【プロが教えます】車を売却や下取りする時の消費税ってどうなってるの?納税義務は?車買取査定の消費税について

元買取店店長のサトーです。

下記の様な質問、よくありました。

 

「車を売るときって、消費税ってもらえるの?」

「車を買取店や新車ディーラー、中古車店に買取や下取りする時は消費税ってどうなってるの?」

 

結論から言いますと、

しっかり消費税はもらえます。

もらえると言うか、

しっかり消費税を加味した金額で買取、下取りしてくれます。

 

ただ、こういったサイトにたどり着いたあなたは、

きっと、

ヤフーやグーグルで、

「車売却 消費税」

こんなキーワードで検索されたのではないでしょうか?

 

プロから言わせると、

正直こんなこと、どうでもいいんです。

消費税の詳細は後ほどしっかり説明しますが、

もっと気にしなければいけない事ありますよ!

という事です。

 

どういう事かと言うと、

こんな細かい金額のことを気にするよりも、

しっかりと適正価格で、

高く売ることを考えなければならないからです。

 

最初から過激な事を言いますね。

世の中の業者はすべて、

買取店、新車ディーラー、中古車販売店、輸出業者、解体業者、

ありとあらゆる、車を買取、下取りしている会社

すべてにおいて、

あなたの車を、

 

安く買い叩く仕事という事です。

安く買いたいと思っています。

安く買い叩きたいと思っています。

ぼったくりたいと思っています。

何としても、どうにかして、

どうしても、

安く買いたいと思っています。

 

あらゆる業者にとって、

買取、下取りとは、

仕入れなんです。

 

この世界のどこに、

仕入れを高く買いたいという業種、会社があるでしょうか?

どこの会社だって、

仕入れは安いほうがいいんです。

 

製造業だって、飲食店だって、スーパーだって、

みんなみんな、原価を下げる事で一生懸命ですよね。

車屋さんもまったく一緒で、

仕入れは、いいものを安く。

そう思っています。

 

ぼくは以前、買取店に勤務していたのですが、

お客さんにウソをついたり、

あらゆる営業トークを駆使して、

安く買い叩いていました。

ごめんなさい。。

 

でも、そういうのがとてもイヤでした。

本当は、もっともっと高く買えるのに、

安く買わないといけないんです。

 

お客さんの無知を逆手にとって、

車の査定額を安く言って、

100万円、200万円の利益を出すことも、

たまにありました。

 

車は契約したら最後、

クーリングオフの対象外なんで、

もしキャンセルする場合は、

高額なキャンセル料を頂きます。

 

お客さんの車を、

高く買ってあげたいと、

せめて適正価格で買いたいと、

強く思い

自分で会社を作りました。

 

何とか、他社にはできない売り方や、

販路を作ったり、経費をすごく切り詰めて頑張っていましたが、

人がやらないことを、これでもかと試行錯誤してやっていましたが、

今思えば当たり前なんですが、

やはりどうにも採算が合わず赤字が続いてしまい、

結局会社を倒産させてしまいました・・

 

結局のところ、安く買わないと、経営が成り立ちません。

どう頑張っても、中古車は薄利だと難しい商売でした。

本当に、安く買わないと、食べていけないんです。

まあ私に能力がなかったのも大きな要因ですが(汗)

 

どこよりも高く買う!

そんな理想像を常に抱えていました反面、

買取成約して契約書を書いている時・・

本当は、もっともっと安く買えたらな・・

と矛盾した気持ちも同時に抱えており、

いつも結局はそれが本音でした。

 

どんなお店でも、

高価買取!

とか、看板や広告に書いています。

テレビ、ラジオ、ネット

あらゆるところにそういった

甘いフレーズがありますよね。

 

これらは、ぜーんぶ、

お客さんを呼ぶためだけの

広告でしかありません。

 

実際の現場は、こんな感じです。

買取店の店長や社員になったと仮定して、

考えてみてください。

 

本社から、毎日毎日、

利益を出せー

今月の目標は絶対達成しろー

達成できなければ許さん

 

もうこんなもんじゃないくらいの、

すっごい圧力がかかります。

離職率もすっごい高いです。

必ず毎年、心の病気にかかる人がいます。

それくらいすごいです。

 

そんな時、

お客さんがきます。

「あの~、大体どれくらいになりますか?」

お客さん、たいていは警戒していますが、

けっこうのほほん~としています。

 

あまりビジネスの世界を知らない主婦とか、

学生とか、営業以外の仕事の方、公務員の方なんかは、

本当に高く買ってくれるのかと思って来店します。

警戒心本当に少ないです。

 

一方買取店であるあなたは、

もう圧倒的にギラギラの戦闘態勢です。

このギャップは、

ハッキリ言って真剣さ、深刻さ、

完全に異なるレベルです。
もちろん、

お客さんには、一切焦っているそぶりも見せず、

巧みな話術で畳みかけます。

 

ニコニコとお客さんとお話ししながら、

お客さんの行動、言動、すべてチェックしています。

何気ない会話で、

じつはめちゃめちゃ情報収集をしています。

 

正直ここでは書けませんが、

お客さんが自然にしてしまう行動で、

他店の査定を受けたことがあるとか、

初めての査定だとか、

ウソをついているとか、

非常にいろいろな情報をゲットします。

 

面白いことに、何百人もお客さんと対峙していると、

お客さんって、十人十色ではないんです。

数パターンに分かれる傾向がハッキリあります。

 

あ、この人はAパターンだな、

あ、この人はEパターンだな、

とかが分かると、

そのパターンに応じた、

安く買うためだけに作られた、魔法の営業トーク集があります。

もうあらゆるパターンに応じたトークが存在します。

うまい営業マンは、

このトークを更に変化させて商談します。

 

そして、この1回の商談で契約まで畳みかけます。

本当に無理だと判断した場合、

わざとかなり高い金額を言ったりして、

あとから戻ってくるように仕向けたりもします。

それくらい真剣に商談をしており、心血を注いでいます。

 

ただ、新車や中古車など、

販売する車がある場合は、

販売で利益が取れるため、

そこまでギラギラはしていません。

 

もちろん販売も、買取(下取り)も、

両方ガッポリ利益が出たほうが良いのですが、

なかなかそう簡単ではないので、

下取り車両を他社がまず提示できない高値で提示する代わりに、

販売する車はガッツリ利益を取ります。

 

また、他に業者が利益の出る仕組みが存在します。

実は、日本人が売る中古車の多くが、

海外に輸出されています。

たぶん、車体まるまるだけでなく、

部品だけで輸出されるケースも含めると、

日本人が手放す中古車の50%は外国に輸出されています。

 

実は輸出相場が存在しており、

この相場は、一般の人では、

絶対に知る事が無い相場です。

これが、利益の多くを占めていたりする要因でもあります。

 

一般の人が、

まあ、30万くらいかな、

40万円つけば嬉しいな

こんな相場観を持っていても、

 

実際は輸出相場で100万円とか価値がある車も、

ゴロゴロ存在しています。

 

実際買取店なんかは、

買取したほとんどの車を、

この海外バイヤーがいるオークションに出品して、

セリにかけます。

 

2日、3日前に50万円で買取した車が、

なんと100万、200万つくこともあります。

 

たった1台を右から左に移動するだけで、

100万円の利益が出るんです。

 

大きく利益が出ると、

社内では評価され、どんどん出世できます。

これが、実際のところです。

 

私も最初はこういう会社の利益構造にびっくりしましたが、

何としても安く買わないと、

本当に会社が存続できないんです。

 

競争も多い業界ですから、

安く買える時は、とにかく安く買う。

仕入れ

という観点で考えれば、当然なんです。

 

こんな事が、日本中のどこかで、

毎日おこっています。

 

なので、消費税がつくのかとか

そういう事を考える前に、

業者がもうこれ以上金額出せない、

という限界の金額で売るという事が重要です。

 

高く売る方法をお伝えするその前に、

そういえば、

しっかりと消費税がどうなっているのか、

説明しますね。

 

 

 

車を売るときの消費税について

わかりにくいので、現時点の8%の消費税率と仮定しまして、

業者からの提示額が、108万円だったとします。

つまり、8万円が消費税です。

単純に、それだけです。

 

10万円、50万円、500万円、

こういったキリのいい提示額を言われたとしても、

「税込み」 という事です。

 

納税義務はあるの?

ざっくり簡単に言いますと、

個人が商売目的でないものを売るとき、

消費税の納税義務はありません。

売ったら入金されて、それで終わりです。

それだけです。

 

あなたが商売目的で中古車を仕入れて、それを売った場合、

それは消費税の納税義務が生じます。

ただ、事業経過2年とか、年商1,000万円以上とか、

それが満たした場合のみ、納税義務が発生しますので、

友人知人の車を代理で売ってあげて、

あなたが利益を得たとしても、

上記に当てはまらなければ、納税義務はないです。

 

業者側の買取契約書にも記載されています

売却する時は、契約書を締結しますが、

しっかりと、税込みって書いてあります。

 

業者側としては、ここをしっかり説明しない場合が多いです。

というのも、非常に商談が面倒になるためです。

実は車って、消費税以外にも、

色々な費用が含まれています。

・ 消費税

・ 自動車税

・ 自動車重量税

・ 自賠責保険料

・ リサイクル料

です。

 

これらも説明するのは非常に複雑でして、

契約書締結時に、ざっと含まれている旨を説明する程度です。

ここを商談時に話すと、

お客さんがちんぷんかんぷんになり、

商談が終わってしまうケースがとても多くあります。

なので、「全部込み」の金額を、どの業者も提示します。

まあ気になる様なら商談時に聞いてみてください。

 

とにかく、

すべて含まれているので、

大事なことは、

安く買おうとしてくる業者さんに対して、

限界金額まで提示してもらう事です。

 

限界金額まで出してもらえれば、

すべて込みの金額での限界金額を出してくれます。

あまり細かい部分は一切考えてなくて大丈夫です。

 

とにかく、高く売る事だけ考えましょう!

 

 

どこが高く買ってくれるのか?

 

クイズを出します。

ここに、

Aという国でとても人気のあるスポーツカー

を売るとします。

次の中で、一番高く買ってくれる会社はどこでしょうか?

 

① 大手買取専門店

② 中小の買取専門店

③ スポーツカー専門店

④ その車種取り扱いの新車ディーラー

⑤ Aという国に売っている輸出業者

⑥ 街の中古車販売店

⑦ 解体業者

 

さあ、どれでしょうか?

 

どこだと思いますか?

 

じゃあ、答えを言いますね。

 

答えは、

 

⑤ Aという国に売っている輸出業者

だと思いましたか?

 

ブー、残念!ハズレです。

 

いじわる問題ではありましたが、

ここで、よーく思い出して頂きたいんです。

 

どこの業者も、何とかして、

安く仕入れようとしているという事です。

 

確かに、高く買える可能性が最も高いのは、

⑤ Aという国に売っている輸出業者

なのですが、

 

正直、高く買ったって、なんの意味もないんです。

なぜかと言うと、

業者オークションに行けば、

同じような車が、ゴロゴロあるんです。

 

車業界の人たちは、

みーんなこの業者オークションに出入りできるし、

ネットでワンクリックで車を買えます。

ここではかなり正確に相場が形成されており、

100万円の相場がある車があれば、

いきなり金額が下がる事も高くなることもほぼ無く、

だいたい100万円前後で、車を買えます。

相場がとても安定しています。

 

買取、下取り、という行為をするのは、

オークションよりも安く買うためにやっている行為なんです。

みんなオークションでいつでも買える

でも、みんな買えるから、

販売する時には値下げ競争になって

本当にぎりぎりでしか利益が取れない。

 

うーん、何とかして高く売りたい

でもなかなか難しい

安く仕入れたいなあ。。

どの業者も、

こういう状況なんです。

 

だから、なるべく利益を多く出すために、

買取、下取り、という仕事をしているんです。

無知な、一般の人から安く買う事

これが非常に重要な仕事なんです。

 

でも売る人は、なるべく高く売りたいし、

本来すっごい価値があるのに、

それを知らずに、

すっごい安く売ってしまいたくはないですよね。

 

 

じゃあ、どうすればよいのか?

車を高く売る事は、実はシンプルで、

要は比べる、という事なんですが、

普通に比べるのでは、高く売れません。

 

また、非常に危険な行為として、

1店1店、お店を回る行為が危ないんです。

 

どういう事かと言うと、

A店 という有名店に行きました。

そこで、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? この手の車ってB店の得意分野の車なんで、うちは多分勝てないですね~、もしうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

な~んて言われたら、絶対B店に行きますよね。

そこで、

60万円を提示されて 売却成立したとします。

 

ところが、ふたを開けてみると、

このA店と、B店は、親会社が同じ会社で、

裏で打ち合わせをしていた・・

こんな事例が、実はあったりします。

そして、本当は100万円以上の価値がある、という訳です。

これは一例ですが、

これ以外にも沢山の仕掛けがあり、

さすがにここでは書けないことなどもあり、

とにかく業界未経験の人はとても危ないです。

 

 

私が買取店時代に、どうしても安く買えないお客さんがいました。

限界金額を、出すしかないんです・・

 

やはりネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

同じ親会社で、違うお店は、加盟できませんので安心です。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも色々な一括査定サイトがありまして、

私は買取店時代に、4つのサイトに登録していました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

 

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

流石リクルートが、雑誌の時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

業界、圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

大手買取店や、各地方ごとのある程度大きな買取店くらいしか、参加していません。

 

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

 

新しい車、輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、などの車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

こういうところが、実はすごい強いんです。

 

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

 

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこでメールで連絡お願いします、と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、是非売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

車を売るんだったら、カーセンサーの一括査定は最もおすすめです。

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

 

もう一つオススメとして、面白い一括査定サイトがあります。

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

 

ここは、

株式会社エイチームさんという、

東証一部上場している会社さんが運営しているサービスで、

かんたん車査定ガイド さんです。

 

ネットで概算価格を教えている査定サイトは、ここだけですね。

結構リアルな業者オークション相場をサイトへ反映しています。

車によっては、かなり金額に幅がありますが・・

まあ幅があるという事は、本当に幅があるので、それだけ正直に表示している証拠です。

輸出の相場変動があるので、しょうがないです。

 

ちなみにこのサイトは、加盟店数が最も少ないサービスなんです。

ただ、JADRI(日本自動車流通機構) という組合があるのですが、

ここに参加している会社以外は、参加ができないサービスになっています。

 

私も買取店時代に参加したかったのですが、

自分で経営していた弱小買取店のときは、加盟ができませんでした・・

 

参加している会社は、

ガリバー、アップル、カーセブン、カーチス等の大手買取店はもちろん、

関西はハナテンさん、西はビッグモーターさん、中部はネクステージさん

等の上場企業さんや、超高級輸入車屋さんなどが参加しており、

かなり敷居が高く、有名店のみで固めているサイトです。

 

街の中古車屋さんは不安・・

 

こういった方には、こちらのサービスが良いかもしれません。

大手買取店は、最近では独自に海外輸出をするようになりました。

以前は、業者オークションにすぐに転売するだけの商売だったのですが、

私が買取店店長をしていた時代と異なり、

輸出もするし、国内販売もする様になり、

ガリバーさんなんかは、中古車販売台数が今や日本一だそうです。

一昔前は、まったくしていなかったのですが・・

 

なので大手買取店同士でも、競合が居るとガッツリ値段提示してきます。

未だ買取店に働いている友人に聞くと、昔と違って競合他社が多く、

特にネット経由のお客様の場合、なかなか安く買えなくなっており、

買取店は本当に生き残りをかけてがんばっていますね。

 

まあ売る人にとっては健全な環境になって来た、という事でもあります。

先ずは査定依頼をしてみましょう。

かんたん車査定ガイド

 

 

◆新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?

やはり、永遠のテーマですよね。

安く車を買いたいっていうのは、誰しもが思うところです。

 

先ずは、中古車を安く買うには?

買う時は、売却時よりもラクで、安く買う事も可能です。

売却時は、適正相場が解らないから、苦労しますが、

買う時は、ネットでいっぱい同じような車が、値段をしっかり記載して沢山情報があふれています。

ここで、だいたい値切っても、このくらいの金額なんだな、と想像がつきます。

更にもうちょっと安く買いたいのであれば、

実は、これも買取専門店さんから買うと、結構安く買えたりします。

世の中の、街の中古車屋さんって、

仕入れは、殆どが、業者オークションから購入しているんです。

 

車の流通は、こんな感じです。

売る人 ⇒ 買取屋さん ⇒ 業者オークション ⇒ 町の中古車屋さん ⇒ 買う人

という流れです。

 

買取屋さんの場合

売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  買う人

という感じで、飛ばせるんです。

 

実際、真ん中の業者オークションが仲介に入ると、

1台で10万円~20万円、それ以上コストがかかったりします。

 

実際最大手の買取専門店さんは、

今では、日本一の中古車販売台数にまでなりました。

買取屋さんは、安く仕入れている分、すぐに利益が確定できるのであれば、

さっさと売ってしまいたいんです。

 

ただ、当たり前ですが、高く売りたいのが本音です。

そこでネットを利用して、同じ様な車種を色々見積もりをしたりして、

相場観を養って下さい。

 

だいたい、○○万円くらいが相場なんだな、と分かってきます。

その相場観を武器に、買取店さんが仕入れる車に、それよりも少し安い金額で買うと提示してみてください。

かなり絶妙な金額の提示になる確率は高いです。

 

下記の、画像は、なびくる という中古車お探しサービスです。

これは、大手買取専門店の、買取したてのほやほや車両を、提案してくれるサービスです。

ここで、自分が探している車の、車種、年式、走行距離などの情報を入力します。

そうすると、入荷した買取車両をどんどん提案してくれる、というサービスです。

 

買取店は、仕入れた車をすぐに現金化したいので、利益が確定できる様であれば、

すぐに成約したいのが本音です。

相場感があれば、交渉は有利に進められると思います。

 

ここも、上で紹介したかんたん車査定ガイドさんを運営している、

東証一部上場の株式会社エイチームさんのサービスです。

新しい、中古車購入のサービスですね。

 

 

新車を安く買いたいなら?

未使用車、新古車って知ってますか?

新車ディーラーさんが、販売台数を稼ぐために、わざと大目にメーカーに発注します。

沢山メーカーに注文すると、報奨金がもらえたりします。

ヤマダ電機などの、大手家電量販店とかと同じ原理ですね。

 

ロットで注文すれば、報奨金がもらえる。

なので、新車ディーラーさんも、メーカー(トヨタ、日産等)から、沢山買うんです。

売れ残った新車をどうするかというと、

車検を取って、業者オークションへ、出品するんです。

車検を取得すると、その車は新車ではなく、中古車、になります。

ただ、誰も乗ったことも無い車なので、「未使用車」とか、「新古車」という名前がついています。

 

 

ただ、保証はどうなるの?

はい、保証はディーラーで買うのと、まったく一緒です。

新車は、ディーラーでなくとも、中古車店から買っても、友人から買っても、

3年間は、ガッチリメーカー保証がついています。

新車ディーラーさんで買うのと、まったく何も変わりません。

 

新古車を買った後、その車をどこでも良いので、ディーラーに持ち込んでください。

新車保証継承の手続き(無料)をします。これで万事OKです。

 

そして、こういった未使用車が、業者オークションには沢山流通しています。

どこで買えるのか?というと、どこの中古車店でも買えます。

地元のおっちゃんが運営している中古車屋さんに行けば、買えます。

まあ・・なんか不安・・

そう思う方は、大手買取店さんが、業者オークションから、
新古車、未使用車を買い付けてきてくれます。

 

くどい様ですが、ちゃんと保証は3年間は付いています。
必ず、保証継承と言って、買った後にディーラーさんに持ち込んでくださいね。
もしプラスアルファの保証やメンテナンスパックが欲しければ、
ディーラーさんで提案してくれますので、そこで加入してください。

 

下記、なびくる車販売サービスは、
大手買取店が毎日買取で入荷する良質車両を提案してくれるサービスです。
自分の欲しい車を入力すれば、買取店側から入荷車両を提案してくれます。

新古車や、未使用車が必要であれば、
備考欄に、未使用車希望、と書いて下さい。

なびくる中古車お探しサイトはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ