いという訳ではありません。

私は、こういう一括査定サイトに、4つ加盟店登録をしていました。

そのうちの3つは、比較的安く買う事ができました。

ただ、たった一つだけ、最初から限界金額を提示しないと、買取成約ができないサイトがありました。

理由は、加盟店数が、圧倒的に多いんです。

さすがリクルートが雑誌の時代からやって来ただけあるな、と思います。

カーセンサーの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

上の話を思い出して頂きたいのですが、

ある車を売る時に、高く買えるポテンシャルがある車屋さんだと、オークション相場と同額で買える

ということを書いたと思います。

カーセンサーには、大手買取店だけでなく、

・街の中古車販売店さん

・輸出業者さん

・フェラーリ屋さん等の専門店さん

・解体業者さん

・新車ディーラーさん

これらのあらゆる業者が、各地域に分散して加盟しています。

カーセンサーの加盟店は、欲しい車や、買取したいお客様の地域も選べる様にしてくれているんです。

 

加盟店としてはとても便利なのですが、競争がすごいのと、

本当に高く買えるポテンシャルがある会社が、競合他社になり、同時に申込みされるので、

もう、限界金額を提示するしか、無いんです。そして限界金額を提示しても買えない事もあります。

相場を超えた金額が出る事も、良くあります。

買えないよりマシ、そう思ってとんでもない金額提示される事もありますし、自分が得意な車だと、

無理をしてでも買う時もあります。業者オークションで買うより高くても、結構探すのが手間なので、

そこに欲しい車があれば、えいやっ と買う事があります。

 

そして大手買取店さんに、周りが手ごわいカーセンサー経由のお客さんの時は、

ウソでしょ?という金額を提示して持って行かれてしまう事も良くありました。

最近はネットのマッチングサービスもそうですし、実は大手の買取店さんは、

中古車販売台数が、一般の中古車販売店を超えたそうです。

 

また、カーセンサーが良いのは、住所が郵便番号しか入力しないで済む点も挙げられます。

番地まで入力しないで済むので、住所の特定まで至りません。

そして入力フォームの途中に、「任意項目」 というクリックできる箇所があるのですが、

そこに、メールアドレスで連絡お願いします。 そう書けば大抵の業者さんはメールで対応してくれます。

そういう意味でも、カーセンサーは売る人にとって、とても良いサービスだと思います。

売却予定日 という項目も任意項目にありますので、まだ売却時期が先の場合は、査定金額は大体の目安にもなります。

カーセンサー.net簡単ネット査定

まずは査定依頼してみましょう。
 

もう一つオススメとして、面白い一括査定サイトがあります。

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

ここは、

株式会社エイチームさんという、

東証一部上場している会社さんが運営しているサービスで、

かんたん車査定ガイド さんです。

 

ネットで概算価格を教えている査定サイトは、ここだけですね。

ちなみにこのサイトは、加盟店数が最も少ないサービスなんです。

 

ただ、JADRI(日本自動車流通機構) という組合があるのですが、

ここに参加している会社以外は、参加できないサービスになっています。

私も買取店地代に参加したかったのですが、

自分で経営していた弱小買取店のときは、加盟ができませんでした・・

 

参加している会社は、

ガリバー、アップル、カーセブン、カーチス等の大手買取店はもちろん、

関西はハナテンさん、西はビッグモーターさん、中部はネクステージさん

等の上場企業さんや、超高級輸入車屋さんなどが参加しており、

かなり敷居が高く、有名店のみで固めているサイトです。

 

・ 街の中古車屋さんは不安・・

・ 輸出業者さん、異国の方が・・語学が不安(笑)

(ちなみに日本の外国人経営者の輸出業者さんは、日本語ぺらっぺらです)

こういった方には、こちらのサービスが良いかもしれません。

 

最近は大手買取店も、独自に海外輸出をする様にもなりました。

私が買取店店長をしていた時代と異なり、

大手同士でも、競合が居るとガッツリ値段提示して来るケースが非常に増えました。

未だ買取店に働いている友人に聞くと、昔と違って競合他社が多く、

なかなか安く買えなくなっており、

買取店は本当に生き残りをかけてがんばっていますね。

まあ売る人にとっては健全な環境になって来た、という事でもあります。

先ずは査定依頼をしてみましょう。

 

かんたん車査定ガイド

 

 

乗り換えを検討中の人は、

新車が安く買えたり、欲しい中古車のマッチングができます。

大手買取店は、元々中古車販売はほとんどしてきませんでしたが、

ここ数年で販売や輸出にも力を入れ始め、中古車販売台数は買取店が最も多くなったと言われ、

かなり事業として落ち着きを見せており、成熟しています。

 

今までは、買取した車はすぐに業者オークションへ転売し、その差額だけで利益を出していましたが、

現在は、車を買いたい人の情報をネットで集めて、

毎日、何百台も入荷する買取したてほやほやの中古車を、そのまま次のユーザーへマッチングさせるサービスを展開しています。

業者オークションを介さずに、直接販売するので、

店頭に在庫を抱えている中古車販売店よりも、効率的に安く提供できるというメリットがあります。

 

また、新車を安く買いたい場合、新古車、未使用車を買う、という手段もあります。

※ 保証もしっかりついています。

業者オークションには、新古車、未使用車が、ゴロゴロしているんです。

———- 新古車 未使用車とは —————————————————

(新古車、未使用車)と、(新車)の違いは、

・車検付(新古車、未使用車)

・車検なし(新車)

これだけです。

トヨタ、日産、ホンダ等の(製造メーカー)は、販売台数を沢山増やしたいので、

新車ディーラー(販売店)に、沢山の新車を買わせようとします。

ディーラーはそこまで沢山の新車を一般消費者にさばけないので、

余った新車にわざと車検を取得して、業者オークションに転売をします。

車検を取得した(ナンバーが付いた車)は、厳密には所有者が付いたため、中古車になります。

これを、新古車や、未使用車という名前で呼びます。

————————————————————————————–

業者オークションには、こういった車がごろごろありまして、

まったく新車と同じ車なのですが、結構安く手に入ったりします。

保証については、車って、誰から買っても、メーカー保証が製造から3年間ついています。

(購入後、地元の新車ディーラーさんに行って、保証継承(無料です)の手続きをして下さい。)

これで、新車とまったく同じ保証が付きます。

もし付属のメンテナンスパック等を付けたい場合は、ディーラーさんに行った際に相談してみてください。

 

中古車のマッチングだけでなく、新古車、未使用車を、

業者オークションから探して販売してくれるサービスを大手買取店では対応できます。

下記の株式会社ウェブクルーさんが運営する、

ズバット車販売というサービスでは、大手買取店のマッチングが可能です。

自分の欲しい車の情報を入力して、大手買取店の買取車両を提案してくれます。

新古車、未使用車が欲しい場合は、

備考欄に 「新古車、未使用車希望」 と記入してください。

 

査定依頼の方は、カーセンサーからどうぞ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ