元買取店店長のサトーです。

今回は、車を売却するときに、

買取店が車のどこを評価するのか?

を書こうと思います。

 

元々車の買取店をやっていたので、

高く売るすべてをお教えします。

 

車査定に出す前に掃除は必要なのか?

これ、けっこうどのサイトを見ても、

掃除をしてきれいにすることで、

少しでも印象がアップするのでキレイにしましょう!

とか、書いてありますが、

これ、実はあまり意味ないです。

 

というか、

なんでどのサイトも掃除をした方がよいとか、

同じように書いてるのか不思議ですが、

まあ、現場を知らない素人が書いてるので、

しょうがないですが。

元買取店だった自分から言わせれば、

そこまでキレイにしなくても大丈夫です。

 

さすがに、泥だらけだったり、

内装が汚れまくっていたりしたらダメですが、

いや、ダメというよりも、

汚れでキズなどが隠れてしまい、

そもそも査定ができないので、

かなり汚い状態なのであれば、

最低限の掃除はした方が良いです。

 

重要なのは、

いつもそこそこ掃除をしているのであれば、

そのままで査定に出してOKという事です。

 

よく、査定に出す前に、

すみずみまで丁寧にピカピカに掃除している

お客さんが居ますが、

これはこれで、素晴らしい事ではあるんですが、

査定金額には1円もプラス評価されません。

 

通常通りに使用していたら、

「掃除をしたらこのくらいキレイになるだろうな」

くらいは査定士もわかりますし、

キレイにしたことで、

その行為自体をプラス評価してくれたり、

おっ この車キレイだな、

とか思ったりもしないです。

 

査定士が見ているポイントは、

・事故歴が無いか

・故障が無いか

・機関などに問題が無いか

・外装、内装に傷や汚れが無いか

・経年劣化の程度

そういう点を見るので、

キレイかどうかも重要なポイントではあるんですが、

掃除をすればキレイになるかどうか、

その点の見極めは多少汚れていたとしてもできるので、

 

査定を受ける為にわざわざ、

とことんきれいにまでは掃除しなくても大丈夫です。

掃除は最低限で大丈夫です。

 

査定の大前提となる評価ポイントは?

単純に、あらゆる状態が新車に近いかどうか

その他プラス評価になるパーツなどがあるどうか、

その点を見ます。

そのまんまですが。

 

大前提として、査定の基準があります。

車の買取店、新車ディーラーや中古車店の下取りなど、あらゆる業者には、車の査定をする上で、

業者専用オークション会場の基準

を参考にします。

 

ほぼすべての業者は、

この基準に則って買取、下取りの査定金額を算出しています。

社外品の高価なアルミホイールが付いているだとか、

新しいナビやオーディオが付いているだとか、

こういったものももちろん評価として加算されたりもしますが、

まずは、大前提である、

業者オークションの基準と照らし合わせて

車を査定します。

 

以下は、業者オークション最大手の

USS(ユーエスエス)の査定基準になります。

日本には沢山の業者専用のオークション会場があり、

TAA(トヨタオートオークション)

NAA(日産オートオークション)

HAA(ホンダオートオークション)

などなどあり、

USSはその中でも最大手で、

中古車業界の中心的役割を果たしています。

=============================

USSの車の査定基準です。

下記の様に、評価点があり、以下の基準で

車に点数をつけており、

ここを実際の買取や下取りをする車に

照らし合わせて査定金額を算出しています。

 

◆車の外装と総合的な評価基準

一番左の点数がその車の点数になります。

◆車の内装の評価基準

一番左のランクが、内装のランクになります。

 

まあ簡単に言うと、

査定で一番見るポイントとは、

・外装、内装の状態が新車時からどれくらい下がっているのか

・走行距離がどのくらいなのか

・事故修復歴があるか あった場合は修復の程度

・大きな故障などが無いか

こういった事を一番最初に見ます。

興味のある方は、USSが査定基準を公開していますので、

よかったらこちらを見てみて下さい。

PDFなのでスマホでは見ずらいです。

=============================

 

査定時に一番注意が必要なポイント

・走行距離

上で書いた査定時の大事なポイントですが、

もちろん、距離は少ない方が評価は高いです。

ただ、海外輸出に人気がある車の場合は、走行距離が10万キロ以上だったとしても、あまり値段が変わらない現象があります。

ちなみにこういう海外輸出に人気がある車って、売る人は海外相場を知らないので、「もうけっこう走行距離が多いから、そこまで値段が付かないだろうな。」なーんて思い込んでいると、業者に安く買い叩かれることが多いです。

 

・年式

これももちろん、年式は経過していない方が評価は高いです。

ただこれも、車種によって海外輸出の影響がもろに出ます。海外の国によっては、古い車ではないと輸入ができない(新しい車の輸入が禁止されている)という国がけっこうあります。そういう車種の場合は、逆に古い車の方が値段が高いなんて言うケースもありますので、新しい車よりも古い年式の車の方が査定にプラス評価となる事もあります。

これも、年式が古いと思って「そこまで値段はつかないだろう。」という一般の素人の思い込みを利用して、安~く買い叩いたりされてしまう事が多いですので、思い込みは禁物です。気をつけましょう。

 

この2つは、買取業者がお客さんから

安く買える一番のポイントになるので、

お客さんにとってみては、

売却するときに最も気をつけるべきポイントです。

なので後で、プロだからこそわかる、

業者に最高額で売却する方法も書いておきますね。

 

大きくマイナス査定評価になるポイント

・修復歴(事故歴)の程度

上の表で言うと、修復歴車 = R点

という評価点になります。

つまり、点数自体が付きません。

それだけ、事故修復歴と言うのは、

重大なマイナスポイントになります。

ただ、これも程度によりけりではあります。

 

修復歴とは、車の骨格部位にあたるフレーム

を修理した過去がある車の事になります。

どこかをぶつけて板金をしただけとか、

ドアを交換しただけとか、

そういうものは、修復歴とはなりません。

 

・外装、内装の大きな傷や汚れや腐食など

外装に大きな傷やへこみがあったり、

内装に大きな汚れがあったりすれば、

当然大きなマイナスになります。

 

・機関系統の重大な故障

主に、エンジン、オートマ(ミッション、CVT)、エアコン

これらに欠陥がある場合は、

大きなマイナス要因となります。

 

これらは数十万以上はマイナスになるポイントです。

 

中くらいマイナス査定評価になるポイント

・外装の細かい傷

小枝などにこすってしまってる外装の細かい傷なんかであれば、すこし補修すれば治る程度であればそこまでマイナスにはなりませんが、多少ガリった傷や塗装の色あせなどがあれば、数万円程度のマイナス評価になります。

 

・内装の小さな汚れ

汚れなども、プロの手にかかれば大したこと無いものもあります。タバコ穴やコーヒーを大きくこぼした様な汚れは数万円ほどのマイナス程度です。たばこの匂いや黄ばみも数万円程度のマイナスになります。良くあってダメなのが動物(主にワンちゃん)のにおいが染みついていたりするケースです。動物の毛がのこっていて匂いも消えない状態であれば、数十万円のマイナス評価になる事は良くあります。

 

・電装機器の故障

パワステ、ワイパー、パワーウィンドウ、電動ミラー、オーディオ、電動シート、集中ドアロック、などの故障は、数万円~10数万円のマイナス評価になります。

 

・ABS、エアバッグの故障

これらは安全装置でもあるので、10万円以上のマイナス評価になるケースが多いです。

 

・エンジンオイル漏れ

古くなると多くの車がオイルにじみや漏れがでてきます。これはそもそも多くの車が古くなるとそうなるので、まさに中古車相場がそもそもオイル漏れが織り込み済みという事も多いです。ただ著しく漏れが多い場合は数十万円のマイナスになる事もあります。

 

ちなみに、輸入車の場合は2倍程度のマイナス評価となるケースが多いです。

 

少しマイナス査定評価になるポイント

・キーレス、ETCの故障

キーレス、ETCが作動しない場合は2万、3万円程度の減額になりますが、そこまで影響はしません。

 

・ライト類の玉切れ

ヘッドライト、ウインカー、フォグランプ、テールランプ、バックランプ、室内灯、などのライト類の玉切れなどはあまりマイナスにカウントするっていう事はないですが、ヘッドライトは最近高価なHIDが主流になるので、1万、2万円くらいの減額になる事もあります。

 

・タイヤの溝

ブリジストンタイヤか、海外の格安タイヤか、その辺はほぼ評価になりません。

タイヤ溝自体も、交換したばっかりの場合と、5分山程度の場合でも、そこまで評価に変わりはありません。

 

・その他消耗品の状態

オイル類が少なくなっている、ブレーキパッドの摩耗など、ここはあまり査定に響きません。見ない事も多いです。

ドライブシャフトブーツや各種重要部品のゴムや樹脂類の劣化はけっこうマイナスになります。

 

また、タイヤの溝以外は輸入車の場合はやはり2倍ほどのマイナスになる事が多いです。

 

 

プラス査定評価になるポイント

ここ、注意が必要なところになります。

何でかと言うと、

プラスの評価をするポイントと言うのは、

たしかにその通りなのですが、

買取や下取りする業者の立場になって考えて見て下さい。

 

どんな車でも、安く買いたい、と思いませんか?

結局のところ、買取や下取りって言うのは、

業者にとっては仕入れなんです。

仕入れって、安く買えれば安く買えるだけ良いわけです。

 

今回ここで、プラス査定になるポイントを書きますが、

どこの業者も、以下の様なポイントは、

プラス査定のポイントだとわかってはいますが、

決して、

その価値を正直に買取金額に反映するとは限りません。

 

重要なのは、

こういったプラス要素をしっかり、

買取金額や下取り金額に反映してもらう事

それが重要です。

後ほどこういう部分も最大限にプラスした評価で売却できるようにする最高額で売却する方法も書いておきますので、

ここではいったん、

「まあ、こういう部分はプラス評価になるんだな」

程度に読んでおいてください。

 

・外装の色

パールホワイト、または黒、これらが人気が高いため、他の色に比べると、多くの車種が少し値段が高くなる傾向が多いです。

 

・レザーシート

普通の生地のシートと、レザーシートが2種類ある車の場合は、レザーシートの方が若干評価が高い傾向があります。

 

・サンルーフ

サンルーフがある方が、少し評価が高い傾向があります。

 

・社外品のオーディオ

ナビテレビなどは、購入後3年以内の比較的新しいものであれば、数万円程度プラスとして考える事が多いです。

 

・社外品のアルミホイール

社外品の中では、一番プラス査定をしてくれるポイントになるのがアルミホイールですね。良いものであって状態がよければ、10万、20万のプラス評価にはなります。

 

・社外品のスピーカーや音響設備

20万、30万かけていいスピーカーを設置したとしても、評価としては2万~3万円程度なのが通常です。もちろん売り方次第なので、それは後ほど書きます。

 

・プライバシーガラス

これも無いよりあった方が次のお客さんが購入しやすいので、あった方が良いと思いますし多少はプラスになるかもしれませんが、あまりプラスの評価として考える事って無いです。

 

・サイドバイザー

雨よけの事ですが、これもあった方が良いと思いますし多少はプラスになるかもしれませんが、これもあまり査定時にプラス評価として考える事はありません。

 

・エアロ

エアロは、個人的趣向が強すぎる場合、マイナスになるケースが多いです。逆にじゃまと判断されることが多いです。ただ、VIPカーなどの場合でかっこよくキマっていたりすれば評価になったりします。

ホイールなども、その車に似合っていたりすれば評価にはなりますが、かなり個性的で人によって趣味がかなり偏りがちなものに関しては、次のお客さんにマッチする可能性が低くなるので、プラスに評価をすることは無いです。

 

・ガラスコーティング

車の外装にガラスコーティングやポリマーコーティングをしてピカピカにしている場合、車の経年劣化を感じさせないくらいにすごいピカピカであれば、評価したりします。

 

・ライト類

一番高い部分で言うとヘッドライトだと思いますが、あまり評価に加える事は無いです。

 

・スポーツカーなどの改造

改造費用に何百万円もかけている人もけっこう居ます。でも実際のところ、これに十分な評価をもらえることはあまり無いです。こういうお客さんに値段を提示すると、安すぎて怒っちゃったりするんで、けっこう面倒ではあります・・

色々な会社に聞いて、現実はそんな値段しかしないんだ・・と納得して初めて売却する人が多いです。

正当な評価を下してくれる会社もありますが、評価をしたとしても安く買い叩こうとしますので、ここは売り方がとても重要になります。後ほどそれは書きます。

 

本当に車を高く売るには?

査定で評価になるポイントなどを上げましたが、

結局のところ、

いくらプラス評価になる点が沢山あったとしても、

業者は正直に査定額にプラスなんてまずしません

 

先ほども書きましたが、

業者にとって買取や下取りっていうのは、

仕入れ なんです。

安ければ安いほどいいわけです。

 

新しいナビを付けている

社外品のアルミホイールを付けている

キレイに乗っている

いっくらアピールしたところで、

それを正直そのまま査定額にプラスする事なんて、

まずあり得ません。

 

先ほども書きましたが、

古い車だったり、ボロかったり、走行距離が多かったり、

そういう車だとしても、

海外輸出に出る車は、すごい高値が付きます。

 

こういった海外相場を知らない一般の人から、

安ーく買うのが買取、下取りの仕事です。

本来の価値よりも、

50万円も100万円も安く売ってしまう人が、

日本中に、毎日たくさんいます。

 

毎日、テレビやラジオ、チラシ、

ネットや雑誌など、

あらゆるところで、

高価買取!

どこよりも高く買います!

とか見聞きしますよね。

 

あれ、単なる客寄せですからね。

え?

「本当に高く買ってくれるのかなあ・・」

なーんて、

1ミリでも思ったりしてしまいましたか?

1ミリでも思った人は、

アウトです。

完全に、安く買い叩かれる予備軍です。

 

どこの業者も安く買う事に必死です。

実際、営業マンの成績は、

買取台数ではなく、

利益で決まります。

月に20台買って200万の利益を出した営業マンより

月に5台買って500万の利益を出した営業マン

の方が評価されます。

 

ほんと引くぐらい、

会社は利益以外なにも見ません。

利益を出すとは、

お客さんから安く買い叩く

という事です。

 

利益を出せば、

たった1年、2年であっという間に出世します。

逆に利益を残せないと、

人間扱いされません。

ゴミクズ以下の扱いを受けたりもします。

 

それだけ厳しい環境の中で仕事をしているので、

もう営業マンは、

安く買う事に命をかけている

といっても過言では無いです。

 

査定アップのポイントは、

車を掃除するだとか

社外品をアピールするだとか

そういう視点をもっていると、

本当に大切な事

・相手は安く買い叩こうとしている

・海外相場を知らずに安く売ってしまう

この2点から目をくもらせてしまう事になるので、

本当に注意しましょう。

 

大切なのは、

今乗っている車に最大限の評価をしてもらい

業者の限界価格で売却するにはどうすればよいのか?

という事です。

じゃあどうすればよいのか?

次ページで説明していきます!

車を【最高額で買取査定してもらう】根本的解決方法は?

 

 

◆おすすめ記事

購入を検討中の方はこちら

新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?