【プロが完全解説!】おすすめの車一括査定サイト どこがいい? 注意点やメリット、デメリットを紹介

元買取店店長のサトーです。

僕は車の買取店をやる前は、

車の一括査定サイトを運営しているIT会社に勤めていました。

そこの会社では、

まさに、車の一括査定サイトを担当している部署で、

新規買取店の営業開拓、サイト運営等の仕事をしていました。

なので、

良い部分、悪い部分、知り尽くしていますので、

すべてをお教えします。

 

また、その会社を退職した後は、

車の買取店をやっていましたので、

業界の裏側も知り尽くしています。

なので、

最高額でラクにかんたんに売れる売却方法も書きます。

 

先に、まず一言いいたいのですが、

ヤフーやグーグルで、

「車 一括査定」って検索すると、

いろいろなウェブサイトがずらーっとでてきますが、

これまた内容が、

プロから言わせてもらうと、

デタラメ情報がとても多いですね。。

 

例えば、

・ 一括査定を運営している会社が、

自分の会社のサービスを使ってもらいたいがために、

結局おススメは、自分の会社の一括査定サイトだ!

というサイトだったり、

⇒ 結局、もっと良い一括査定サイトがあるのだけど、自分の会社のサービスが一番優れていると主張してるだけ。

 

・ または、一括査定は危険だから、

当社に売却するのが一番だ!

という買取店のサイトだったり、

⇒ 結局、一括査定サイトを批判して、買取店に直接査定するように仕向け、それを信じでやってきたお客さんを安く買い叩くだけ。

 

・ または、色々な一括査定サイトを紹介している

中立的な比較サイトなんだけど、

結局はサイト運営者の利益だけを考えたサイトだったり、

⇒ 一括査定サイトを色々比較して紹介してるのだけれど、単なる素人のライターの記事だったり、実際の現場を良く知らない人が書いてるので、内容が事実と異なったり(プロとして読むと本当にヒドイ内容が多いです)、さらには広告報酬が一番高くもらえる一括査定サイトのみをおススメしているだけだったりして、ぜんぜんユーザーの事を考えてない。

 

まあ悪くはないかな、というサイトも少しはあるんですが、

しかしながら、事実をしっかり書いているサイトが、

本当に、1つも無い。。

なので、本当の情報とはこれだ!

というものを書きたいと思いました。

渾身の力を込めて永久保存版にする思いで書くので、

しっかり理解して、

ラクに、かんたんに、高く最高額で売りましょう。

 

先日、ちょうど友人と飲みに行ったときに、

車の売却方法を色々聞かれ、

読みやすいと思うので、

会話形式にして書きますね。

 

◆一括査定サイトって何?

◆一括査定サイトのメリット

◆一括査定サイトのデメリット

◆自分で買取店めぐりするのはどうか?

◆たくさんある一括査定サイトを比較してみよう

◆新車・中古車を安く買うには?

以上の項目順で、

友人 ⇒ A君 青い文字

で書いていきますね。

 

◆一括査定サイトって何?

A君 一括査定サイトって何なの?

ネット上で、車種、年式、走行距離、色

などの車の情報を入力して、

複数の買取店に一斉に査定依頼ができるサイトだね。

 

◆一括査定サイトのメリット

A君 それ使うと、どんなメリットがあんの?

そもそも、一括査定サイトって、良いものなの?

 

うん、一括査定サイトは、

すごい・・

とても、

素晴らしいサービスだよ。

 

A君 そ、そうか、なんで?

まず、この3点があげられるね。

① 買取店同士で競争させて売る事ができる

② ネットで簡単に査定依頼ができる

③ すべて無料でサービスを受ける事ができる

 

A君、確かに、これだけ見るといい事だらけだねえ。

本当、いいことだらけだよ。

もちろんデメリットはあるけど、

まずは、メリットだけを上げると、まさに、

便利だし、高く売れそうだし、無料だしね。

 

これ、一括査定が無い昔の話を知れば、

すごい素晴らしいサービスだ、

という事が理解できると思うから、

車の売却の歴史を知ったほうが良いね。

 

A君 たしかに、ネットが無い時代、値段がよくわからない中古車をどう売ってたんだろうな。

そう、昔って車を売る時って、今とはだいぶ違うんだよね。

車の一括査定サイトは、2000年ころに誕生したんだけど、

車の一括査定サイトが走りとなって、

今では、色々な業界で一括査定サイトがるよね。

 

A君 バイク、トラック、不動産とか、引越し、自動車保険とか、たしかに色々あるな。

そうそう、良く知ってるね。

車の一括査定サイトがまだ存在していない時代は、

車の売却ってどうしていたと思う?

 

A君 うーんそうだなあ。。

・ 新車ディーラーで下取り

・ 中古車店に下取り

・ 買取専門店に売却

まあ、こんな感じかなあ。

そう!まさにこの3つが一般的な車の売却先だったんだよね。

もちろん今も、結局はこの3つに売却はしているんだけど、

でも、現代と全く異なる点と言うのが、

当時は、多くの人が、

とても安く車を売ってしまってたんだよね。

 

<新車ディーラーで下取りは安い?>

A君、なるほどね、まあ1社だけに売却をお願いすると、競争にならないしね、

新車ディーラーに任せっきりって人も多くいるだろうし、

結局は下取り価格が安いって事なんかね?

まあ、とても安い事が多かった、と言った方が正しいかな。

新しい車に買い替えるときに、

今乗っている車を、新車ディーラーの下取りに出す人って、

いまでもとても多いんだけど、

当時はもっともっと多かったんだよね。

 

新車ディーラーって、新車を売ってるから、

下取り車はだまっていてもどんどん入荷してくるから、

「何が何でも欲しいもの」

ではなく、

「まあ売り先に困っているなら、下取りしますよ。」

程度の物だったんだよね。

だから、

査定金額を頑張らない。

 

A君、たしかに、黙っていても下取りの車がバンバン入ってくるんなら、そんなにガツガツしなくても良いしね。

そういう事。

例えば、だいたい業者間取引相場が100万円の中古車があったとして、

こういった車は、50万円とか、

高くても70万円程度しか値段を付けない事が多くあったんだよね。

 

そうやって安く下取りした中古車を、

業者間オークションに売るだけで、

すぐに100万円で売れて利益がでる。

もちろん、相場は多少変動するから、

確実にリスクが無い安い金額を提示することがほとんど。

なので、当時は本来もっともっと高く売れるにもかかわらず、

安ーい金額で売却してしまっている人がとても多くいた、という訳。

 

これは、昔ほどでは無いけど、

今でも新車ディーラーさんは、

あまり下取りを頑張らない傾向があるね。

 

A君、確かに、買取専門店とかめっちゃしつこいけど、新車ディーラーって、下取り車に関してはぜんぜんガツガツしてこないもんな。

そうだね。やっぱり、新車の販売で十分利益が出るし、

買取専門店ほどは頑張らないね。

あとは、ブランドイメージは非常に重要だから、

地元密着で仕事をしている以上、あまり悪い評判が付くのはダメという社風はとても強く感じる。

そういう点も、あまりガツガツ営業したり、

交渉したりして下取り車を積極的に買おうとはしない要因だね。

 

※補足※ 買取と下取りの違い

⇒ 買取とは、単純に買取するだけの行為を言います。

⇒ 下取りとは、次の車を買うお店に、車を売却する行為を言います。

⇒ 結局は、どちらも「売却する」 という意味なのでどっちでも良いので気にしないで下さい。

 

<中古車店での下取りはどうなのか?>

A君、ってことは中古車店の下取りも安いのかね?

中古車店にとっても、

中古車を買いに来る人はたくさんいるから、

下取り車はたくさん入荷してたね。

でも、トヨタとかニッサンとか、ホンダとか、

そういったデッカイ会社の看板を背負ってるわけではないから、

やはり、ブランドイメージよりも、

まずは利益が優先

という考え方になるので、ここは交渉がものを言う場所だね。

 

A君、なるほど、中古車店でも下取り車はたくさん入ってくるけど、もちろん利益になる機会も逃さない様にしているって訳か。

そうだね、しかも、

本来100万の価値がある車があったとすると、

だいたいが、お客さんとの話し合いの中で値段を決めるよね。

お客さんが、

「まあ、30万くらい値段つければいいな、」

って言ったら、本当に30万ちょっとくらいで下取りするし、

決して100万円なんて出さないよ。

お客さんの相場観とか、他社の査定金額を聞いたりして、

なるべく安く買うってことをするね。

 

ただ、何社も値段をくらべてとことん頑張って売却したお客さんは、

中古車店もギリギリの値段を提示してたね。

そういうお客さんだけ、そこそこ高くは売れていたと思うよ。

 

まあ当時はお客さんも中古車の値段なんて、

あまり良くわかっていなかったので、多くの人が、

めっちゃ安くボッタくられてた時代だったんだよね。

 

A君、確かにネットが無い時代って、中古車の値段の検討なんて、たしかにぜんぜん付かなかったんだろうな・・

本当にそう。昔から中古車屋さんをやってる人って、

みんな口をそろえて、

「ネットのおかげで商売あがったりだ!」

「昔はよかったのになあ。。」

って口にするよね。

つまり、それだけお客さんはボッタクられてたって事だね。

 

<買取専門店は高いのか?>

A君、なるほどねえ、ちなみに、買取専門店ってやっぱり高く買取するから、専門店って言うんじゃないの?

とてもいい質問だね。

今話して来たように、

新車ディーラーは、下取りをそこまで一生懸命頑張らなかった。

中古車店は、基本的に利益追求主義だから、なるべく安い金額で下取りをしていた。

 

なので、一般のお客さんは、

とても安~く買い叩かれてしまっていた。

という時代だった、というのは今話した通りなんだけど、

 

そこで、「正義の味方」のフリ?をして登場したのが、

買取専門店 なんだよね。

A君、正義の味方のフリ?なんだ、何で?

要は、買取専門店にとっては、

下取りが安い というその時代が、

ビジネスチャンスだったんだよね。

 

A君、なるほど、下取りよりも高く売れるのが買取専門店?って事?

そうそう、買取専門店が世に出てきたのが、

1990年代なんだけど、

そこで良く広告のフレーズで使われてたのが、

「下取りよりも買取」

っていうフレーズ。

下取りよりも高く買取しますよ~っていうイメージを、

日本中の人に植え付けたんだよね。

それで、

買取専門店 = 下取りよりも高い

というイメージがどんどん定着されていったんだよね。

 

A君、実際は下取りよりも高いんじゃないの? つかさ、新車ディーラーや中古車店よりも、高く買える仕組みを持っているから、買取専門店を作ったんじゃないの?

そう日本中に思い込ませたのが、

買取専門店の宣伝効果なんだよね。

実際、中古車って、大手だろうが、新車ディーラーだろうが、

中古車店だろうが、個人の小さな中古車店であろうが、

値段は、一緒 なんだ。

 

A君、値段が一緒?? 中古車の相場がって事?

そういうこと。中古車って、もちろん相場があるんだよ。

で、どこで相場が形成されるかと言うと、

業者間オークション

という、業者だけが使う業者専門の中古車オークション会場があるんだよね。

日本全国に沢山あって、

TAA(トヨタオートオークション)

NAA(日産オートオークション)

HAA(ホンダオートオークション)

などなど、最大手の会社は、

USS(ユーエスエス)っていうだけど、

知らないよね? 東証一部上場の大企業だよ。

 

A君、ユーエスエスかあ、うーん、確かに聞いた事無いな。。

消費者には全く縁がない、まさに業者間の中古車オークション会場ってワケだ。

うん、

新車ディーラー、中古車店、買取店専門店、

下取りや買取した車をどこに売るのかって言うと、

当時は、ほとんどが、この業者オークションに出品されてたんだよね。

 

たった一週間で、数万台が出品、落札されるので、

そこでは、相場 が形成されて、

例えば、とあるカローラが、100万円で落札されたデータがあれば、

同じようなカローラを出品すると、

98万円~102万円くらいの、かなりの精度で落札されるんだよね。

 

なので、このオークション相場が、

中古車関連を仕事をしている業者の、

すべての基準になるというワケ。

 

A君、なるほど、流通量が多いから、かなり精度の高い相場ができるんだな。

そう。で、このカローラを買おうと思えば、

業者オークションで100万円出せばいつでも買えるし、

売ろうと思えば、100万円で売れる。

これは、

すべての業者の絶対的な基準なんだよね。

 

だから、新車ディーラーだろうが、中古車店だろうが、

買取専門店だろうが、どんな会社であろうが、

このカローラの買取価格の限界は、

100万円 って事。

でも、100万円じゃ利益はゼロだから、

これよりも安く買う必要があるんだよね。

 

A君、そうか、中古車店や買取専門店は、この100万円って価格を基準にして、お客さんから可能な限り安く買うのが仕事ってワケか。

まさにその通りで、新車ディーラーの場合は、

本当は安く下取りしたいんだけど、ブランドイメージを損ねてしまうので、

お客さんと下取り価格でえげつない交渉合戦はできない。

だから、最初からリスクがまず無い低い金額を下取りで提示することが多いね。

昔は本当にめっちゃ安かった。

今は新車を買うのであれば、交渉次第で高く下取りしてくれることもあるね。

 

まあただけっこう下取りや買取の交渉って難しんだよね、

最初50万って提示されたのに、

結局交渉したら90万で売れたって、

お客さんからしたら、まあ嬉しいだろうけど、

印象は悪いでしょ?

新車ディーラーでは、印象悪い仕事はやっぱできないんだと思う。

 

A君、確かに(笑) おれも昔買取屋さんで軽自動車売ったことあったんだけど、最初5万円って言われたんだけど、他社が20万付いてるって言ったとたんに、即決してもらえるなら22万円で買取します!って言われたな。だったら最初から言えっ!て思ったもんな(笑) 

そうそう、新車ディーラーがそんな営業したら、

デカい看板しょってるので、ちょっとまずいでしょ?

 

だから買取専門店なんかは、

お客さんが、

他社と査定を受けているのか?

いくらくらいと想像しているのか?

こういったお客様の状況や相場観に合わせて、

なるべく安い金額で買おうとする。

これが仕事なんだよね。

 

A君、で、買取専門店は結局は、安く買うのが仕事ってことなんかね?

まあ、そう。とにかく、安く買い叩くのが仕事なんだよね。

実際の買取店の営業現場では、

社員の成績は、すべて利益

利益しか一切見ない。

つまり、安く買えば買うほど評価される。

10台買取して、100万の利益を出した人よりも、

2台買取して、200万の利益を出した人の方が評価される。

しかも、

まだまだ若くても、利益を出せる人は、

たった1年2年で、どんどんスピード出世して、

給料もどんどん上がる。

これが現場の実態だね。

 

A君、たった2台買取で200万って、 1台100万円もボッタクられるの? でも、いっくら素人だったとしても、さすがにそんなに安く売る事ってなくないか?

ここが、中古車買取や下取りのすごいところなんだけど、

実は、日本人が売却した後の中古車って、

半分近くの台数が、

海外に輸出されてるんだよね。

 

さっき話した業者オークションの会場に行くとビックリだけど、

外国人バイヤーだらけで、

食堂も外国人向けメニューもたくさんある。

 

A君、確かに、海外行くと、めっちゃ日本車走ってるもんな。

そう、年間100万台以上の中古車が輸出されてて、

部品にばらして売る場合もあるから、

本当実数は半分以上の車が海外に輸出されてるかもね。

 

A君、そうか、日本人が買う車の需要だけじゃなくて、世界中のバイヤーが買うから、中古車の相場が高くなるのか。

まさにそういう事で、

一般の人が、自分の車の価値を、

「まあ、だいたい10万くらいだろうな・・」

って、勝手に予測して決めつけてしまうんだよね。

 

でも、実際は海外相場 が形成されていて、

フタを開けてみると、業者オークションでは、

100万円で落札されている車だったりするワケ。

 

海外では、車を100万キロくらいまで使うし、

30年、40年使う事がほとんど。

でも、日本人は、

たった10年、10万キロも乗らないで売っちゃうでしょ?

しかも、日本の車ってとてもキレイで、

状態が世界的に見ても非常に良いんだよね。

 

A君、そうだな、少し傷がついただけでも、たいてい保険入ってるからすぐに修理するし、あとは交通法がきびしいから、みんな丁寧にのるから、状態が良い車があるってのは良くわかるな。

そう、さらに10年、10万キロしか乗らないから、

世界的に見ると、日本人って

めっちゃ贅沢なワケ。

 

だから、

新しい車も、

古くて走行距離の多いいわゆるポンコツ車でも、

海外バイヤーがすごい勢いで買っていくから、

すごい高く本当は売れる車がたくさんあるんだよね。

 

A君、で、海外相場を知らない一般の人に、安ーく車を買い取って、大きく利益を上げるのが、買取専門店の仕事ってワケか。

まあ、その通りなんだけど、

これ、良いとか悪いとか抜きで、

商売だからさ。

安く買って ⇒ 高く売る

これ、当たり前の事でしょ?

どんな商売でも同じ。

つまり、大事なのは、

だまされないでしっかり賢く高く売る事

これを知ることが重要だね。

 

A君、そうか、それで車の一括査定を使えば良いってことなのか!

そう!ただ、メリットだけでは無いから、それは後で説明するけど、

とにかく、こういった一般の人達が安く買い叩かれてしまう状況を、

変える事を目的で誕生したのが、

車の一括査定サイト

なんだよね。

 

車の一括査定サイトに登録している買取店は、

大手~中小まで様々な会社が参加していて、

業者間同士の「競争」、に自動的に持ち込むことができる

⇒ 安く買い叩かれてしまう事を防げる

という画期的なサービス、なんだよね。

まさに、正義の味方、の登場ってのが、

2000年代頃から始まって、今でも利用されてるね。

 

◆一括査定サイトのデメリットは?

A君、一括査定かあ、デメリットなんて一切なさそうな感じするけど、あるんだ?

これが、実際に使ってみると、結構問題があるんだよね。。

1つ目は、

ウェブサイト上で、

車種、年式、走行距離、

名前、電話番号、メールアドレスを入力する。

で、

お申込みボタンをクリック!

 

すると・・・

 

たった5秒か10秒後に、

複数の買取店から、めちゃくちゃ電話がかかってくる・・

これ、恐怖を感じるレベル。。

 

A君、ああ!あれか、おれも引越しするときに、引越しの一括見積サイト使った事あって、仕事中なのに、電話がしつこすぎてヤバかったの思い出した・・、あれね、、あれたしかに、便利なのか不便なのかわからなくなったな・・

そうそう、それそれ!

で、車の一括査定の場合は、

2015年くらいから、

申し込みがあると、

機械が自動的に電話をかけちゃう仕組みを導入してる会社が沢山出てきて、

申し込み直後に、すっごい電話がかかってくる。

 

A君、あれさあ、何とかなんないの?? メールで各社連絡くれよ! って思ってすげー腹立ったんだけどさ!

無理なんだよ。電話は、とめる事はできない。

ただ、後で教えるけど、極力回避できるやり方を教えるよ。

これ、何で電話してきてしまうかと言うと、

結論から言うと、 早い者勝ち なんだよね。

 

A君、そうか、まあ競争だからな、たった1台の車を買取するのは、たった1社の買取店だけなんだもんな・・、そりゃあまさに業者同士は戦場みたいなもんだな。。

そうなんだよ。。

しかも、電話がジャンジャンかかってくると、

お客さんビビっちゃって、

2社目、3社目、4社目、と電話が来ると、

ぜんぜん電話に出てくれなくなっちゃうし、

最初に早かった2社さんで実際の査定はお願いするから結構です。

とか言われて断られちゃったりするんだよ。

 

A君、それは確かにきついな、広告費も一括査定サイト側に支払ってたりしたらなおさらきついね。

そう、広告費がかかるんだ。

業者は、この1件1件のお客さんが査定依頼をしてくるたびに、

車の買取成約が出来なかったとしても、高い金額を支払う必要があるんだ。

 

A君、ぐわ、買えても買えなくても、料金がかかるのは、きつすぎるな・・

だからこそ、激烈な競争という以上の、まさに業者同士の戦場になるワケ。

 

A君、でもさ、電話やメールで、査定金額を言えばいいんじゃないの? そこで一番高い会社にお客さんは売れば良いわけだし。

いやいや、思い出してよ。

業者って、みんな、買取できる限界金額は一緒って話。

覚えてる?

100万円の相場があった車があれば、

その車は、100万円以下で買わないといけない。

で、極力安く買わなければいけない。

こういう状況で、

お客さんに金額を言ったら、どうなると思う?

 

A君、そうか、例えば電話で、だいたい70万円くらいなんて伝えてしまうと、次の業者に75万、80万って、どんどん値段を上げられちゃうからな。。うーん、買取する営業マン大変そうだな・・ 

そうなんだよ、つか、それ以前に、

電話で金額を70万って伝えるとするでしょ?

そうするとお客さんって、

「あ、そうですか、わかりました、ガチャリ、ツーツーツー」

で、商談終了!残念!

ってなっちゃうんだよ。

業者にとってはアポ(実際に会うところまで)につながらなければ、まったく意味が無い!

 

だから、基本的には電話では金額は一切言わない。

まずは、

「車を見せて下さい!」

「動くものなので値段は実物を見ないとわかりません!」

って言って、実車査定のアポを取る事に命をかけてくる。

で、実際お客さんにアポを取った業者は圧倒的に有利になる。

だから、電話がジャンジャンかかってくる。

というワケ。

 

たまに、どうしても電話で値段が知りたい!

って言ってくるお客さんには、

「本当に実車を見ないと、まったくあてにならないのが中古車というものなのですが、あえてお伝えしますと、50万円~110万円と言うところでしょうか・・」

というめっちゃ幅があるパターンを伝えたり、

「100万~120万くらいは出ると思います」

なんて、絶対に出ない金額をワザと言ったりする。

そうするとお客さんは期待するので、アポが取れる。

で、査定に来る営業マンは、

「相場を良く知らないオペレーターが言った金額なので、そんなに値段出せないです。すいませんっ」

なんて言って言い訳する。

とにかく、

お客さんと会う事が業者にとって命なんだよね。

 

A君、うーん、電話はかかってくるのは避けようもなさそうだな・・

これ、電話は一つ面倒な点ではあるんだけどさ、

実際の商談がけっこう大変なんだよね。

 

A君、だろうね・・、実際会って商談したら、みんながみんな、即決を迫ってくるだろうね・・想像つく・・

想像通り、実際査定した時に、

お客さんに値段を言ってしまうと、商談はそこで終了してしまう。

そこで、次の会社が来て、

その値段より少し上の金額を言われて他社に取られてしまう。

 

なぜなら、

買取できる限界価格は、どの会社も一緒だから。

100万円の相場がある車を、

100万円で買っても、

広告費、営業マンの人件費、交通費、店舗家賃運営費、

などなど、色々な経費が掛かっている訳だから。

100万円で買っても利益はゼロだから、大赤字になる。

 

だから、できれば90万円くらいでは収めたいと思う。

そうすれば10万円は利益がでる。

なので、どの会社も90万以上は出したくないなあ・・

という基準ができる。

で、90万円をお客さんに提示したとしても、

その商談で即決ができなくて、

結局次の他社の買取屋さんが来ても、

買えないで帰るよりも、買えた方がましなので、

91万円を出してくる。

 

91万でも売ってくれなかったお客さんは、

次の買取屋さんの査定を受けて、92万円提示される。

とまあこんな利益の削り合い合戦になってしまうワケ。

 

だから、どこのほとんどの会社が、

お客さんが持っている相場観を聞いたりして、

その状況に合わせて、即決を迫ってくる。

そして、

決して最初から、〇〇円です。

という正式な提示はしない。

 

あくまで、お客さんに

いくらだったら契約してもらえますか?

という質問をして、

「〇〇円ならいいかな・・」

「じゃあ、〇〇円なら即決するよ」

とお客さんの口から言わせる。

そして、じゃあ〇〇円出しますね! ⇒ 即決

ほぼみんなこのパターンになる。

 

A君、業者にも都合があるからなあ・・、でも「いくらだったら契約してもらえますか?」って質問されても、俺だったら、「高ければ高いほどいいね!」とか言ってごまかしちゃうけどな!

そうそう、そういうお客さんめっちゃいる。

いくらだったら即決できますか?

って質問しても、

「まあ、高ければ高いほどうれしいよね~」

なんていう人。

 

だから、こういうお客さんには、

ワザと、安い値段を最初言うんだよ。

 

A君、え?わざと低い金額を言うって、どういう事?

「最初に、60万~70万くらいだと思うんですけど~」

って言葉をにおわしながら言う。

あくまで、正式な金額ではない事をにおわしながらね。

なんでもいいから、まず最初に金額を言うと、

お客さんって、何らかの反応があるんだ。

それを見る。

 

「ええー、そんなに安いんだ・・」とかね、

そういう反応を見たら、こう投げかける。

「いくらくらいだと思ってました?」とか、

「他社さんや、ディーラーさんはどのくらいだったんですか?」

などなど、

まあ、実際はこんな単純じゃ無いんだけど、

買取店は、あらゆるテクニックを使って、

お客さんが納得する着地点の金額を見つける話を組み立てていくんだよね。

ありとあらゆる営業トーク手法だったり、

お客さんに合わせて言う事を変えるし、

話の順序も変えるし、

即決をしてもらうためのあらゆる罠を仕掛けたりする。

 

商談中の営業マンを見ても、

ニコニコしてたり、

シレーっとした顔をして淡々と話したりするけど、

実際営業マンの心の中では、

もう命がけで即決するために頭をフル回転させてる。

 

A君、そうだよな、まず経験が違うし、売る人はめったにない出来事だけど、買取店の営業マンにとっては、何千人も相手にしてるから、お客の考えとか行動とか、もうお見通しなんだろうな。。

本当に、経験が圧倒的に違うし、

商談に対する姿勢も、

買取店は  ⇒ 命がけで必死

お客さんは ⇒ 高く売れればいいな、とのんき

ここまで違う。

 

当然、お客さんは金額に納得しないと契約なんか絶対にしない。

だから、うまい営業マンなんかは、本当にうまくて、

お客さんに、

「〇〇円はまあ満足な金額だな」

「まあ〇〇円ならいっか」

という納得感を植え付けるのがめちゃうまい。

 

とまあ、車の一括査定サイトって、

たしかに昔と比べると、高く売れる様にはなって、

素晴らしいサービスなんだけど、

実際は、電話のやり取りや、

査定時の商談が、本当にめんどくさい。

 

A君、まあ、高く売るには、こういった面倒も必要ってことだな・・、つか、そんなんだったら、自分で買取屋めぐりしたほうが良い気がしてきた・・

自分でやったほうがラクって感じるかもだけど、

自分で買取屋さんめぐりだけは、危険だからおススメできないね。

◆自分で買取店めぐりするのはどうか?

A君、え、また・・? なんで?

まあ、最近は町の大きな道路を走っていると、

買取屋さんの看板って、たくさん見かけるよね。

これがまたまず、めんどくさいんだよ。

1店舗、最低1時間は拘束されて、同じように、

即決を迫られるトークされる。

まあ、それをがまんすれば、まあまあいい金額で

売れない事も無いんだけど、

 

とても危険なのが、

A店という店に行って、60万って言われたとして、

そこの買取屋さんでは、

「B店は行きました? ってかこれから行きますよね? あの会社は、お客さんの車種にとても強いから、いつも買取価格で当店は負けてしまいますので、もしB店より当社の金額の方が高かかったら、当社に戻ってきてもらって売ってくださいね。」

なんて言われたとすると、B店に絶対に行くよね?

 

A君、うん。。まあ、気になるから、間違いなく行くだろうな。。

そこで、B店で、

「今ちょうど欲しいお客さんが居たので、即決だったら70万、いや、80万出します!」

なんて言われたら、売っちゃうよね?

 

A君、売る・・だろうな・・、まさかA店とB店はつながってるとか・・?

うん、あまり言えないんだけど、

実際にA店、B店は、結局親会社が一緒だったりして、

ウラで連絡を取り合ってるなんていう話もあるんだよね・・

 

A君、怖すぎるな・・

うん、でも一括査定サイトの場合は、

子会社同士が参加しても、同じお客さんから依頼が来れば、

2倍の紹介料金を一括査定サイトに取られてしまうので、

そんな手段は使う事ができないから、

そういう意味でも、一括査定サイトは良いサービスだとも言えるね。

 

A君 うーん、一括査定サイト使った方が良いかもね、でも、やっぱめんどくさいねぇ・・

高く売るんだから、

そんなことくらいがんばろうよ!

でも、いい売り方があるんだけど、

 

◆たくさんある一括査定サイトを比較してみよう

おれが買取店店長だった頃、最初から限界金額を提示しないと、

ど~しても買取成約できないお客さんがいたんだけど、

 

まず1つおススメとしては、

すっごいサイトがあるよ。

これは、一括査定サイトではなくて、

一括査定サイトのデメリットを完全に排除してできたサイトなんだよね。

 

まずこんな感じで、

だいたいの買取金額を表示してくれるんだよね。

 

A君 え、それめっちゃいいじゃん!

おれも車売ろうかどうしようか迷ってる部分もあるんだよね。

だから、いくらくらいするもんかな~って思ってたとこでもあるんだわ。

 

うん、でもこれだけじゃないんだわ、

 

・業者の限界価格、つまり最高額で売れる

・電話が殺到しない

・営業されない

・個人情報が一切漏れない

・すごくラクでかんたんで時間も手間もかからない

・価格も納得 透明性がある

・もちろん、無料で使える

車業界、ネット業界、ながくいるんだけど、

驚異的なサービスなんだよね。。

 

A君 す、すげーな、本当なの?

最高額で売れて、営業されなくて、無料なんて。。

今まで、ここまで徹底的に消費者向けなサービスは、

存在していなかったね。

ユーカーパック

というサイトなんだ。

 

A君 へえ~ ユーカーパック

 

これ、どういった仕組みになっているかと言うと、

細かい部分をいうと、

 

①まず申し込みをする。

この時、入力するのは非常に少ない情報だけでOKで、

住所は郵便番号を入れるだけだから、

サイト上で番地まで入力する必要はなし!

 

②申し込みをすると。

車の概算価格が表示される。

 

③すると相談デスクから連絡がくる。

いわゆる一括査定サービスは、

サイト上でかんたんな情報を入力すると、、

複数の買取店からジャンジャン電話がかかってくるでしょ?

でも、ユーカーパックの場合は、

ユーカーパックの相談デスクのオペレーターからのみ、

連絡が来る。つまり、1社しか連絡が来ない。

だからユーカーパックさん以外には、一切個人情報は漏れなくて、

買取店からの営業電話やメールも、一切無し。ゼロなんだ。

 

④査定を受けるかどうかはあなた次第

オペレーターに車の詳細を伝えて、

さらにもっと精度の高い値段を聞くのもありだね。

 

⑤査定の日時を予約する。

査定は、最寄りのガソリンスタンドに車を持ち込むか、

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらう。

もちろん査定は無料。

 

⑥実際に査定を受ける。

査定は、数十分程度。

お客さんはただ待つだけ、なんの営業も交渉も受けない。

ただ、査定してもらうだけ。

そこで、査定士の人が写真を複数取って、

査定表を作成してくれる。

 

⑦ユーカーパックさんがオークションに出品する。

ユーカーパックでは、2,000社以上の全国各地の車屋さんが加盟していて、一斉にオークション(セリ)をかけるんだ。業者同士が競争して、数日かけて、お客さんの車をどんどん入札していくんだ。

そこで、最高額の業者に売る。

業者同士が競り合うので、

営業の駆け引きをされるとか、一切無し。

最低落札価格も設定できるので、それも安心。

最低落札価格は、相談デスクに相談することも可能!

 

⑧落札後に、書類を用意する。

ユーカーパックさんが、売却するのに必要な書類を、すべて教えてくれるから、お客さんは、ただ指示された書類を用意するだけでOK。そして、車の引き取り日を決める。

 

⑨書類と、車を引き取ってもらう。

車の引取りは、もう完全におまかせだから、費用もかからないし、

指定した日時に引取りに来てくれるんだ。

 

⑩指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらう。

車と、書類を渡した後、指定の日時に振込してもらえる。

 

⑪売却後、名義変更が完了した車検証を送ってもらう。

必要があれば、名義変更が完了した車検証コピーを、

メールや郵送で送ってもらい、

確実に名義変更が完了した証拠をもらう事も可能だね。

まあ名変は確実にしてもらえるから、

気になるようであれば依頼しても良いかもね。

 

これで、終わり。

 

とまあ、本当に元業者である自分が言っても、

つっこみどころがないサービスなんだよね。。

 

A君 す、すごいサービスができたもんだな。。

業者同士が入札して競い合ってくれて、それは、確かにごまかしようがないよね?

 

うん、いわゆる業者専用のオークション会場の仕組みと同じだから、

本気で入札しないと、まず買えないワケ。

しかも、2,000社以上の加盟店がいて、

いまもどんどん加盟店が増え続けてるんだよね。

 

A君 す、すごいサービスができたもんだな。。

しかも、それだけ多くの加盟店が居れば、

それぞれの得意車種の車屋さん同士が競り合ってくれるってことだよね?

そう、まさにそのとおり!

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出車両専門店、ミニバン専門店、コンパクトカー専門店、四駆専門店、改造車専門店、高級車専門店、旧車専門店、ありとあらゆる、専門業者が争って入札をしてくれるよ。

だから・・、大手買取店はユーカーパックさんには加盟店として参加してないんだ。

そもそも、ユーカーパックさんから成約しても、専門業者同士が競り合うから、結局は高く買うしか無いとわかりきってる。大手は多くの経費がかかってる分、利益を沢山取らないとやっていけない、だから参加していないんだ。大手にとっては、目の上のたんこぶのサービス、だね。。

 

A君 確かに、大手買取店は脅威だろうね、このサービス。。

でも、なんで無料でできるんだ?

もちろん業者からお金をもらってるんだよ。

月額使用料とか、落札した車の台数に比例して料金をもらったりしてる。

いつも中古車店が仕入れに使ってる業者専用のオークション会場だって、

月額料金や落札料がかかるんだ。

だから、それと同じなワケ。

 

A君 なるほど、いやでもさ、車屋さんが仕入れで使うんだろ?

しかも安く買えないワケだ。

だったら、いつもの業者専用のオークション会場使えばよくない?

 

良い質問だね。

実は業者専用オークションって、

状態が良い良質な車を仕入れるのがけっこう難しいんだ。

出品する側の業者は、壊れている車や、壊れそうな状態の車を業者専用オークションに出品して、

買う側の落札店はそれを見抜けなくて、たまにそれにひっかかって、状態の良くない車を落札してしまう事が、けっこう多いんだ。業者専用オークションは、ババ抜きの様な世界で、

実は業者同士のだまし合いの場所でもあるんだ。

そういっただましに対する、目利きも必要で、慣れていても本当に難しい。

 

A君 うっわ。本当プロの世界なんだな。。こっわ。

でも、一般のお客さんから仕入れた車は、そういった確率が格段に低くなる。

おれ自身も車買取している時、お客さんのウソなんて、

素人だからすぐにわかるし、まずヤバい車をつかむことなんて無かったし。

だから、業者からも頼られていて、仕入れの一つの場所としてユーカーパックを使っている業者が本当に加速度的に増加している状況があるんだよね。

 

A君 なるほど。。でもさ、デメリットとかもあるでしょ。。?

もちろん、デメリットもあるよ。

少々、売るまでに時間がかかるんだ。これがおしい点だね。

査定して、オークションに出品して、という工程があって、

入札価格が上がるのを、見たいでしょ?

1日~2日くらいは出品予告をしてないと、ぜんぶの業者も気づかないしさ。

だから、売却までには1週間~2週間ほど、時間がかかってしまうね。

 

A君 そうかあ、じゃあすぐにでも売りたい人は難しいね。

うん、営業されたくない、個人情報も渡したくない、

時間もまだある、そういう人は、

ユーカーパックがおススメだね。

 

A君 いいね! でもじゃあ、早く売る必要がある人は、やっぱり一括査定しかないの?

そうだね、やっぱり、一括査定を利用するのが確実だね。

でも、使い方を工夫すればめんどうを結構避けれたりするから教えるよ。

 

こういった車の一括査定サイトって、実はいっぱいあるんだ。

買取店店長だった頃、4つのサイトに加盟店として登録をしたんだけど、

そのうちの3つは、結構安く買取成約ができるんだよね、。

 

A君 へえ、そうなんだ。

なぜかというと、大手買取店くらいしか、加盟店がいないんだよね。

大手買取店は、経費がかなり莫大!

店舗運営費、テレビCM、人件費、かなり膨大な経費がかかる。

ただ知名度はあるから、お客さんは集まる。

でも利益をたくさん取らないといけないから、

買取金額が安いんだよね。

 

A君 大手って安いんだな・・

いや、大手も、相手を選んでるだけで、

本気を出すと、むちゃくちゃ手ごわい相手になる。

最近は大手買取店も、

自分で中古車販売する様になったし、

海外輸出まではじめてるから、

時と場合にもよるんだけどさ。

本気を出すとやばいよ。

 

まあ、ケースバイケースだから、どの一括査定サイトも高く売れるんだけど、

比較的その3つのサイトのお客さんはたまに安く買えた事がある。

でも、たった一つだけ、どうしても限界金額を提示しないと、

買取成約できないサイトがあってさ、

さすが、リクルートが雑誌の時代から泥臭い営業活動をしてきただけあるな、と感じた。

カーセンサーネットの、自動車 無料一括査定サイト、

ここ経由だと、まず安く買う事は出来なかった。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

なぜかというと、加盟店数が、圧倒的に多い。

ほかの一括査定サイトを運営しているのは、

いわゆる最近はやりのITベンチャー企業なんだけど、

歴史が浅くて、単に、大手買取店や、

そこそこ有名な買取店だけを寄せ集めてサービスにしているのが実情なんだわ。

 

でもカーセンサーだけは、唯一、

安く買えなかった。

理由としては、買取店のみならず、

地元の中古車販売店、輸出業者、解体業者、新車ディーラーまでが

加盟店として参加していて、

こういった地場の会社が強い強い。

 

加盟店である業者に対しては、

欲しい車を選べるように設定してくれるのが、カーセンサーの特徴。

 

A君 なるほど、自分が得意な車種だけを選ばせてくれるから、

他の会社よりも高く買えるし、しかも競合になるから、

高い金額を最初から提示してくれるってことか!

そう、そういうこと!!

 

だから、ユーカーパックと同じように、

特定の車種だけ欲しいと思っている業者が多く加盟していて、

カーセンサーの査定依頼ページに進むと、

あまり聞いたことのない会社名が、表示される仕組みになってるんだ。

 

A君 おおー、それはすごい、ネット上で、

得意な車種が選ばれたときだけ、自分の会社が表示されるっていう仕組みなんかね?

そう、まさにそういうシステムがあるんだわ。

車種ごとに、聞いたことが無い会社が表示される。

そこが、自分の車種を、高く買えるポテンシャルのある会社だということ!!

 

で、カーセンサー経由のお客さんの場合、

大手買取店も、最初から強い競合他社が居る事が分かってるから、

本気を出してくる。

嘘でしょ? っていう買取金額を提示してきて、赤字になっている事も良く見かけた。

後から、大手買取店に買取成約を取られた車が、

業者オークションに出品されてるんだけど、

車体番号であの時のクルマだってわかるんだけど、

完全に赤字になってるんだよね。

 

ブランドイメージを守る為か、今後の将来の為か知らないけど、

カーセンサー経由の場合は、大手買取店は信じられない金額提示をしてくることが良くあった。

カーセンサーは集客力があるから、きっと頼らざるを得ない部分があるのかもね。

 

ハッキリ言って業者泣かせのサービスだけど、

売る人に取っては、非常に良いサービスだと思う。

 

A君 なるほど。。

あと、カーセンサーが優れている点は買取金額だけじゃなくて、

① 住所入力が不要なんだよね。

他の一括査定サイトは、多くが住所入力が必須だけど、

カーセンサーは、

ユーカーパックと同じように郵便番号を書くだけでOKなんだよね。

 

A君 それはいいな、じゃあ気に入った会社だけに、住所を教えればいいし、

住所を教えたくないなら、自分で来店したっていい訳だ。

そういう事だね。

あと、

 

② メールで対応を依頼できる

他の一括査定サイトもカーセンサーもそうなんだけど、

電話番号は必須項目なんだ。

ただ、カーセンサーだけは入力画面の途中に、「任意項目」 があって、

そこに、コメントを書き込める箇所があるんだけど、

ここに、「メールで連絡お願いします」 と一言書けば、

多くがメールで対応をしてくれる。

 

A君 たしかに、入力したら最後、

めちゃめちゃしつこい営業電話がかかってくるから、

これを回避できるのは、すごいいいなそれ!

でしょ? あとは、

 

③ しつこい営業を避けられる

売却時期がまだ先の場合、まずは参考となる価格が知りたいよね?

その場合、これも 「任意項目」 という個所に、売却時期 が書ける箇所があるんだけど、

ここで、未来のだいたいの売却時期を記載する事で、しつこい営業が来なくなる。

まずは、ざっくりとした相場金額をここで知る事も出来るし、

売るとなったらその時期に査定依頼も出すことができる。

こういう点でも、カーセンサーは非常に良いサービスだね。

 

A君 今乗り換えを考えてて、とりあえず大体の売れる値段を知っておきたい、

そういう時に査定依頼を出せば次の車の購入資金のめどが立ちやすいもんな。

そういうこと!

まずはカーセンサー使えば間違いないよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

A君 でもさ、一番重要な事だけど、

結局、どっちが高く売れるんだ?

そうだね、カーセンサーは、たまにあり得ない金額で売れることもある。

でも、ユーカーパックも、知り合いに加盟店の社長さんに聞くと、

入札が激しいし、得意車種を扱う会社が多くて、

結局相場より高く買ってしまった、という話も聞くね。

そういわれると、本当、甲乙つけがたいんだよね。。

 

他にもいろいろな車の売り方やサイトが、たっくさんあるけど、

この二つのどちらかであれば、

まず間違いない、と言えるから。

がんばって、高く売ってちょうだい!

 

A君、すっきりしたよ!サンキュー

あ、あとさ、ついででなんだけど、実は乗りかえも考えててさ、

車って、新車でも、中古車でも、安く買う方法ないの?

え、あるよ、もちろん。

でも、車を売るよりはぜんぜんかんたんでシンプルだよ。

じゃあ、先に他の一括査定サイトをざっと紹介するからよかったら見てよ。

必要なかったら飛ばして。

 

===============================

◆ その他のオススメ一括査定サイト

車の一括査定ってすごいたくさんあります。

上記では、カーセンサー、ユーカーパックが

僕のオススメですが、

まあ、どの一括査定サイトを使っても、

しっかり1社で決めないで、2社、3社、4社くらい比べれば、

なんだかんだ高く売れます。

 

それぞれ、特徴があるので紹介します。

 

① かんたん車査定ガイド

・東証一部上場の株式会社エイチームのグループ企業が運営する、一括査定サイト。

・申し込みをすると、「車の概算価格が表示される」

・よく、抽選で売却成立&アンケートに回答で10万円プレゼントをやってる。

・最大10社の査定依頼

・JADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)という、買取屋さん同士が運営している組合のようなところなんだけど、そこの参加企業だけで買取している。全国各地の有名店同士が参加しているイメージ。加盟店数は49社(2018年10月時点)

 

この、JADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)が参加している一括査定サイトとして、株式会社じげんが運営する車買取EX、株式会社メディア4uが運営する一括査定.comなどもあります。これらは、かんたん車査定ガイドと、まったく同じサービス内容になります。

 

 ズバット車買取比較

・株式会社ウェブクルー運営(色々な一括査定サイトを運営でめちゃ有名)

・車の一括査定をスタートしたのが2番目か3番目くらい古い老舗

・加盟店数が200社以上と多い

・申し込みをすると、「車の概算価格が表示される」

・よく、抽選で売却成立&アンケートに回答で10万円プレゼントをやってる。

・最大10社の査定依頼

 

③ カービュー

・ヤフーの100%子会社で古くから運営している自動車サイトカービューが運営

・車の一括査定を一番最初に世に広めた老舗の会社

・加盟店数が200社以上と多い

・最大8社の査定依頼

 

④ 楽天中古車買取査定市場

・楽天市場が運営

・売却成立すると、楽天ポイントがもらえる

・加盟店数が100社以上とけっこう多い

 

などなど、他にも一括査定サイトはありますが、

多くが、上記でオリジナルで運営している会社のサービスを借りて、

名前を変えてるだけのサイトなどが多いです。

例 価格コム車買取    ⇒ カーセンサー

車選び.comの一括査定 ⇒ カービュー

===============================

 

◆新車・中古車を安く買うには?

A君 新車・中古車を安く買う方法、やっぱあるんだ。

もちろん、個人売買で直接買うのが、一番安いんだけど。

面倒だし、怖いでしょ?

だから、業者から安く買うってことが限定になるんだけど、

 

車を売るときは、相場が分からないから、

安く買い叩かれたりしちゃうワケでしょ?

 

でも、車を買うときは、

新車だったら、新車ディーラーは、

みんな売値は決められてて、

あとは値引き交渉を、

また他のディーラーと競争させればいいわけだし、

 

中古車だったら、

それこそカーセンサーとかでも、

中古車サイトに何十万台も在庫車両が、

ネットで検索できるじゃん。

 

しかも、安く並び替える機能までついてるし。

昔は、諸費用でぼったくる事が多かった。

車って税金とか保険とか、整備費用とか、色々複雑だから、

そこを盛って諸費用でぼったくることもあるんだよね。

でも最近は中古車検索サイトでも、

諸費用込みでも表示してくれるし、

 

消費者が、最安値とかが分かるじゃん。

つまり、相場が見えちゃってるわけ。

だから、本当にそれが限界の安値なんだよね。

 

A君 なるほど、でもさ、

事故車とか、何か問題がある車だから安いんじゃないの?

いやー、今の時代、事故歴がある車を、

ウソついて売ったりしたら、もう会社終わるよね。。

そんなリスクのある事、まず聞かないけどね。

とにかく、大手とかはそんなこと絶対しないし。

中小でも、最近はまず聞かないね。

 

安い理由には、2通りあって、

・ 長期在庫で早く売りたい

・ 安く仕入れたから、安く売ってもOK

これだね。

 

長期在庫って、車屋さん本当にイヤなんだ。

そもそも在庫を持つ事自体が、どんな商売でも嫌でしょ。

ずっと売れないなら、早く現金にして、

次の車を仕入れたいから、

そういう時は、値段をぐっと下げて早く売りさばいちゃうんだよね。

 

A君 そりゃそうだな。

安く仕入れた車も、長期在庫になるくらいだったら、

さっさと売って利益確定して、次の車買ったほうがいいもんな。

そういう事。

安く仕入れた車は、安く売っても利益が出るから、

とにかく在庫の回転率が一番大事なんだよ。

 

だから、どんな商売もそうだけど、

安く仕入れて、すぐに売る

安く仕入れて、すぐに売る

これを繰り返すと、一番健全な経営状態になる。

もちろん高く売れることに越したことはないけど、

なかなか売れなければ、安くして早く売ったほうが、

会社にとっては得だ、ということだね。

 

で、一般の人が安く買うってことなんだけど、

業者が安く買った車を、狙うのが一つポイントかな。

 

A君 どういうこと?

あ、業者が、業者オークションから仕入れた車ではなくて、

買取りや、下取りで仕入れた車を、買うってこと?

そう!

 

買取店なんかは、1週間、2週間、

しばらく売れない車は、

利益が少なくてもよいから業者オークションに出品しちゃうんだ。

すぐにオークションに出品すれば、確実に、すぐに売れる。

少ないけど、確実に利益が取れるし。

 

そういった、車を狙うのがポイントだね。

なびくるプラス

例えばこういうサイトがあるんだけど、

ここは東証一部上場の株式会社エイチームさんのサービスで、

 

大手買取店が買取したてのほやほやの車を、

どんどん提案してくれるっていうサイトなんだよね。

 

欲しい車の、車種、年式、走行距離とかを

さきに入力しておくと、

同じような車を仕入れた際に、

どんどん提案してくれるサービスだね。

 

あと、大手のガリバーが運営している

クルマコネクト

っていうサイトは、

チャットでやり取りできて、

電話番号や住所入力も不要だからすげえいいよ。

 

ガリバーは毎日500台くらい新しい車がどんどん入荷するから、

チャットページで、希望の車種を入力したら、

入荷があり次第提案してくれるし、

ガリバーにとっても、入荷した車がすぐに売れるし、

お客さんにとってもわずらわしい、

電話などの営業マンとのやり取りが無いし、

一般に流通する前の車を見る事ができるし、

これは新しいね。

 

A君 へえ~、めちゃめちゃラクじゃん。

でも、高かったりしないの?

そこはさ、中古車サイトとかの最安値を

あらかじめ調べておきなよ。

予算をあらかじめ決めておくことだね。

で、実際そういう車がみつかったら、

連絡が来くるよ。

 

車を売る時って、相場が分からないから苦労するけど、

買う時って言うのは、

相場を知っているというのはお客さんにとって有利になるから、

「中古車サイトで〇〇万円だったから」

とか言えば、

業者にとっても、うーんまあいいか、

と思えるような金額を提示してくれることもある。

そうすれば、欲しい車が、ラクに安く買えるというわけ。

 

一般の市場に出回る前の車が安く買えるし、

買取店だって、オークションに売るよりも、

少しでも高く、消費者に直接売れるという

メリットもあるし、

これらもとても使えるサイトだね。

 

A君 へえ、ちなみに、新車は買えないの?

新車はやっぱ買えないね。

でもさ、新古車とか、未使用車はかえるよ。

 

A君 いまいち、新古車とか、未使用車って、

新車と何がちがうのか、わかってないんだけどね。。

え、そうか、けっこう知らないもんなんだな。

えーと、

 

新車は、

新車ディーラーでしか買えないんだ。

ネッツトヨタとか、日産プリンスとか、

ホンダカーズとか、

大通り沿いにあるでしょ?ああいうきれいな店。

 

工場からおろされたばかりの車で、

ナンバープレートがついていない車で、

まだ誰も、所有したことが無い車、

それを買う、

つまり初めてその車にナンバープレートがついて、

初めての所有者になるのが、新車ってこと。

 

で、新古車と未使用車は、

言葉が違うだけで同じ意味なんだけど。

誰もまだ乗ってないんだけど、

ナンバープレートがついてる車、

これが新古車と未使用車の意味。

 

車としては、

新車も、未使用車も、まったく同じクルマ。

新車は、ナビとか外装色、内装とかのオプションをカスタムできる。

新古車・未使用車は、

すでに在庫である新車だからカスタムはできない。

という違いもあるね。

 

A君 なるほど、でも何でそんな車が流通するんだ?

しかも、けっこう安かったりするじゃん、なんで??

えーと、まずなんで流通するのかというと、

例えば、新型の車が発売したとする、

そうすると、大元であるメーカーが、

つまり生産しているトヨタ、日産、マツダ、ホンダとか、

たくさん買ってほしいじゃん?

 

で、販売店である、

ネッツトヨタとか、ホンダカーズとか、

日産プリンスとかに、

いっぱい買って~

100台買ったら報奨金出すよー!

とか、

100台ノルマ達成してくれー!

と言われるわけ。

 

トヨタ、日産、本田、マツダ、

こういったメーカー(製造)と、

街の大通り沿いにあるネッツトヨタ、ホンダカーズ、日産プリンスなどの店(販売店)は、

まったく別の会社だからね。

 

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、などなどは、

車を造る、つまり生産をする会社。

ネッツトヨタとかは、

販売をするだけの販売会社、

完全に、まったく別の会社なんだ。

 

A君 うわ、なんとなくわかってたけど、

本当に違う会社なんだな。。

うん、例えば家電業界でも、

ヤマダ電気、ビッグカメラ、ケーズデンキ、

関西だとJOSHIN電気とか、

これらは、

ソニー、パナソニック、日立などの、

生産会社の製品を売るための会社でしょ?

それと同じ様な感じ。

 

たくさんメーカーから買えば、

ご褒美がもらえる。

 

クルマも似たような感じで、

えいやーって、100台とかを、

メーカーに注文するんだ。

 

で、売れ残った車とか、

つか、売れ残りがでる事を見越してあえて大量購入する。

そういう車を、

自分の会社の名義にして、

つまりネッツトヨタとかの名義にして、

ナンバープレート(車検)を取得するんだ。

もちろん、試乗車としての利用も数台ある。

 

仕入れた新車のうち、

売れ残るであろうという車を、

自社名義で、車検取得しちゃうんだ。

そうすると、新車ではなく、

法的には中古車になる。

 

でも、中古車ではなく、

新古車、未使用車、そういう言葉を使って

呼ばれるようになったというわけ。

 

A君 じゃあ、完全に新車といっしょじゃん。

特に、グレードとかカスタムとか、

細かいこだわりが無ければ、新古車でいいじゃん。

いや、本当にそうだね。

そもそも新古車として流通する予定で新車ディーラーが買った車は、

色は人気の黒、白、シルバーとかたくさんあるしね。

 

新車はさ、

自分で色とか、グレードとか、好みに応じて、

色々とカスタマイズができるでしょ?

 

新古車、未使用車はそれができないけど、

本当にこだわりが無ければ、少しだけ安く買えるからいいよね。

 

で、こういう新古車や未使用車って、

業者オークションに、ゴロゴロ出品されてるんだわ。

それらの車を、

日本中の業者が、買えるっていうワケ。

 

だから、さっき紹介した、

なびくるプラスやクルマコネクトでも、

新古車、未使用車が必要であれば、探してくれるぜ。

 

A君 それけっこういいな、

でも、保証とかって、どうなってるんだ?

そこが気になるな。

クルマって、製造から3年間は、

かならず保証がついてるんだわ。

だから、新古車、未使用車を、

例えば友達から買ったとしても、しっかり保証はついてる。

 

ただ、買ったあと、

必ずトヨタならトヨタ系の新車ディーラーに行って、

保証継承、という手続きだけ済ませればそれでOK

もちろん無料。

 

そこで、オイル交換や、次回の車検時などに応じた、

販売店がやっているメンテナンス保証も提案されるけど、

とりあえず、新車ディーラーは、お客との接点を持ちたいから、

そういう営業をするけど、

入ってもいいし、入らなくても良いし。

3年後の車検時に、また考えればいいと思うよ。

 

具体的に、中古車、新古車とか、

欲しい車がある程度めぼしついてるなら、

提案依頼してみてもいいね。

なびくるプラス

クルマコネクト

 

では頑張ってー!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ