【元 車買取店店長が教える】買取、下取り営業トークを完全攻略して高く売ろう!営業マン、査定士にだまされない方法

元買取店店長のサトーです。

その経験からわかりますが、

買取業者の営業トークは本当に怖いです・・

信じてしまうと、

安く買い叩かれてしまいます。

本当に気をつけましょう。

 

なので、

買取店の査定士(営業マン)の営業トーク攻略法を書こうと思います。

そして、めちゃめちゃかんたんに、

最高額で売却する方法を書こうと思います。

 

さて、まず大前提を言いますが、

・高価買取します!

・他社よりも20万円も高く買った事例あり!

・どこよりも高く買取します!

こういうキャッチフレーズを、

テレビCMや、ネット広告、

ラジオCM、雑誌、町の看板やチラシ、

よーく見かけますよね。

 

これって本当なのかな・・

 

 

はい、これは、

 

 

単なる客よせです。

 

 

え、まさか、、

ちょっと高く買ってもらえるかも。。

なんて、うすい期待を抱いていましたか?

 

そんな期待を少しでも持っていると、

たった1ミリでも期待してしまうと、

安~く買い叩かれちゃいますよ!

 

いいですか?

買取や下取りって、つまりは、

仕入れ

なんです。

※ 買取と下取りの意味 ⇒ 買取は、純粋にただ買取するだけです。下取りは、次の車を購入するお店に、今乗っている車を売る事です。あまり気にしなくて良いです。高く売ることだけ学んでおけばOKです。

 

この世の中のビジネス、商売で、

「仕入れを高く買いたい」

そんなこと思っている人や会社って、

あると思いますか?

 

世の中の商売って、

どんな商売でも、

安く仕入れて ⇒ 高く売る

この絶対法則に反した商売、存在しません。

 

もしあったとしたら、

すぐに倒産するので、

これは商売をしている以上、

絶対的な法則です。

 

どんな商売だって、

仕入れは、

安く買いたいんです。

 

実際車買取、下取りの業界では、

大げさではなく、

100万円くらい利益を持ってかれていることもよくあります。

ひゃ、100万・・?

はい、そうです。

 

契約して、すぐに業者オークションに出品します。

たったそれだけで、

たった契約から1週間後に、

業者オークションに出品するだけで、

100万円の利益が出る事はよくあります。

 

日本中のどこかで、

毎日100万円以上安く、

車を売ってしまっている人が存在します。

 

これにはカラクリがあって、

実は、日本人が手放す中古車の多くは、

海外に輸出されているんです。

業者オークションでは、外国人バイヤーが

めちゃめちゃたくさん来ていますし、

世界中からネットでセリに参加しています。

 

そこでは、海外相場が形成されており、

プロ以外は、想像できない相場があります。

海外には、車を自国に輸入するときに、

関税がかかることがほとんどなのですが、

その税金をかける基準が国ごとに違ったり、

毎年コロコロ規制が変わったりします。

 

例えば、

年式がたった1年違うだけで倍の値段がしたり、

同じ車なのに、

車体番号が違うだけで値段が天と地の差がついたり、

こんなの、プロでもなかなか読めないくらいです。

 

新車の輸入は禁止だけど、

中古車の輸入はOKなんていう国のバイヤーが買う時なんか、

新車よりも高く落札される中古車があったりします。

 

またはかなり古いポンコツなのに100万円以上ついたり、

素人ではまったくわかりません。

 

とにかく、

素人はしっかり賢く売らないと、

危ないです。

 

つい先日、友人と飲みに行ったときに、

「車を売ろうと思って、ネットで複数の買取店にお願いしたら、営業が何社も来て、めちゃめちゃ大変で、すげー疲れた。。しかも、高く本当に売れたのかどうか、ちょっとわからないんだよね。。」

という話を聞きました。

 

あ~あ、売っちゃったんだ。。

65万円で売ったとのことですが、

業者相場を見ると、

80万~90万くらい付いててよい車でした。

 

友人は落ち込んでいましたが、

興味津々だったので、

居酒屋で営業トークの話をして盛り上がりました。

 

今後そうならない様に、

また、ブログで書いたら面白いと思ったので、

いまから営業トークを会話形式で書きます。

 

その時友人と居酒屋で、

営業トークの実演をしたんですが、

「うわー!!それ言ってた!」

「ってかスゲー!何でわかるの?」

って言っていました。

 

そりゃあわかります。

プロですから。

 

では早速始めましょう!

 

買取店  ⇒ 普通の文字

お客さん ⇒ 青い文字

で、書きますね。

 

初めまして!〇〇買取店のサトーです!本日はお時間有難う御座います!

あ、どうも。。

 

お客様の車ですが、

ちょうど欲しいというお客さんが当社にいたので、

すっ飛んできてしまったんです。

突然で申し訳ありません。

あ、いえいえ、大丈夫ですよ。

 

有難う御座います。

では、早速お車を拝見したいのですが、

宜しいでしょうか?

あ、はい大丈夫ですよ。

じゃあ、今から車検証とか書類出しますね?

 

はい、お願いします!

 

====<補足コーナー>========

実は、このなんともないやり取りなのですが、実はもう色々なワナが仕掛けられているんです。

 

「まさにこの車を欲しい車がいるお客さんがいて、すっ飛んできたんです!」

⇒これは、後々にボディーブローの様に効いてくるセリフなんです。後から、今ちょうどその車を欲しいと言っているお客さんがいるから、この金額は今日しか出ない金額です、という即決に結び付けるための伏線を最初から用意しています。

 

「早速車を拝見したいので、よろしいでしょうか?」

⇒これを言われた次のお客様のアクションを見ています。さらっと車検証を出してくるお客さんは、すでに他社の査定を受けている、慣れている、という証拠です。まったく初めて査定を受けるお客さんは、車検証を自ら用意したりしません。この行動や表情などを、しれ~っとした顔でニコニコしながら、実はすっごい観察しています。

他社で査定を受けている人か、初めての人か、で営業のアプローチの仕方がガラリと変わるんです。

それを、判断しています。

今回のお客さんは、

すぐに車検証を自分で出してきたので、

すでに、「他社査定を受けた人」

ということが分かります。

 

もちろん、初めて査定を受ける人でも、

車検証を出してくる人はいます。

でも、動きとか、表情とか、

色々なところを見ると、分かっちゃうんです。

 

というか、ご丁寧に、

車検証が入っている整備記録簿に、

他社買取店の名刺が入ってたりします。

 

どうですか?

初対面のたった1分足らずで、

お客さんは色々な情報を提供しているんです。

すでに、

ワナにかかった状態という事です。

 

更に、これ以外にもすごいワナがあるのですが、

ちょっとウェブ上では書けないのと、

書ききれないのと両方あるのですが、

とにかく営業トークを続けますね。

 

もちろん最後に、

業者の限界金額を出してもらい、

ラクに、高く売る方法をお伝えします。

=========================

 

では車検証や、他の書類を見せてください。

はいどうぞ。

 

査定表に、お車の状態を書きますので、

車を色々見させていただきますね。

はいどうぞ。

 

ちなみに他社さんの査定受けてると思うんですが、

いくらぐらいの査定額でした?

え?いや、ああ、え~と、はは。。

いや~、ナイショですよ~^^;

↑ 補足:他社査定をすでに受けてるのが明白になりましたね

 

了解です!どうしてもお客さんの車買取させて頂きたいので、金額頑張るようがんばります!

はい、よろしくです^^;

 

〇〇さん、この車どうして売っちゃうんですか?

まだ乗れる車なんですが。

え?いやあ、実は新車の契約しちゃってさ。

 

新車ですか、いいですねー、

自分も新車買いたいですよ。

何を購入されたんですか?

え、ああ、子供が増えたから、ミニバンと思って、日産セレナ買ったんだよね。

 

お!セレナですか!いいですね~

セレナは売るときも高く売れるし、いい買い物だと思いますよ~

あ、そうなの、へえ~

 

お仕事は何をされていらっしゃるんですか?

え、いや、まあ、普通のサラリーマンですよ。

 

あ、すいません。

この仕事やってると、本当にいろいろな方々に会うので、すごい新鮮なんです。車を売却する方って業種とかまったく関係なく、本当に日本中のすべての業界の方々に会えるじゃないですか、だから自分はまだ車の査定士ってだけなんですけど、いろいろとお話しを聞かせて頂くのがとても勉強になるんです。どんな業種なんですか?

へえ、確かにそうですね、僕は製造業なんで、それ以外の業種の人ってあまり接点がないから、色々な話を聞けて良いね~

 

はい、そうなんです。いつか自分に本当にあった業種や会社に転職も考えているので、本当勉強になります。製造業なんですか!もしかして自動車メーカーだったりですか?

いやいや、自動車メーカーではなくて、電気メーカですよ。S社ですよ。

 

おお~、めちゃ大企業ですね、いいですね~☆ ちなみにどういったお仕事内容なんですか?実は、自分の親戚のおじさんもS社に勤めてるんですよ!

え?そうなんだ、自分は営業ですよ。

 

そうですか、自分のおじさんは営業ではなく、なんて言ってたっけな。。事務系だか、技術職だったかわすれてしまったんですが、まあ大きい会社だと誰が誰だかわからないですよね。

そうですね~、何万人もいるし、ほとんど誰だかわからないねえ。

あはは~、そうですよね~

 

====<補足コーナー>========

ここでは、他社査定がいくらだったのか?

を聞き出しています。

今回は、他社査定をほぼ受けただろう、

という予測のもとに、

「他社さんの査定額おいくらくらいでした?」

とわざとドキっとする質問をしています。

 

たいていのお客さんはこう言われると、

瞬時に対応ができないので、

あっさりと、

〇〇万だったよ。

とか、

今回のように、

ナイショ~

とか答えてくれます。

 

でも、他社の査定を受けたことが明白になりました。

これは、実は買取店にとってかなり良い情報なんです。

 

そして、他社よりも金額をガンバルと伝える。

これは、最初に書いた、

欲しいお客さんがいる事をさらに印象付ける為に、

「ドンピシャなお客さんがいる」

という事をアピールすることで、

金額をガンバル理由ができて、

後から話す即決トークの伏線なんです。

 

そしてそして、

なんともない、雑談話が続いていますが、

ここでは、

車の傷や状態をチェックしながら査定表を書いています。査定表を作成しながらお客さんと雑談をすることが、とても意味があります。面と向かって話すのではなく、車の査定表を作りつつ、自然な形でお客さんと雑談を続けています。

 

お客さんの職業など、どんどん突っ込んだ話をしていて、ちょっと失礼じゃないか、と思うかもしれませんが、査定士は、「色々な業種のお客さんと話せるのが楽しい、転職も視野に入れているから、本当に勉強になる」こんなことを言われたら、かなり自然ですよね。

 

そして、お客さんの会社名や職種まで聞けました。その後に、自分にも同じS社に勤めている親戚のおじさんがいる、という話をしています。(実際は架空の親戚のおじさんの話です・・)

 

この雑談で目的としていることは、

次の3つです。

① お客様と人間関係を築く事

② お客様と共通点を見つける事

③ 共通点を武器に、後からそれを武器にする事

 

怖いですよね。。

でも、これが現場です。

だって、

安く買うことに必死ですから。

安く買わないと、

営業成績は取れません。

 

どこの会社も買取台数なんか評価しません。

利益しかみません。

つまり、安く買いとったかどうか、

それしか成績になりません。

 

だから、安く買わないと、

会社からゴミの様に扱われます。

そういう業界です。

 

とにかく査定士は、

会社から利益だけを追求されます。

利益以外は、いりません。

やる気とか、頑張っているとか、

一切会社は見ていません。

利益しか査定士の評価はあり得ません。

 

① お客様と人間関係を築く事

雑談をして共感ができれば、親近感がわきます。単純に、それを狙って話しています。親近感がわくと本当にいろいろと突っ込んだ話がしやすいですよね。もちろん契約するためにしている行動ですが、半分は、本当にいろいろなお客様と話せることは楽しく非常にためになる事です。半分の気持ちとしては、わざと仲良くなろうとしているわけでなく、本当にお客様の事を(人として)知りたいし楽しいです。だからお客様にとっても、この査定士は自然体に見えますよね。沢山のお客様と商談して思うのは、やはり人間は、コミュニケーションを取ることが大好きな人がほとんどだと思います。

 

② お客様と共通点を見つける事

親近感がわいてきたお客様は、けっこう口数が多くなります。その段階になってきたら、「共通点」を見つけます。というより、「共通点」を作ります。。今回は、S社に勤めているおじさんが査定士にもいますよ、という共通点を、見つけた、というか作り上げました・・

 

③ 共通点を武器に、後からそれを武器にする事

親近感 ⇒ そして共通点

これがまた、後から契約にこぎつけるまでの伏線になります。伏線というか、ワナ です・・

 

※ これは、私が得意としていた営業トークの流れです。これは一つの事例であり、これ以外に無数にさまざまな営業トークが、お客様の状況によってカスタマイズされたものが存在します。これは、会社でマニュアル化されているものもあれば、独自で営業マン(査定士)が生み出したものもあります。これがすべてではないです。まあ皆さんにとっては、高く売る事だけが重要なので、おもしろかったら読み進めてください。

 

とにかく、この流れで雑談に持っていき、

これ以外にもたくさんの話をして、

人間関係をさらに熱くさせて、

共通点などを深堀したり、沢山見つけたりします。

 

また、テクニックとしての営業トークは

もちろんあるのですが、

そもそも、

営業マン(査定士)である自分自身が、

お客様と本心から楽しく話せているので、

そりゃあお客様も楽しめます。

 

自分の事を言うようでなんですが、

本当にうまい営業マンは、

自分自身も楽しんでいるので、

お客様も楽しくなります。

 

お客様は、

営業マン = 営業される

という身構えている状態だからこそ、

信頼を勝ち取ると、逆に、極端に、

いいヤツだなと、なりやすいんですね。。

 

家が近いとか、

いつも〇〇駅の〇〇居酒屋でよく飲んでるとか、

出身地トークとか、

出身学校トークとか、

奥さんの話とか、

子供の話とか、

趣味の話とか、

ビジネスの話とか、

 

というか、車を売る人って男性が多いんですが、

女性のお客さん用のトークも、

しっかりと用意されています。。

 

 

特に男性は、

この雑談で仲良くなってしまうと、

本当に奇跡?ミラクル?が起きてしまったりします。

 

ははは~、おもしろいね君、

家近いの?まあ機会あったら飲みにでも行こうよ。

↑ ここまでになるお客様もけっこう多いです。

 

とりあえず君に売るよ!

いくらくらいになる?

↑ こういうお客様も意外に多くいます。。

 

こうなったら本当にカンタンに契約できます・・

 

でも怖いですよね・・

ちゃんと高く売る方法は書きますので、

安心してください・・

 

さあ、商談は続きます!

=========================

 

いや~、〇〇さんとは色々と共通点が多いですね~

そうだね~、ははは~

 

なんかすいません、ちょっとお話が長くなってしまいまして・・

いやいや、ぜんぜん大丈夫だよ。

今日はなんとか時間取れるから。

↑ よく、会ったばかりの最初は時間ないって言われます。でも、人間関係をしっかり築くとこんな感じになります。。

 

有難う御座います!!何とか金額お出しできるように、本社に交渉しますから!

え?本社に聞くんだ、ああ、よろしくね。

 

これから、査定したお車の情報を本社に電話で伝えて、金額を待ちますので、もうちょっとお時間頂いて大丈夫でしょうか?

大丈夫だよ。

 

有難う御座います!

プルルルー(携帯で本社に電話をかけます)

あ、もしもしー、〇〇支店の〇〇です。今お車の査定が終わりましたので、車の情報を伝えます。いいですか?

↑ 本社というか、店長というか、本部的なところに電話をかけます。

 

本部  ⇒ おお、他社の値段聞けたか?

査定士 ⇒ いえ、聞けませんでした。

本部  ⇒ そうか、じゃあ車の情報を教えてくれ。

査定士 ⇒ はい、〇〇年式の、〇〇です。で、状態としてはあーだこーだで、こんな感じです。

本部  ⇒ なるほどー、まあ限界金額は、90万だな。

査定士 ⇒ だいたいそのくらいですよねー。

本部  ⇒ ああ、そんくらいだ、とりあえずなるべく安く買えよ!

査定士 ⇒ は、はいっ(汗) 了解しました!

本部  ⇒ とりあえず、50万くらいで指しとけ(指しとけ ⇒ 値段を言ってみろ)

査定士 ⇒ はい・・わかりました・・

本部  ⇒ 即決しろよ、即決できないなら帰ってくるな。

本部  ⇒ 契約以外の連絡は聞きたくない。

査定士 ⇒ はい!わかっております・・・!

本部  ⇒ 最悪でも80万円以下で買えよ。

査定士 ⇒ 了解しました!

ガチャリ。。

こういった電話を、

コソコソと、お客様に聞こえないように話しています・・

 

〇〇さん、今本部に車の情報を伝えました。

ああ、ありがとう。

で、どうだったの?

 

いえ、まだ金額を調べているのと、

欲しいお客さんに交渉しているので、

金額はこれからなんですが、

本部が言うには、

だいたい50万円くらいかなあ・・

とか言っていました。

え?ご、50万円くらい??

 

はい(汗)一応そう言ってはいましたが・・

ええ~、そんなに安いんだ。。

 

いやいや、とりあえずの値段なので、

これから本部に次のお客様と交渉してもらいますので、

これは本部が言っていた想定金額なので(汗)

あ、そう、、でも50万かあ・・

 

いやいや、これはあくまでまだ確定ではないので、

正式な買取金額ではないですからね!

そ、そう・・

 

ちなみに、どのくらいをお考えでした?(笑)

え、いやあ・・

 

もちろん、

他社さん、もっと高かった感じですよね?

え、あ、うん・・

 

実際おいくらだったんですか?

もし差し支えなければで結構ですので・・

え?あ、う~ん・・

ディーラーの下取りが55万円で、

他の買取店は、60万円って言われたんだよね・・

 

そうなんですか・・

いや、でも〇〇君に売ってあげたいんだけど、

さすがに50万だったらキツいなあ・・

 

もちろんそうです!他社よりも低かったら、

他社さんにお願いするべきですよ。

ただ、いったんの本社の金額を、

ざっくりお伝えしただけですので、、

すぐに連絡が来ると思います!

そうですか・・

↑ 人間関係も築けていたのに、共感もしてもらえてたのに、でも、金額が低いと、テンションは下がります。まあ人間そんなもんなんです。やっぱり金額です。そりゃあ当然の反応です。^^;

 

プルルルー

あ、本社(本部)から電話がきました!

もしもし~

 

本部  ⇒ どんな感じ?

査定士 ⇒ とりあえず、50万とは伝えました!

本部  ⇒ そうか、安く買えそう?

査定士 ⇒ 状況としては、悪くないです!

本部  ⇒ そうか!まあがんばれ!

査定士 ⇒ はい!

本部  ⇒ 他社金額聞けたか?

査定士 ⇒ ディーラー55万、他社60万です。

本部  ⇒ おお!そうか!じゃあ70万以下で落とせ!

査定士 ⇒ は、、はい・・

本部  ⇒ なんとか頑張れ!期待してるぞ!

査定士 ⇒ はい・・

本部  ⇒ 90万で利益ギリギリだから何とか80万以下では抑えたい、でももっと安く買えよ!

査定士 ⇒ なるべく、がんばります!

本部  ⇒ 頼むよ!

査定士 ⇒ はい!

本部  ⇒ つか、絶対に即決とれよ。

査定士 ⇒ は、は、はひ!!

本部  ⇒ 買えるまで帰るな!以上!

ガチャリ!

 

====<補足コーナー>========

なんか、本部(本社)怖いですよね・・

実際査定してみると、営業マン(査定士)は、ちょこちょこと本部とか、本社らしきところにコソコソと携帯で電話をかけます。これが、実際話している内容です。。

しかも、僕自身、慣れてくると本社の人間との電話がめんどくさいので、電話をかけているフリをしていました・・、本社もできる営業マンは信頼できるのでアドバイスはせずに、任せてくれます。だから、自分なりに相場は熟知しているので、いちいち本社に聞く必要なんかありません。自作自演の電話をフリをした演技をします。。

 

でも、なんでこんな面倒くさい事を

するのかと言うと。

 

まず、査定士は、

「50万円くらいです。」

という本社の意向を伝えます。

ただ、これは買取金額では無く、

あくまで本社がとりあえずざっくりの

相場を伝えた、という体で話をします。

 

これは、

 

本社が値段を決めるという事をアピールしています。

査定士は、

あくまで査定をするだけで、

値段は本社が決める。

という事を理解してもらうためです。

 

そして、

値段を決めているのは、

査定士本人ではなく、

本社がしていることだと言い、

つまり、

決裁権者は、本社だとアピールするんです。

 

だって、目の前にいる人が、

できるだけ安く買いたいからって、

最初50万円提示していて、

最後には80万円まで値段があがったりしたら、

 

「こいつ、ぼったくろうとしやがって・・」

ってイヤな気持ちになるじゃないですか。

だから、

あくまで金額を決めているのは、

本社や本部です。

という事をお客様に認識してもらうんです。

 

そして、人間関係を構築出来ており、

共通点まで探して仲良くなった人だから、

本社と交渉して金額をガンバル

というつじつまが合うんです。

 

そして、

本社が50万円と言っていた。

とお客様に伝えます。

 

そうすると間違いなく、

安いなあ・・

という反応をお客様はします。

 

これが重要なんです。

安いなあ・・

この反応。

 

査定士としては、待ってました!

という反応なんです。

 

その反応を得てから、

「他社さん、どれくらいでした?」

って聞くと、

 

正直に答えてくれるケースが多いんです。

〇〇万円だった。

とか、

 

最初は教えてくれなくて、

ナイショだよ。

とか言われますが、

 

人間関係を築いて、

共感も感じて、

信頼をし始めている人間には、

他社の金額を言っちゃうこと、

多いんです。

 

今回のお客様は、

新車ディーラーは55万円

買取店は60万円だった

 

これは、

買取する側にとって、

最高の情報です。

 

なぜならば、

本当は90万円で買っても良い車です。

でも、

他社の金額が最高でも60万円だった。

という事は、

これよりちょっとでも高く提示すれば、

契約できる可能性が高い、

という事を意味します。

すっごい情報です。

 

では続きに行きます。

=========================

今本社と電話しました。

今欲しいお客様と交渉させて頂いているとのことなのですが、他社さんの60万の金額ですと、販売前の整備や、次のお客様の保証などもあるので、厳しいみたいな事を言っていまして・・、

なので、今他のお客様にもあたってもらっている状況です。

 

そうかあ・・60万も厳しいのかあ・・

すみません、ただ今も探してもらってますので、

また連絡もらえますので!

 

値段ってそんなもんなんだねえ、

もうちょっと何とかならないの?

はい。。やはり販売するときは、整備費用や将来の故障リスクを加味した保証代金もあるので、けっこう厳しいんですよね。。ただ、もちろん僕も交渉しますので、とにかく連絡がすぐに来ると思いますので。

 

そうかあ、、

せめてもうちょっと何とかならないかねえ。。

ちなみに、65万円ならどうでしょうか?

もちろんOKしてもらえるかどうかは、分からないんですが・・

 

65万ねえ、うーん、せめて、

70万くらい欲しいかなあ。。

70万円ですか・・、うーん、、ではわかりました!!

ダメ元ですが、70万円なら即決して頂ける、という条件で本部と交渉してみましょうか?

あ、もちろん無理だったら本当申し訳ないのですが・・

ただ、当社の場合は、次の欲しいお客様を沢山ネットで集めているので、次に買うお客様に対して、今日この車を逃したらもう他はなかなか出てこないですよ~、と言うと、結構成約になる事もあるんです。

70万で交渉してみましょうか?

 

そうだね、70万なら良いかな。

じゃあ、それで話してみてよ。

了解しました! あっ、ちょうど本社から電話がかかってきました。

 

査定士 もしもし~

本部  おう、買えたか?

査定士 い、いえ、まだです。。

本部  さっさと買え!!

査定士 は、はい。。

本部  で、どんな感じよ?

査定士 はい、でも70万ならOKと確約頂きました!

本部  お、いいじゃないか、それだと20万以上は利益出るな

査定士 はい!

本部  65万円くらいまで落として買え!

査定士 ええ。。本当ですか。。

本部  当たり前だろ!なるべく安く買え!俺からは以上、あとは成約以外の報告は必要ない、どんなに高くても70万で買え、分かったな!!

査定士 は、はい。。

本部  以上、土下座してでも買ってこい!!

ガッチャン!!

ツーツーツー・・

 

そして、本部との電話自体は途切れてしまったのですが、査定士は、電話を続けたフリをします。。

 

以下、本部と通話しているフリです。

ここからは、

ワザと、お客様に聞こえる様に話します。

 

査定士が電話片手に勝手に話しています

↓ ↓

「何とか、75万円にならないでしょうか? 即決でしたら75万円でOKと言って頂いています!

お客様は70万でOKと言いましたが、75万と本社に交渉を頑張っている事をアピールしています。

 

「ちなみに僕の親戚と同じS社にお勤めだったし、店長の親戚の方もS社でしたよね? それは関係ないかもしれませんが、何とかならないでしょうか? とても状態は良い車なので、販売後のクレームが来る確率も低いと僕は思っています。どうでしょうか?  う~ん・・、そ、そうですか、、分かりました、お客様に聞いてみます。すみません、有難うございました!」

と、電話を切るフリをします。(すでに電話は切れていますが)

 

お客様、今本部と話しをしましたのですが、

うん、どうだった?

 

はい、なんとか金額出してもらおうと思いまして、75万円と本社に金額を吹っ掛けてみました^^;  ちょうどS社さんとの共通点も電話した店長もそういえば、親戚がS社だって聞いていたことがあったので、それも言ってみたんですが^^;  あと、お客様の車ですが、とても状態が良いのでその点もアピールをしたんですが、、 何とかしてあげたいけど、会社としては、本当70万ですら正直怖い、という金額の様でして、、65万円でお願いしてほしい、そう言われてしまいました。。

 

そうか、65万円かあ・・

本当、変に期待させてしまい、

努力不足で申し訳ありません。。

 

いやいや、

なんかがんばってくれてありがとうね。

いえ、とんでも無いです。。

 

そうかあ、65万ねえ、70万ならなあ。。

本当すいません。。

あ、すみませんっ!また本社から電話が来ました。

少々お待ちください。

 

あー、はいはいどうぞ。

 

※ 本部、本社、同じ意味なので気にしないでください。

 

査定士 はいもしもし。

本部  買えたか?

査定士 いえ、まだです。。

本部  65万じゃダメか?

査定士 はい、まだ、あともうちょいです。。

本部  じゃあ自分の営業成績のボーナスから出すって言ってみな。

査定士 は、はい、わかりました。

本部  まあ最悪でも70万な。

査定士 はい。了解しました。

 

お客様、今本社から連絡が来まして、

ちょっと、言いにくいのですが、

やはり65万で何とかして頂けないかと連絡をもらったのですが・・

どうでしょうか・・?

はは、そうか。。うーん。

 

ちなみに、実は僕自身営業成績がいま達成ギリギリのところで、達成すれば少ないですがボーナスがもらえるんです、なので、ほんのお気持ちになってしまうのですが、プラス1万円、ぼくのポケットからお出しして、66万なんて、失礼かもしれませんが、いかがでしょうか?

え、ポケットマネー?

いやー、それは申し訳ないなあ。

 

いえ!S社繋がりということもありますし、何とかお気持ちに沿いたいと思ってるので、僕はぜんぜんだいじょうぶです!

そ、そうかあ、

まあ、頑張ってくれたしね、

じゃあ、それでいいよ!

 

すいません!どうも有難うございます!

では、本社に65万円でOKと言っておきますね?

うん、それで宜しく。

 

査定士 もしもし

本部  どう?

査定士 65万でOKです!

本部  おお!やったな!でも、ちょっと強引だったかもしれないから、後からキャンセルされたら嫌だから66万出しておいて。で、ポケットマネーの話含めて67万円で決めておいて。契約書は67万円でいいから。で、1万円は給与から天引きされるとか言っておきな。

査定士 わかりました!

本部  契約書回収したら報告しろよ。

査定士 了解です!

ガチャリ

 

お客様、本社が65万ではなく、ちょっと少なくてあまり大げさにアピールできることでも無いんですが、66万円OKをもらいました。それで僕のポケットマネー含めて67万円でお願いできればと思います。

え?本当?いやいや、

1万円でもうれしいよ。

ありがとうね~

 

とんでも御座いません!

ただ、僕のポケットから出すのは会社としてまずい様でして、、報奨金から天引きしてもらうので、契約書には、67万円で記載させて頂きます。

まあそうだよね、了解!

 

では早速契約書を~

カキカキ、判子をポン

契約成立。

 

本当のギリギリは、90万だったんです。

それを、67万円で売ってしまった。

という話です。

 

 

どうでしたか?

これは私が昔によくやっていた手法で、

実はもっともっと沢山の営業手法があります。

これは、ほんの一例です。

 

===カンタンにまとめると=======

・お客様の普通の行動を、すごいチェックしており、いろいろな情報を、シレーっとした顔をして、実はすっごい見て、情報をゲットして、それに合わせた商談方法を決めます。

・お客様が営業に身構えているので、人間関係を構築し、共通点を作って、短い時間で信頼関係を構築します。

・それと同時に、あらゆる伏線(ワナ)をしかけます

・本社が金額を決めている事を認識させます。

・安い金額を伝えて、お客様の本音(他社金額を聞きます)

・〇〇万円なら即決OK、という言葉をもらいます。

↑これが相場の範囲内の金額だったら、99%成約できます。

・さらに、その希望金額から、値段を下げる交渉をします。

・で、契約成立となります。

とにかく、即決を取らなければほぼお客様は他社に売ってしまうんです。だから、これだけ作戦を考えて、駆使して、即決だけを狙ってきます。

これが1つの事例です。

=========================

 

というか、

慣れたスゴ腕の営業マンだと、

相場も知り尽くしているし、

本部に電話する必要もないので。

そういう人は、本当にすごいです。

実際うまい営業マンは、本社に電話もせず、自作自演でやりのけますし、心理学をしっかり勉強してる人も居て、お客様から情報を聞き出し、あらゆる状況を加味して、営業トークを自由自在に操ります。

 

でも、安く買い叩くこと自体、

お客様には申し訳ない気持ちになるので、

僕はけっこう高めに提示したりしていましたが・・

 

なので、こんな業界に嫌気がさして、

自分で買取店を作ったんです。

高く買ってあげたいと思って。

けっこう高く買っていたんです。

ただ、3年も持たずに、

見事に、会社を倒産させてしまいました。。

 

それだけ、厳しい業界なんです。

安く買わないと生きていけないんです。

悪い事と思う人も居るかもしれませんが、

どうしてもそうせざるを得ない業界です。

だから、どこもかしこも、

安く買う事に命をかけて来ます。

 

お客様は、

人生で数回しかこういう機会はありません。

プロの査定士(営業マン)は、

何千人も相手にしています。

とうていかないません。

 

 

それでは本題に入ります。

====じゃあ、どうすればよいのか?====

私が買取店時代に、

限界金額を出すしか買えなかった方法です。

実はシンプルで、

要は比べる、または競争させるという事なんです。

 

ここで一つ、

思いつくのが買取店めぐりだと思いますが、

それはやめた方が良いです。

1店1店、お店を回る行為は、正直危ないです。

 

どういうことかと言うと、

A店 という有名店に行きました。

そこで、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? この車はB店の得意分野の車なんで、うちはたぶん勝てないですね~、もしうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

な~んて言われたら、絶対B店に行きますよね。

 

そこで、B店に行ったら、

「お客さんの車を、ずっと探していたお客さんにマッチするので、即決していただけるなら60万円出します!」

こんな事言われたら、グラついちゃいますよね?

で、60万円を提示されて 売却成立したとします。

 

ところが、ふたを開けてみると、

このA店と、B店は、親会社が同じ会社で、

裏で打ち合わせをしていた・・

こんな事例が、実はあったりします。

かんたんに言うと、談合です。

 

そして、本当は100万円以上の価値があった…

という訳です。

これは一例ですが、

これ以外にもたくさんの仕掛けがあり、

さすがにここでは書けないんです。。

とにかく業界未経験の人はとても危ないです。

 

私がプロとして買取店をやっていたとき、

限界金額を出さないとダメなお客さんが居ました。

おススメの売却方法は、2つあります。

 

◆まず一つ目です。

業者どうしで、値段を競り合ってもらう事です。

え、そんな事ができるの?

と思いますが、はい、できるんです。

すごいサイトがあります。

 

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

しかも、、これだけじゃないです。

・業者の限界価格、つまり最高額で売れる

・電話が殺到しない

・営業されない

・個人情報が一切漏れない

・すごくラクでかんたんで時間も手間もかからない

・価格も納得 透明性がある

・もちろん、無料で使える

車業界、ネット業界、長くいますが、

本当に驚異的なサイトです。。

 

今まで、ここまで徹底的に消費者向けなサービスは、

存在しませんでした。

ユーカーパック

というサイトです。

 

これ、どういった仕組みになっているかと言うと、

細かい部分を書きます。

 

①無料査定の申し込みをします。

この時、入力するのは非常に少ない情報だけで、

住所も申し込み時には、番地まで書かずにOKで、

郵便番号だけでOKなんです。

個人情報は買取店に一切もれません。

ユーカーパックさんにだけ行きます。

 

②申し込みをすると。

車の概算価格が表示されます。

 

③相談デスクから連絡がきます。

ここではもちろん営業されません。

ユーカーパックの相談デスクのオペレーターからのみ、

連絡が来ます。

※ ユーカーパックさん以外には、一切個人情報は漏れません、買取店からの営業電話やメールも、一切ありません。ゼロです。

 

④査定を受けるかどうかはあなた次第

オペレーターに車の詳細を伝えて、

より正確な買取相場を聞くのもありです。

 

⑤査定の日時を予約します。

査定は、最寄りのガソリンスタンドに車を持ち込むか、

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらいます。

もちろん、無料です、完全に。

 

⑥実際に査定を受けます。

査定は、数十分程度。

あなたは、「ただ待つだけで」なんの営業も交渉も受けません。

ただ、査定してもらうだけです。

そこで、査定士の方が車の写真を撮影し、

査定表を作成します。

(とうぜん、車は乗って帰って大丈夫です)

 

⑦ユーカーパックさんがネット上の業者オークションに出品をします。(車は乗ったままです)

打ち合わせした希望日に、

勝手に出品してくれますので、

一切手間はかかりません。

ユーカーパックでは、2000社以上の全国各地の車屋さんが加盟していて、一斉にオークション(セリ)をします。業者同士が競争して、あなたの車を、どんどん入札していきます。
これから加盟店はもっと増えていくでしょう。

そこで、最高額の業者に売ります。

勝手に業者同士が競り合うので、

営業の駆け引きをされるとか、一切ありません。

ネットで入札状況をリアルタイムで見れます。

最低落札価格を下回っていれば、

売らなくてもOKです。

(最低落札価格は、実際の業者相場を見ているユーカーパックの担当者さんと相談できます)

 

⑧落札後に、書類を用意します。

ユーカーパックさんが、売却するのに必要な書類を、すべて教えてくれます。あなたは、指示された書類を用意するだけです。そして、車の引き取り日を決めます。

 

⑨書類と、車を引き取ってもらいます。

車の引取りは、もう完全におまかせなので、費用もかかりませんし、

指定した日時に引取りに来てくれます。

 

⑩指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらいます。

車と、書類を渡した後、

指定の日時に振込してもらいます。

 

落札金額まるまるが、振り込み金額になります。

車って、実は車体の金額のほかに、自動車税や消費税などの金額がありますが、

これらはすべて含まれた金額になっています。

普通に新車ディーラーで下取りする時も、

大手買取店で売る時も、同じく含まれた金額になっています。

まあ画面で表示された落札金額が、あなたの口座に振り込みされる金額、

とだけ覚えておけばOKです。

 

⑪売却後、名義変更が完了した車検証を送ってもらいます。

必要があれば、名義変更が完了した車検証コピーを、

メールや郵送で送ってもらい、

確実に名義変更が完了した証拠をもらう事も可能です。

まあ名変は確実にしてもらえるので、

気になるようであれば依頼しても良いかと思います。

 

これで、終わりです。

 

とまあ、本当に元業者である自分が言っても、

つっこみどころがないサービスです。。

まず業者同士が入札形式で競り合うというのが、

そもそも業者専用のオークション会場の仕組みと同じなので、

ごまかしようがありません。

限界まで入札しないと、買えないわけですから。。

 

しかも、加盟店が2000社以上って・・

更にどんどん増えてるという事ですので、

あなたの車種に特化した、得意な車種を欲しいと思っている業者同士が戦ってくれます。

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出業者、解体業者、ミニバン専門店、コンパクトカー専門店、四駆専門店、改造車専門店、高級車専門店、旧車専門店、ありとあらゆる、専門業者が争って入札をしてくれます。

なので、大手買取店はユーカーパックさんには加盟店として参加していません。

そもそも、ユーカーパックさんから仕入れをしても、専門業者同士が競り合うので結局は高く買うしか無いとわかりきってるので、参加していないんです。大手にとっては、目の上のたんこぶのサービスです。。

それが、高く売れる場所であるという、確たる証拠ですね。

 

なんで無料でできるのか?

これは業者からお金を頂いているからです。

月額使用料とか、落札した車の台数に比例して料金をもらっているためです。

仕入れを頼っている業者専用のオークション会場だって、

月額料金や落札料がかかります。

それと同じなんです。

 

でも、業者にとっては高く仕入れる場所なのに、

なんで業者はユーカーパックを仕入場所として頼るのかと言うと、

実は通常の業者専用オークションって、

良質な車を仕入れるのがけっこう難しいんです。

出品者側の業者は、壊れている車や、壊れそうな状態の車をうまく隠して、わざと業者専用オークションに出品します。

買う側の落札店はそれを見抜けなくて、たまにそれにひっかかって、状態の良くない車を落札してしまう事が、けっこう多いんです。業者専用オークションは、ババ抜きの様な世界でもあるんです。

でも、一般のお客さんから仕入れた車は、そういった変な車を仕入れる確率が格段に低くなります。

壊れている車は、査定表に壊れている車として出品されますから、

業者からも頼られていて、仕入れの一つの場所としてユーカーパックを使っている業者が本当に加速度的に増加している状況があります。

 

ユーカーパックのデメリットは?

でも、デメリットもあります。

これだけがおしいのですが、

少々、売るまでに時間がかかる事です。

査定して、オークションに出品して、という工程があるので、

1週間~2週間ほど、時間がかかってしまう事です。

 

急いでいる人は、

二つ目の売り方、

複数の買取店で比べる方法で売りましょう。

 

 

◆二つ目の売り方です。

いわゆる、ネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

1つ、一括系サイトの中で、一番のおススメサイトがあります。

 

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

私が買取店店長だったときは、

新規のお客さんが欲しいので、

色々な一括査定サイトに加盟店登録をして利用していました。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも日本中にたっくさんの一括査定サイトがありまして、

私は買取店時代に、4つのサイトに加盟店登録をしていました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

さすがリクルートが、雑誌だけだった時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

さっきも紹介しましたが、カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

業界、一括査定系サイトの中では、

圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

大手買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

ユーカーパックと同じように、あらゆる専門店や、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

 

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、

欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

新しい車、高級輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、SUV、軽自動車、ミニバン、

などなど、どんな車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

 

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

ユーカーパックと同じく、郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこで「メールで連絡お願いします」と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、ぜひ売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

車を売るんだったら、

一括査定サービスはカーセンサーが最もおすすめです。

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

まとめます

なので、すぐに売りたい人は、

カーセンサーで査定依頼したら、すぐに売れます。

 

営業されたくない、個人情報も渡したくない、

時間もまだちょっとある、そういう人は、

ユーカーパックがおススメです。

 

結局どっちが高く売れるのか?

カーセンサーは、

私は安く買えたことは、ほぼありませんでした。

ユーカーパックは、

そもそもが業者同士で競争入札をするので、、

当然、どんな業者も限界まで出してきますから、

最高額で売れない理由がないです。

 

うーん、本当、甲乙つけがたいです。。

他にもいろいろな車の売り方やサイトなどはありますが、

この二つのどちらかであれば、

まず間違いない、と言えます。

がんばって、高く売りましょう!

 

 

おまけ

◆新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?

やはり、永遠のテーマですよね。

安く車を買いたいっていうのは、誰しもが思うところです。

 

まずは、中古車を安く買うには?

買う時は、売る時よりもラクで、

安く買う事は可能です。

逆に車を売る時は、

適正な相場がわからないから苦労しますが、

買う時は、ネットでいっぱい同じような車が、

値段がしっかり表示された情報があふれています。

 

そして、欲しい車をネットで調べてみたり、

実際見積りを問い合わせてみると、

「だいたい限界はこのくらいの金額なんだな」

と想像がつきます。

そして、

さらにもうちょっと安く買いたいのであれば、

実は、これも買取専門店さんから買うと、

結構安く買えたりするんです。

 

買取屋さんは、

直接消費者から仕入れるため、

業者オークションの相場よりも、

安く仕入れています。

 

しかし、世の中の、街の中古車屋さんって、

仕入れの多くは、

業者オークションから購入しているんです。

 

普通の車の流通は、こんな感じです。

売る人 ⇒ 買取屋さん ⇒ 業者オークション ⇒ 町の中古車屋さん ⇒ 買う人

という流れです。

 

買取屋さんの場合

売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  買う人

という感じで、「業者オークション」をすっと飛ばして

売る人 ⇒ 買う人

へのダイレクト販売ができるんです。

 

実際、「業者オークション」が間に入ると、

いわゆる中間コストがかかるため、

1台で10万円~20万円、

それ以上コストがかかったりします。

 

なので、最大手の買取専門店さんは、

今では、日本一の中古車販売台数にまでなりました。

でも、もともとは買取専門だったので、

昔は販売は断られてしまうくらいだったんです。

 

ずーっと買取屋さんは、

消費者から安く仕入れたら、

すぐにオークションに売却する。

を繰り返していました。

 

安く買取 ⇒ オークション売却

安く買取 ⇒ オークション売却

これを、ずうーっとこれを繰り返して商売していました。

 

というのも、車ってやっぱ高い商品だからです。

何百万円もする、高い車を、

何千台、何万台も在庫で持っても、

商売としてリスクしかありません。

 

なので、本当は在庫で車を持つよりも、

すぐに利益が確定できるのであれば、

さっさと売ってしまいたいんです。

だから、買取をしたら、

すぐにオークションに出品して利益を得て、

そのお金で、また次のお客さんから車を買取する。

という流れをしてきました。

 

そして、

中古車販売台数が日本一になっても、

やはりすぐにオークションに売却する車の割合の方が多いんです。

 

大手の買取店では、

一か月で1万、2万台の買取車両の入荷があります。

それを在庫でずーっと保管するとなると、

売れない車も出てくるわけですから。

とんでも無い台数を抱える事になるので、

・買った車を販売するまでの現金化に時間がかかるし

・保管場所も必要だし

・管理する人や仕組みも必要だし

 

在庫を抱えるという事が、

非常に会社の経営を悪化させる要因になります。

だから、中古車販売台数はとても多いのですが、

多くの車は、業者オークションに売ってしまいます。

 

でもただ、当たり前ですが、

買取店だって、

できればもっと高く売りたいのが本音です。

 

業者オークションに出品するよりも、

一般のお客さんに売ったほうが、

やっぱりぜんぜん高く売れるんです。

 

本音は、高く売りたいんです。

消費者に直接売りたいんです。

 

なので、最近の大手買取店は、

資金も増えたこともあり、

本当に販売に力を入れるようになりました。

 

何年も、

買取 ⇒ すぐにオークション出品

買取 ⇒ すぐにオークション出品

これを、ずっと繰り返してきたので、

ある程度在庫を保有できる余裕資金ができたんです。

 

買取専門店は、安く仕入れている分、

販売するときに高く売りたいのは本音だけども、

最悪安く売っても、利益が出ます。

 

だから、

中古車を買取専門店から買うと、

一般の中古車店から買うよりも、

うまく交渉すれば、

安く買えるというワケです。

 

買取専門店は、

ある程度利益が出るのであれば、

買取した車を ⇒ すぐに売りたい

常にそう思っています。

 

そのため、今はインターネットで、

買いたいというお客様のオーダーをいつも集めています。

オーダーに合致する車が仕入れられれば、

「仕入れましたよー!」

とお客さんに提案をして、

 

買取した車 ⇒ オークション

ではなくて、

買取した車 ⇒ オーダーをもらったお客さんに販売

これを強化しています。

 

なので、最近では大手の買取専門店では、

買取した車を、1週間~2週間だけ、保管するようになっています。

その間に、

オーダーをもらっているお客さん

がいれば、すぐにマッチするので、

業者オークションには売らず、

直接、消費者に販売する事を実現しています。

 

クルマコネクトというサイトがあります。

新しい、中古車購入のマッチングサイトですね。

 

これは、大手買取専門店のガリバーの、

買取したてのほやほや車両を提案してくれます。

毎日何百台も買取車両が入荷しますので、

まだどこにも流通していない

入荷した買取車両をどんどん提案してくれます。

 

買取店は、仕入れた車をすぐに現金化したいので、

利益が確定できる様であれば、

すぐに成約したいのが本音です。

 

お客さんにとって見たら、

まだ市場に流通する前の未公開車両を、

先にオーダーを出すことで、

安く買うことが可能です。

買取店はこういった事前のオーダーを集めているんです。

 

しかも、たいていこういうサービスやサイトって、

電話番号、住所の入力が必須なのが普通なんですが、

クルマコネクトの場合は、

なんと、

・名前

・メールアドレス

・パスワード(6文字以上 適当な数字または文字でOK)

の3つだけなんです。

 

または、下記の様に、

フェイスブックアカウント

ヤフーアカウント

グーグルアカウント

で登録することもできます。

 

で、登録後は、

車種、年式などのかんたんな欲しい車の情報を入力すると、

入荷があった時などにお知らせしてくれます。

 

こういったサイトやサービスって、

登録した後に、バリバリ営業を受ける事が多いですが、

そもそも、名前、住所、電話番号を入力しないので、

ぜんぜん営業されません。

自分が欲しい車を登録したら、

提案を待つ という感じなので

お客さんの都合で商談できるのは非常に良いですね。

 

その時に大事な交渉材料として、

「相場感」があれば、

交渉は有利に進められると思います。

 

売るときと違って、

買う時は、

さっきも書いた通り、

相場情報を、今はネットで見る事ができます。

日本の最大級の掲載台数がある、

中古車検索グーネット

でも利用すれば、相場なんてすぐにわかります。

 

自分がねらってる車を、

「安い順で並び替える」

をすれば、最安値がすぐにわかります。

実際、安い順で並び替えると、

安い金額帯の車は、

① 修復歴車(事故歴あり)である場合

② 長期在庫で早く売りさばきたい車

③ 安く仕入れた車

であることが多いです。

 

修復歴車は一応除くとして、

ねらい目は、修復歴が無い

② 長期在庫で早く売りさばきたい車

③ 安く仕入れた車

の車になります。

 

車を売る人と、買う人、って、

買う人、の方が交渉を有利に進めやすいんです。

そのときに重要なのは、

「相場観」です。

 

グーネットを見れば、

安い価格帯はここなんだな、

というのがすぐにわかりますので、

その金額を参考にして、

 

「〇〇万円なら買います」

という交渉をされると、

売る人は、すっごい悩むんです。

 

売る側としては、

「うーん、いい金額ついてくるなあ・・、でも、業者オークションに出品するよりも利益が出るし、すぐに買ってくれるなら決めちゃおうかな。。」

こういう心理が働きます。

 

買取店としては、安く仕入れているし、

すぐに在庫をさばきたいし、

相場を把握していれば、

「じゃあこの金額でOKです」

となる可能性は高くなります。

 

ただ、明らかに安すぎる金額提示をしたら、

飽きれて相手にされなくなったりしますので、

ワザと安すぎる値段を言うのは避けて下さい。

 

業者だって、利益を取らないと、

ご飯を食べていけませんから。

なので、業者が、

「うーん、、〇〇万円かあ。。いい値段ついてくるなぁ・・、このまま売れなければ、業者オークションに出品して、少ししか利益がでないからなあ、すぐに買ってくれるって言うなら、〇〇万円でもいいかあ。。」

こういう思考にさせないとダメです。

 

その金額帯というのが、

ネットで検索して安い金額帯にある車

という訳です。

元々中古車販売をやっていた僕自身の感覚で言うと、

その金額より、

若干安めの金額でも売ってくれる可能性は高いと思います。

「〇〇万円ならすぐに買います!」

って言われると、販売する側は、本当に弱いです。

 

何か検討中の車があるのであれば、

先にオーダーするのも良いと思いますよ。

クルマコネクト

 

新車を安く買いたいなら?

未使用車、新古車って知ってますか?

ちなみに、未使用車も新古車も、

同じ意味なので、気にしないでください。

 

未使用車、新古車とは、

新車ディーラーさんが、販売台数を稼ぐために、

わざと多めに製造メーカー(トヨタや日産など)に発注した、

余った車になります。

 

※ ちなみに、意外に知らない人が多いので説明しますが、町の通り沿いにある、ネッツトヨタとか、日産プリンス、ホンダカーズ、とか色々な新車ディーラーのお店を見かけますよね? あれって単なる販売店であって、車は造ってないです。

本当に車を造って製造しているのは、トヨタ、日産、ホンダ、等々の製造メーカーです。

新車ディーラー = 販売している会社

製造メーカー  = 製造している会社

まったく別の会社です。

知っている方は、基礎的な事ですみません。

 

なんで多めに発注するのかというと、

たくさん注文すると、

製造メーカーから、報奨金がもらえたりします。

 

ヤマダ電機などの大手家電量販店とかと同じ原理ですね。

テレビを数台発注するのではなく、

100台とか、1000台とか、

ロットで注文すれば、

ソニーなどの製造メーカーから報奨金がもらえる。

その仕組みといっしょです。

 

なので、新車ディーラーさんも、

製造メーカー(トヨタ、日産等)から、たくさん買うんです。

 

じゃあ売れ残った新車をどうするかというと、

車検を取って、業者オークションへ、出品するんです。

車検を取得すると、その車は新車ではなく、

中古車、になります。

ただ、誰も乗ったことも無い車なので、

「未使用車」とか、「新古車」という名前がついています。

 

製造メーカーと、新車ディーラーの取り決めで、

あまった新車を格安販売したり、

新車の状態(ナンバープレートが付いてない状態)で、

販売してはいけないんです。

なので、わざと車検を取って(中古車)にするんです。

そして、主にオークション市場に流通させます。

 

いったい新車とどう違うの?

新車は、車検がついてない

つまり、ナンバープレートが、

まだついていない車で、

色とか、オプションとか、内装とかを、

オーダーできるんですね。

それが、いわゆる新車です。

 

新古車、未使用車は、

一般的な人気色の、

白、黒、シルバー、

などの色で先にディーラーが在庫で持つんです。

なので、外装や内装などのカスタマイズはできませんが、

その分、新車よりも安く買えることが多いんです。

 

そして、

最初から、新車ディーラーの名義で車検を取るんです。

車検を取ったらナンバープレートが付いて、

一度、所有者がディーラーになるので、

ぜんぜん走行していなくても、

中古車 という扱いになります。

 

でも、中古車という定義はおかしいので、

未使用車とか、新古車、

と呼ばれています。

そして、

新車よりも安く買えるケースが多く、

 

こういった車が、

業者オークションにはたくさん出品されており、

世の中の中古車販売店は、新車は売れないけど、

新古車、未使用車なら売ってもOK。

というワケです。

 

ただ、保証はどうなるの?

はい、保証は新車ディーラーで買うのと、まったく一緒です。

新車は、ディーラーでなくとも、

中古車店から買っても、友人から買っても、

3年間は、ガッチリメーカー保証がついています。

新車ディーラーさんで買うのと、

まったく何も変わりません。

 

新古車、未使用車を買った後、

その車をどこでも良いので、

新車ディーラーのお店に持ち込んでください。

新車保証継承の手続き(無料)をします。

「保証継承したいのですが」

と言って、最寄りの新車ディーラーに持ち込めば、

これでOKです。

 

そして、こういった未使用車が、

業者オークションにはたくさん流通しています。

どこで買えるのか?というと、

どこの中古車屋さんでも買えます。

 

地元のおっちゃんが運営している

中古車屋さんに行けば、

業者オークションに買い付けてもらえます。

ただ、手数料をいくら取られるかは不明ですが。

 

まあ・・なんか不安・・

そう思う方は、大手買取店さんに、

業者オークションから、

新古車、未使用車を買い付けてもらう事も可能です。

なので、先ほど紹介したクルマコネクトでも、

新古車、未使用車が欲しいと書けば、

業者オークションから仕入れてもらう事もできます。

 

くどい様ですが、新古車、未使用車は、

ちゃんと保証は3年間は付いています。

ただ、必ず、保証継承をする必要がありますので、

買った後にディーラーさんに持ち込んでくださいね。

ではがんばってください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ