【車のローンは組めます!!】ブラック、自己破産、任意整理、個人再生などの債務整理経験者でも、頭金ゼロレベルでも大丈夫!

元買取店&中古車販売店店長のサトーです。

ブラックでも、自己破産者でさえも、

もちろん個人再生、任意整理した債務整理した過去がある人でも、

車のローンは組めます!

 

「ブラック 車のローン」

とかをヤフーやgoogleで検索すると、

いろんなサイトが出てきますが、

みーんなどのサイトも口をそろえて、

ローンは組めない

ローンはかなり厳しい

って書いてあって、正直おどろきました・・

 

いやいや、組めるから・・何言ってんの?

どんだけデタラメ情報ばかりだったり、

無理みたいな事ばっかり書かれてるの?

と、マジでムカついてしまいました。

だって、僕自身がクルマ屋だった時に、

しっかりローン組んであげてましたから。

現場を知らない人が、サイトに記事書くな、と思います。

 

こんな検索キーワードで検索してくる人は、

どうしても車が必要なのに・・

どうしてもローンを組まないと買えないのに・・

必死で、何とかしたいと思って検索してくるのに、

 

⇒ 結局無理です。

なんてサイト意味ねーだろ!!

って思いませんか?

 

いやいや、ローンは組めるから!!

実は、僕自身も恥ずかしながら、債務整理経験者です。

何としても車が必要で、

しかもお金が無いからローンを組む必要があって、

だから、そういう気持ちは痛いほどわかります。

 

なので、何とかしてローンを組めるように、

裏ワザというか、やり方を書きます。

 

 

① 一般的な自動車ローンは組めるのか?

・銀行系の自動車ローン

・信販会社系の自動車ローン

などなどが組めるのか? という事をまず書きます。

 

キャッシング、カードローン、事業で失敗、などなど

今の日本人のとんでもない数多くの人たちが、

債務整理経験者です。

 

もちろん、こういうブログを見に来るあなたでしたら、

当然知っていると思いますが、

債務整理経験者、延滞がつづいているブラックの人

こういった人たちの情報は、

CICやJICCなどの信用情報機関に名前がバッチリ掲載されるわけです。

そして、全国の金融機関に情報が共有されます。

 

こういった金融機関から借りるのは、

当然審査があって、信用情報機関でチェックをします。

だから、まず無理です。

というよりも、そんなこと、十分わかっていますよね?

 

もちろん、定期収入がしっかりある連帯保証人が居れば、

審査は通ると思います。

でも、そもそもそういった連帯保証人がいないし、

そもそも、そんなこと人に頼みたくない、

きっとそう思っている方がほとんどだと思います。

 

なので、通常の自動車ローンの組み方では、

まず無理、と考えるのは、他のサイトと同じ意見です。

 

 

② 僕自身が車屋時代に、ブラックでもローンを通した経験を書きます

僕は、実は車屋になる前に、

日本中の中古車屋さんに、インターネット広告を利用した

集客のお手伝いをする会社でサラリーマンをしていました。

その時に、出会った中古車販売店の社長さんが、

とても印象に残っています。

 

なんと、そこの中古車販売店さんは、

ブラックや、破産者などを専門に中古車を売っている会社でした。

 

ええ? そんな商売・・大丈夫なのか・・?

はい、最初はそう思いましたよ。

 

「社長、なんでそういう商売しているんですか?」

「ってか、それで会社大丈夫なんでしょうか?」

どストレートにそういう質問をぶつけました。

 

社長からは壮絶な人生の話を聞きました。

じつは、その社長さん、

過去に事業に2回失敗して、

大きな借金を抱え、一家離散し、

一度はホームレスにまでなったこともあるそうです。

まるで、ドラマの様な人生を歩んだ人がいるんだ・・

そう思いました。

と、言うよりも僕自身も、事業を始めてから似たような状況になったのですが・・

てか、経営者なんて、多くが似たような経験してますよね。

 

社長は、そのあと見事な復活をとげます。

2度目の事業の大失敗で、家族にも見放され、

家も失い、残ったのは、1台のポンコツの軽自動車だったそうです。

事業で一旗あげてやる!

という野望を持ち続けてきましたが、

もうコテンパンに打ちのめされ、もう気力も失いましたが、

家が無いので、ポンコツの軽自動車で生活しながら、

何とか仕事とアルバイトを掛け持ちして、一人でコツコツ貯金をしたという事です。

完全に、雇われの人生に戻ったワケです。

 

そういった生活をしていく中で、

そのポンコツ軽自動車が、めちゃめちゃ大切なもの、

と気づかされたんだそうです。

 

だって、

・ 通勤の手段として利用できる

(けっこう田舎だから、徒歩や自転車では無理な距離)

・ 家として使える

(冬は暖かく、夏は涼しい、家賃が無い)

・ 家賃が無いから、けっこうお金が貯まる

確かに、家なんかなくても、本気でお金貯めようと思ったら、

クルマだけで十分かもしれません(笑)

軽自動車なんてなおさら、本当にお金かかりませんし。

なので、1年くらいで200万、300万円貯まったんです。

 

社長は、本当にこのポンコツ軽自動車があったお陰だと思ったそうです。

でも、会社が倒産し、家族に逃げられて、手元に3000円くらいしかないとき、

さらに、このポンコツ軽自動車が無かったら、

正直どうなっていたかわからないな・・

と思ったそうです。

 

そこで、社長はハッとひらめきます!

あ・・、おれと同じように思ってる人、絶対にいるはずだと。

きっと、車が欲しくてもお金が無くて買えない人、

ローンを組めなくて買えない人、

とにかく、どうしても車が必需品で、なんとしても手に入れないと、

生活がそもそもストップしてしまうような人が、

世の中には、絶対にたくさん居るはずだ!

 

そこで眠っていた起業家魂がまた復活します。

もともと中古車屋を失敗した経緯があったので、

知り合いの車屋さんにお願いして、

業者オークションを使わせてもらえるように頼みます。

そして、買った在庫を、家賃を少し払う事を条件に、

お店にも並べてもらいます。

 

(業者オークションでは、軽自動車やコンパクトカーのポンコツ車両が、

ごろごろあって、5万とか、10万とかでいくらでも落札できるんです。

もちろん、ぜんぜんしっかり走ります。)

 

こういった、一般の人はまず買わないであろう安~い中古車を、

手元にあった200万くらいを使ってどんどん買ってお店に並べたんです。

しかも、

ブラック、破産者大歓迎!!

ローン組めます!頭金1万からでOK!

こんな看板を掲げて販売を開始しました。

 

当然みんな審査が通らないので、

ローン会社を通しません。

なんと、社長の自腹ローンを組ませるんです。

 

そうすると、1日も立たないうちにお客さんが

わんさか来てくれて、

こ、これはいける!

と思ったそうです。

 

「でも、お客さんに逃げられたら・・どうするんですか?」

と僕は社長に聞きました。

いや、お客さんも、ちゃんと話せばわかってくれるという自信があったそうです。

 

いつも契約をするときは、

社長の過去の話をお客さんにして、

「絶対に裏切らないでね、信用するよ、僕にはリスクしかない、延滞の時は、必ず連絡してね。」

そう優しく、厳しく伝えるそうです。

お客さんは社長の経験と完全に共感ができるお客さんばかりなので、

絶対にお客さんは裏切らない、そう思ったそうです。

もし、ずっと延滞になった場合、

クルマの所有者名義は、社長の持ち物なので、

最悪の場合、クルマの回収もできるんです。

 

ただ難しいのは、

み~んな分割払いなので、なかなかキャッシュが完全に

黒字化するには、時間がかかります。

でも、必ず1年、2年後には黒字化するはずだ!

と自分を信じて、

お勤めで働いたお金のほとんどを使って、

新しい在庫をどんどん買って、それをどんどん売って、

を繰り返し、とにかく攻めて攻めて攻めまくります。

 

普通に考えたら、

こんな危ない経営、どんなだよ・・

と思いますよね。

 

そういえば、ソフトバンクの孫さんが、

ボーダフォン買収したときも、同じ超危険な経営だったと思います。

でも、絶対できる!という自信があって成し遂げたんだと思います。

規模がそもそも違いますけどね。。

 

で、その社長さんとお会いしたときは、

すでに成功されてた時だったのですが、

なんと、過去に1000台以上を自腹ローンで販売してきて、

逃げた人は、何人だと思いますか?

 

な、なんと、

 

ゼロ人!!

という事です。

す、すげえ~!!!

 

しかも、延滞しそうなときは、

必ず一本電話をしてくれるそうです。

 

当時お会いした時の社長は、すでに成功されていて、

社員アルバイト含め、7,8名くらいいました。

月に50台くらい販売されているそうです。

そして、お客さんの中にはどんどん生活が安定してきて、

普通の車もオーダーするようになってくれる人も沢山いらっしゃる、

という事でした。

 

僕はその時20代の若造でしたが、

本当に涙がでてきそうなくらい、

社長の話を、2時間くらいずっと聞いていました。

 

 

③ 僕自身も、自腹ローンを良くしていました。

僕は、30歳の時に、サラリーマンを辞めました。

そこで、中古車の買取店&販売店を始めたんです。

 

社長の話をよく覚えていたので、

たまに、お客さんでブラックや破産者の方がいるのですが、

そういった方に、同じように自腹ローンを組んで車を売ったりしていました。

もちろん、高価な車の場合、僕の運転資金が持たないので、

安い車限定でやっていました。

 

ただ、僕の場合家族が居て、借金で経営をしていたので、

どんどん運転資金が焦げ付いてしまい、結局は倒産、

そして債務整理をすることとなってしまった経緯はあります。

 

でも、僕が売ったお客さんでも、

逃げてしまったお客さんは、ゼロでした。

もしローンが払えなくなった場合でも、

クルマの所有者名義は、僕なので、最低限のリスクは守れます。

だから、うまく経営をしていれば、

ブラック、破産者の方へ、自腹ローンを組むなんて言うのは、

ひとつの立派な儲かるビジネスモデルとして成立します。

 

 

④ 自腹ローンの車を、どこで、どうやって買えばよいか?

社長や僕自身、完全に個人から始めたエピソードを書いたので、

自腹ローンと、ここまで書いてきましたが、

一般的には、「自社ローン」と言います。

 

自社ローンとはつまり、

ローン会社の審査は通さずに、

その車屋さんの運転資金、資産を使ってローンを組む、

という事です。

 

なので、審査は完全に、その車屋さん(会社)独自の審査があり、

その審査は、会社によってぜんぶ違います。

一般的には、下記の条件を満たす必要があります。

 

・ 仕事をしていて定期収入がある、そしてそれを証明できる事

(通帳の給与振り込み明細や、自営業の場合はしっかり収入が入ってきている証明)

・ 車庫証明の取得が可能であること

(クルマの保管場所の許可を警察署で得る必要があり、駐車場スペースがある必要があります、地方によっては不要なところもあります)

・ 運転免許証があること

などになります。
どんな車でも購入可能なのか?

これはNOです。

その人の収入に見合った金額帯のクルマだけになります。

 

 

じゃあ、どこで自社ローン対応の車を買えるのか?

これは、有名なサイトで多くの方が知っていると思いますが、

カーと言えばグーでおなじみの、グーネットや、

リクルートのカーセンサーの、大手中古車検索サイトで買う事ができます。

 

グーネットの場合だと、下記の様にページ内に、

検索ボックスがあります。

「プリウス 埼玉」

と下記の画像の検索ボックスに書いてありますが、

そこに、

「自社ローン」

って入力して、検索ボタンを押してみてください。

グーネットはこちらから

 

カーセンサーの場合も同じように、

ページ内にある検索ボックスに、

「自社ローン」

って打ち込んで検索してみてください。

カーセンサーはこちらから


 

「自社ローン」

で、検索をかけてみると、

自社ローン対応OKの在庫が何千台と出てきます。

それが、自社ローンOKの会社の在庫車両になります。

 

もちろん、審査が問題なければ、

在庫以外の車を、業者オークションから、

希望の予算で探してきてくれますので、

なにも、掲載されている車だけでは無いので安心してください。

欲しい車と、予算を販売店さんと相談しながら決めてもOKです。

 

ここからが特に大事!審査の条件が整えば買えるのか?

これはNOです。

というのも、車屋さん(会社)によって、審査基準が異なるという点です。

それよりも、買う人が、

人として信頼できるかどうか

これが超重要となります。

 

だって、車屋さんは、リスクしかないワケです。

逃げられてしまったら、おしまいなんです。

いくら所有者名義は車屋さん名義になっていたとしても、

連絡つかず、とんずらとなってしまえば、

どうしようもないワケです。

 

まあお客さんに逃げられて、

クルマ屋さんが詐欺として刑事事件として申し立てれば、

ナンバーも車体番号もバレてますし、

警察に追われてしまうので、逃げようもないっちゃあ無いんですが、

それでも、クルマ屋さんはショックだし、大きな手間、時間がかかってしまいます。

 

だから、人としてどうなのかを一番重要視します。

 

なので、クルマ屋さんによっては、

絶対にお会いした人ではないと自社ローンはしません!

とか、そういう審査基準がある店もあります。

もちろん、遠方の場合だと、

電話、メール、書面のチェックだけで審査OKのところもあります。

 

大事なのは、しっかりとした人間性を伝えましょう!

サイトの在庫お問い合わせをするときに、

しっかりコメントを書くんです。

 

「自社ローンで買うので見積ください」

こんな一言だと、ハッキリ言って、たぶんアホかもな・・

って思われちゃいます。

 

「自社ローンOKとの記載を見まして、問い合わせをさせて頂きました。お恥ずかしながら、一度債務整理をした経緯があり、通常のローンが組めない状況にあります、定期収入もあり、見積もりや、購入できる価格帯の車両など、ご相談できればと思っております、よろしくお願い致します。」

このくらいしっかり書きましょう!

 

あと、対面で会うときもめちゃ大事です!

しょーもないかっこうで行くよりも、

何もスーツまで着なくても良いので、最低限身なりを整えて、

言葉づかいも気を付けて、信頼に足りうる人間だと思ってもらえる

ようにして行くのがベストです!

 

 

自社ローンの審査すら通らないと言われてしまった・・

結局、連帯保証人をつけろと言われてしまった・・

定期収入もあるし、証明書も出して、車庫証明も取得できるのに、

自社ローンの審査でも通らないと言われてしまった時、

それは、人間性を疑われた可能性は高いです。

 

実際僕自身が販売をする時にそうでした。

自社ローンは常に用意していましたが、

こんな人には、ウソをついて断っていました。

・ あきらかに見た目がヤンキー、ヤクザ、だらしない人

・ 言葉遣い、礼儀、ちょっと無いんじゃないかって人

・ 俺はお客様だぞ的な人

・ 問い合わせメールややり取りがちゃんとできていない人

・ 何か、この人は約束守らなそうだな、という人

 

見た目がヤクザ的な人でも、すごく誠実な人も居ました。

そういう方は喜んで自社ローンを受けた経緯もあります。

でも、身なりは最低限怖がられないとか、だらしなく思われないようにした方が良いですね。

 

販売店さんは、色々なお客さんを見ています。

特に、自社ローンOKの会社なんかは、本当にいろいろな人を見ています。

なんとなく、経験上わかるんですよね。

あ、この人はダメだな・・

という人。

 

そういうお客さんには、

「先日逃げちゃったお客さんが居て、保証人必須にしたんです、すみません」

とかなんとか言って、逃げます。

会ってないでメールのやり取りでおかしいな、という人には、

「独自の審査基準で通りませんでした」

とか返答します。

 

とにかく、最低限しっかりした人だと思われるように意識して、

メール問い合わせや対面商談をしてみてくださいっ!

 

グーネット、カーセンサーの検索ボックスに、

「自社ローン」

と書いて問い合わせしてみてください。

カーセンサーはこちらから

グーネットはこちらから

先ほども書きましたが、在庫以外でも、

オークションで様々な車種をオーダーできます。

柔軟に対応してくれますので、相談してみましょう。

 

 

あと、めちゃめちゃ大切な事を書きます。

今乗ってる車ありますか?

乗ってる車が無い人でも、将来めちゃ重要です!

最高に高く売る方法を書きます。

 

というのも、今乗ってる車も、

売り方次第で、めちゃめちゃ高く売れる可能性があります。

今売る車が無い人も、大切なので読んでください。

え?どうせポンコツだし?

いやいや、海外需要が常にあることを、

みなさんは知りませんよね?

ポンコツが、びっくりする様な金額で売れたりするんです。

 

無事に審査OKをもらって、

「自社ローンで車を買えそうだ!しかも今乗ってる車も下取りで高く評価してくれたし、このお店に売る車もいっしょに依頼しちゃお~!」

とか思ったら、

危険信号です。

 

僕も、今だから言えますが・・

実は自社ローンを組みたい、そう思っているお客さんって、

けっこうおいしいんです。

カモ とか思われたりしています。。

 

どういうことかと言うと、

自社ローンの審査を、

「あなたを信頼して、僕もリスクを取って自社ローン審査通します!」

こんな事を言われたら、

審査通るかな・・と不安だった分、

めちゃめちゃ嬉しいですよね?

つか、この販売店とか、営業マンを信頼しちゃいますよね?

 

そこで、

「今乗ってる車も、〇〇万円で下取りします!任せてください!」

なんて言われたら、売っちゃう人多いんです。

だって、お客さんもう信頼しちゃってるから。。

 

これ、ひどいな~

とか思うかもしれませんが、

どんな会社も、利益を追求してるんです。

それが実際のところです。

だからこそ、しっかり高く売りましょう!

 

 

え? こ、こんな車がこんな値段で売れるの??

僕は、海外輸出を専門として事業をしていました。

実は、日本の中古車って、海外で死ぬほど人気があるんです。

 

日本人が手放す車で、

10年、15年古くて、

10万キロ、20万キロ走った車、

こんなの、普通に考えたらポンコツもいいところですよね。

 

でも、海外に行くとびっくりしますが、

車を30年くらい使いますし、

100万キロくらいまで乗ります。

 

もう、日本人とは車に対する考え方の次元が違うんです。

 

アメリカやヨーロッパの先進国でさえ、

20年、30年乗って、

数十万キロまで普通に乗ります。

国土も広いし、ガソリン代も安いし、税金も安い。

 

反対に日本は、

国土は狭い、ガソリン代高い、税金も高い、

しかもどんどん新しい新車が発売される。

だから、すぐに車の価値が下がる。

 

多くの海外諸国は、車を生産してないんです。

世界中の国で、車を生産している国は、ごくごく限られた国です。

しかも、品質は圧倒的に日本がダントツというか、

ダントツ神話がありますし、実際本当に日本車を欲しがります。

 

だから、日本の中古車業者オークション会場に行くと、

びっくりするんですが、

外国人バイヤーだらけなんです。

一般の人にはまったく縁のない場所ですが、

業者オークション会場、めっちゃめちゃデカいです。

海外スーパーのコストコの何倍もあります。

デカいイオンモールよりもデカいです。

西日本だとゆめタウンよりデカいです

 

オークション会員は食堂が無料なんですが、

外国人メニューまでそろっています。

 

それだけ、日本の中古車は、世界中のバイヤーが欲しがっています。

 

そこでまず驚くのが、

古いし走行距離多いし、めっちゃポンコツじゃん、

という車が、バンバン値段が吊り上がっていって、

100万円を超えたりします。

 

一般の人だったら、

まあ、無料で引き取ってくれるだけマシか・・

そんな風に思っていたクルマが、

な、なんと100万円で売れた。。

こんな事が、毎日おこっています。

 

車屋さんとか、買取店とか、

いわゆる、業者さんって、

消費者の無知がお金になる

とも言えるんです。

 

「まあ、どうせ廃車だろうし、無料で引き取ってもらうか、少しでも値段がつけばラッキーかな。」

こーんな事思ってる人。

要注意です。

業者でしか絶対にわからない、海外相場があるんです。

 

で、実際海外相場を見ると、

なんと、100万円くらいで落札されている車という事もあります。

 

海外では、各国に車を輸入する時に、

いろいろな規制があるんですが、

年式規制、車体番号の規制などなど

同じ車でも、年式がたった1年ちがうだけで、

車体番号がちがうだけで、

値段がぜんぜん違ったりします。

 

そういった海外需要がある車を、

お客さんにうまいこと言って、1万、2万で買って、

オークションに売ったら100万円!

とか、よくある話なんです。

 

車の買取店って昔はまったくなかったですが、

2000年超えたくらいから、どんどん増えて、

株式上場までしている会社もでて、すごく大きくなりました。

これってつまり、利益がでてる。という事です。

さらに言うと、安く買って、高く売ってる、という事です。

 

買取りとか下取りと買って、

結局は、業者にとって、仕入れなんです。

 

この世のどこに、仕入れを高く買いたいと思ってる企業があるでしょうか?

どんな企業だって、

安く仕入れて、高く売る事だけをしています。

それが会社というものです。

例外は一つもありません。

企業が成長している、何とか維持している、

という事は、

安く仕入れて、高く売る事をしている

という事です。

それがうまくいかないと、すべての会社は倒産します。

 

だから、どんな車屋さんだって、

できるだけ、安く買いたいんです。

とにかく、安く買う事に命をかけてるくらいです。

 

買取店とかって、

営業マンの成績をどうやって決めているかと言うと、

買取台数ではないんです。

完っ全に、

利益で成績を決めています。

 

月に20台買って、200万の利益をだした営業マンよりも、

月に10台買って、400万の利益をだした営業マンを評価します。

 

とにかく、安く買える営業マン(査定仕)は、

どんどん出世します。

そして、成績の伸びない営業マン(査定士)は、

人間と思えないほどの扱いを受けます。

 

それくらい、利益追求体質なんです。

つまり、安く買う事だけが求められてるんです。

だって、買取、下取りする営業マンって、

つまり仕入れ担当ってことですから、

安く買わないと、存在する意味が無いんです。

 

だから、本当は100万の価値がある車なのに、

お客さんが車の価値を知らない事を利用して、

1万円とか、2万円とか、

うまいこと言って買うんです。

 

一台で100万円の利益が出ると、

社内ではほめられてしまうんです。。

まあこれが良いとか悪いとか抜きにして、

本当にこういった事をしないと、

会社が倒産してしまうんです。

 

実際、僕自身こういった仕事がイヤで辞めて、

自分で買取店を作りましたが、

けっこう高く買っていたので、

倒産して、債務整理をするハメになってしまいました。

 

一般の人では、素人では気づかないように、

色々なうまい営業トークを使って、安く買います。

 

ちなみに、お客さんの中でも、

「自分は営業マンだからそのくらいわかる」

とか言う人も居ますが、

そういう人に対応した営業トークなんかも用意されてるくらいです。

と、言うより、そういう人ほど、

けっこう簡単に安く買えたりするんですよね。

 

 

じゃあ、どうすればよいのか?

車を高く売る事は、実はシンプルで、

要は比べる、という事なんですが、

普通に比べるのでは、高く売れません。

 

また、非常に危険な行為として、

1店1店、お店を回る行為が危ないんです。

 

どういう事かと言うと、

A店 という有名店に行きました。

そこで、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? この車はB店の得意分野の車なんで、うちはたぶん勝てないですね~、もしうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

な~んて言われたら、絶対B店に行きますよね。

そこで、

「お客さんの車を、ずっと探していたお客さんにマッチするので、即決していただけるなら60万円出します!」

こんな事言われたら、車に愛着があった人ほど売っちゃいますよね?

で、60万円を提示されて 売却成立したとします。

 

ところが、ふたを開けてみると、

このA店と、B店は、親会社が同じ会社で、

裏で打ち合わせをしていた・・

こんな事例が、実はあったりします。

かんたんに言うと、談合です。

 

そして、本当は100万円以上の価値がある、という訳です。

これは一例ですが、

これ以外にも沢山の仕掛けがあり、

さすがにここでは書けないことなどもあり、

とにかく業界未経験の人はとても危ないです。

 

 

私が買取店時代に、どうしても安く買えないお客さんがいました。

限界金額を、出すしかないんです・・

 

やはりネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

同じ親会社で、違うお店は、加盟できませんので安心です。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも色々な一括査定サイトがありまして、

僕は買取店時代に、4つのサイトに加盟店登録していました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

 

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

流石リクルートが、雑誌の時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

業界、圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないです。

大手買取店や、各地方ごとのある程度大きな買取店くらいしか、参加していません。

 

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

特定の車が欲しい業者だけに依頼できたり、

 

新しい車、輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、などの車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

こういうところが、実はすごい強いんです。

 

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

 

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、僕も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこでメールで連絡お願いします、と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、是非売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

愛着のある車だからこそ、

僕が加盟していたカーセンサーを利用するのが最もおススメです。

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

 

 

もう一つオススメとして、面白い一括査定サイトがあります。

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

 

ここは、

株式会社エイチームさんという、

東証一部上場している会社さんが運営しているサービスで、

かんたん車査定ガイド さんです。

 

ネットで概算価格を教えている査定サイトは、ここだけですね。

結構リアルな業者オークション相場をサイトへ反映しています。

車によっては、かなり金額に幅がありますが・・

まあ幅があるという事は、本当に幅があるので、それだけ正直に表示している証拠です。

輸出の相場変動があるので、しょうがないです。

 

ちなみにこのサイトは、加盟店数が最も少ないサービスなんです。

ただ、JADRI(日本自動車流通機構) という組合があるのですが、

ここに参加している会社以外は、参加ができないサービスになっています。

 

僕も買取店時代に参加したかったのですが、

自分で経営していた弱小買取店のときは、加盟ができませんでした・・

 

参加している会社は、

ガリバー、アップル、カーセブン、カーチス等の大手買取店はもちろん、

関西はハナテンさん、西はビッグモーターさん、中部はネクステージさん

等の上場企業さんや、超高級輸入車屋さんなどが参加しており、

かなり敷居が高く、有名店のみで固めているサイトです。

 

街の中古車屋さんは不安・・

 

こういった方には、こちらのサービスが良いかもしれません。

大手買取店は、最近では独自に海外輸出をするようになりました。

以前は、業者オークションにすぐに転売するだけの商売だったのですが、

僕が買取店店長をしていた時代と異なり、

輸出もするし、国内販売もする様になり、

ガリバーさんなんかは、中古車販売台数が今や日本一だそうです。

一昔前は、まったくしていなかったのですが・・

 

なので大手買取店同士でも、競合が居るとガッツリ値段提示してきます。

未だ買取店に働いている友人に聞くと、昔と違って競合他社が多く、

特にネット経由のお客様の場合、なかなか安く買えなくなっており、

買取店は本当に生き残りをかけてがんばっていますね。

 

まあ売る人にとっては健全な環境になって来た、という事でもあります。

先ずは査定依頼をしてみましょう。

かんたん車査定ガイド

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ