自動車重量税の還付 売却時にどうすればよい? 買取査定時に戻ってくる? 受け取り方法は?

元買取店店長のサトーです。

車の自動車重量税の還付

どうやったら受け取れるのか?

車売却時には、どのようにすれば良いのか?

必要書類は?

いくら戻るのか?

を、詳細に書きます

 

ただ!

このページにたどり着いたという事は、

そろそろ車を売却するタイミングかと思います。

最も大切なことは、

還付金のことよりも、今の車を高く売ることです。

 

買取店、中古車店、新車ディーラー、解体屋、

どんな業者も、

可能な限り安く買い叩くのが仕事です。

 

高価買取!

なんてテレビ、ラジオ、ネット、雑誌、街の看板

いろんなところで目にします。

高く買いたいはずがありません。

え、まさか、

高く買ってくれる業者があると思っていました?

超危険ですよ。

なーんにも知らないと、

何十万円、

一生だと、何百万円と損しますよ。

裏側まで、プロの世界を知ってもらって、

どうやったら高く売れるのか、

を勉強しましょう。

 

 

さて、重量税の還付についてですが、

 

 

実は、自動車重量税は、

廃車にする時以外は、還付されません。

 

そして、廃車 と言っても、

一時抹消

輸出抹消

永久抹消

という2つが存在します。

 

1時抹消というのは、

ナンバープレートを陸運局に返納する事です。

当然、公道は走れません。

車屋さんが、保管したり業販したりする際に、

便利なので1時抹消という手続きを取ります。

 

輸出抹消は、

読んで字のごとく、輸出する車です。

輸出するために、ナンバープレートを返納し、

輸出用の車として陸運局に届け出をする行為です。

 

永久抹消は、

日本にて、解体処分される車

という事になります。

 

つまり、この3つの抹消手続きの中で、

重量税が還付されるのは、

唯一、永久抹消のみ、なんです。

 

売却する車は、

買取業者が、その車をどうするかによって、

重量税が還付されるか、還付されないか、

が決定します。

 

実際、永久抹消される車は、

実は非常に少数になります。

 

かなり古くて、走行距離も多くて、

ポンコツだと思っている車でも、

海外に輸出されるケースが非常に多いんです。

 

海外では、20年、30年くらい使用しますし、

100万キロくらいまで乗ったりします。

日本人が思う、廃車の価値基準とは、

まったく異なります。

 

輸出ではあまり人気のない車種が、

日本で解体業者に買われていくんです。

海外輸出需要が無いため値段が上がらず、

価値がもう無い車は、

鉄やアルミなどの金属としての価値はまだあるため、

そういった車が、

日本で解体処分される、というケースが多いです。

 

つまり、そういう車だけが、

永久抹消(日本での解体処分)となり、

自動車重量税の還付対象となるんです。

 

ただ、還付金の対象となる車でも、

車屋さんに売ると、0円と言われます。

どうしてかというと、

金属としての価値なんてたかが知れています。

そして、重量税の還付金含めて、

利益として得るために、0円として買取をします。

 

つまり、本来戻るべき重量税も、

業者さんの利益として、もらっちゃうんです。

これは、ほとんどの業者がやっています。

 

どこに行っても、

「この車は値段がつかない」

「0円なら引き取ります」

こんなことを言われた場合、

税金関係は、業者さんがもらっちゃいますよ。

という意味合いです。

 

ちなみに、

廃車ラボさんは、

重量税は当然、

自賠責保険料、自動車税の還付も、

すべて戻してくれます。

あと、引き取りも無料です。

 

純粋に、金属としての価値だけで、

商売をしているので、

とても良心的なのでおススメです。

 

車を売却するとき、

以下が買取金額に含まれています。

① 車両本体価格

② リサイクル料

③ 自賠責保険料

④ 自動車税(年に一回払う)

⑤ 自動車重量税(車検時に払う)

⑥ 消費税

 

繰り返しますが、車を売る時には、

これらがすべて含まれた金額の提示になります。

 

買取金額は、〇〇円です。

下取り金額は、〇〇円です。

というのは実は、

②~⑥が、含まれているんです。

 

もし本当に価値が無いと確信している車だったら、

廃車ラボさんに依頼するべきでしょう。

 

 

ただ、先程も書きましたが、

日本の中古車って、

すごい台数が、海外に輸出されています。

たった一週間で、数万台が輸出されています。

 

世界中のバイヤーが、

日本の中古車を買い付けに来ています。

 

あなたが、価値が無いだろう、

そう思い込んでいる車が、

とんでも無い金額で売れるケースが多々あります。

 

車には、市場(いちば)が存在します。

USSっていう会社聞いた事あります?

ここは、東証一部上場の、

中古車オークション運営している会社です。

 

そのほかにも、

TAA(トヨタオートオークション)

NAA(日産オートオークション)

この様な中古車オークション会場が、

実は日本には沢山あるんです。

 

ハッキリ言って、車業界の人には、

セブンイレブンくらい必需品です。

いや、

電気、ガス、水道などの、

生活インフラと同等レベルで大切で、

知らない人は、まずいないでしょう。

 

オークション会場には、

外国人バイヤーがたくさんいます。

食堂も外国人向けメニューもたくさんあります。

 

日本の中古車の相場って

海外バイヤーがカギを握っています。

 

ポンコツだと思っていた車が、

100万円の価値があったりすることは、

よくあります。

 

つまり、業者側からすれば、

海外相場を知らない一般の消費者は、

ど素人の、カモだという事です。

 

10万、20万キロ走ってるし・・

10年、15年以上古いし・・

どうせ値段つかないだろう、

なーんて車を、

0円、10万円とかで売っちゃうんです。

 

実は、業者はウハウハで、

翌日に、すぐにオークションに出品します。

そうすると、

たった10秒20秒足らずで、

あれよあれよと、100万円とかで、

海外バイヤーに落札されるわけです。

 

まだ数年しか乗ってない車も、

海外では新車の輸入禁止な国もあるため、

中古車が、

新車より高い値段で売れる事もあります。

 

 

どんな業者も、

できるだけ安く買おうと頑張っています

 

大手買取店だって、

どうやって大手企業になれたのか、

というと、

海外バイヤーのおかげです。

 

本来すっごい価値がある車を、

安~く買って、利益を大きく出したから、

大手になったんです。

大手 = 安心

とか思っていると、

大損しますよ。

 

いろいろと書きましたが、

話を整理すると、

・ 本当に価値が無いとわかっているなら

廃車ラボさんへ依頼しましょう。

 

・ まだ価値が不明

・ たぶん価値がもう無いのではないか・・

こうだったら、頑張って高く売りましょう。

 

繰り返しますが、

売却する時の査定金額は、

すべて含まれた金額を提示されています

 

自動車重量税、自動車税、消費税、

リサイクル料、自賠責保険料、

ぜ~んぶ含まれた金額です。

 

なので、

重量税がもどってくるのか?

とか、

自動車税と重量税って何が違うの?

とか、

リサイクル料や、自賠責も還付されるの?

とか、

もうどうでもいいです。

 

ぜ~んぶ含めた金額で提示してくれるので、

とにかく、

一番大切なことは、

高く売る方法で売ることです。

 

でも、業者はみ~んな、

何としても安く買取してやろう

と思っています。

 

さあ、ここからが本題です。

 

じゃあ、どうすればよいのか?

車を高く売る事は、実はシンプルで、

要は比べる、という事なんですが、

ひとつ、非常に危険な行為として、

1店1店、お店を回る行為が危ないんです。

 

どういう事かと言うと、

A店 という有名店に行きました。

そこで、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? この手の車ってB店の得意分野の車なんで、うちは多分勝てないですね~、もしうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

な~んて言われたら、絶対B店に行きますよね。

 

そこで、

60万円を提示されて 売却成立したとします。

ところが、ふたを開けてみると、

このA店と、B店は、親会社が同じ会社で、

裏で打ち合わせをしていた・・

こんな事例が、実はあったりします。

 

そして、本当は100万円以上の価値がある、という訳です。

これは一例ですが、

これ以外にも沢山の仕掛けがあり、

さすがにここでは書けないことなどもあり、

とにかく業界未経験の人はとても危ないです。

 

私が買取店時代に、どうしても安く買えないお客さんがいました。

限界金額を、出すしかないんです・・

 

やはりネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

 

同じ親会社で、違うお店は、加盟できませんので安心です。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも色々な一括査定サイトがありまして、

私は買取店時代に、4つのサイトに登録していました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

 

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

流石リクルートが、雑誌の時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

業界、圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

 

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

大手買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

 

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

 

新しい車、輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、などの車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

こういうところが、実はすごい強いんです。

 

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

 

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこでメールで連絡お願いします、と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、是非売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

車を売るんだったら、カーセンサーの一括査定は最もおすすめです。

 

重量税やその他の税金なども、査定額に含まれています。

複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

 

もう一つオススメとして、面白い一括査定サイトがあります。

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

ここは、

株式会社エイチームさんという、

東証一部上場している会社さんが運営しているサービスで、

かんたん車査定ガイド さんです。

 

ネットで概算価格を教えている査定サイトは、ここだけですね。

結構リアルな業者オークション相場をサイトへ反映しています。

車によっては、かなり金額に幅がありますが・・

まあ幅があるという事は、本当に幅があるので、それだけ正直に表示している証拠です。

輸出の相場変動があるので、しょうがないです。

 

ちなみにこのサイトは、加盟店数が最も少ないサービスなんです。

ただ、JADRI(日本自動車流通機構) という組合があるのですが、

ここに参加している会社以外は、参加ができないサービスになっています

 

私も買取店時代に参加したかったのですが、

自分で経営していた弱小買取店のときは、加盟ができませんでした・・

 

参加している会社は、

ガリバー、アップル、カーセブン、カーチス等の大手買取店はもちろん、

関西はハナテンさん、西はビッグモーターさん、中部はネクステージさん

等の上場企業さんや、超高級輸入車屋さんなどが参加しており、

かなり敷居が高く、有名店のみで固めているサイトです。

 

街の中古車屋さんは不安・・

こういった方には、こちらのサービスが良いかもしれません。

大手買取店は、最近では独自に海外輸出をするようになりました。

 

以前は、業者オークションにすぐに転売するだけの商売だったのですが、

私が買取店店長をしていた時代と異なり、

輸出もするし、国内販売もする様になり、

ガリバーさんなんかは、中古車販売台数が今や日本一だそうです。

一昔前は、まったくしていなかったのですが・・

 

なので大手買取店同士でも、競合が居るとガッツリ値段提示してきます。

未だ買取店に働いている友人に聞くと、昔と違って競合他社が多く、

特にネット経由のお客様の場合、なかなか安く買えなくなっており、

買取店は本当に生き残りをかけてがんばっていますね。

 

まあ売る人にとっては健全な環境になって来た、という事でもあります。

先ずは査定依頼をしてみましょう。

かんたん車査定ガイド

 

◆新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?

やはり、永遠のテーマですよね。

安く車を買いたいっていうのは、誰しもが思うところです。

 

先ずは、中古車を安く買うには?

買う時は、売却時よりもラクで、安く買う事も可能です。

売却時は、適正相場が解らないから、苦労しますが、

買う時は、ネットでいっぱい同じような車が、値段をしっかり記載して沢山情報があふれています。

ここで、だいたい値切っても、このくらいの金額なんだな、と想像がつきます。

更にもうちょっと安く買いたいのであれば、

実は、これも買取専門店さんから買うと、結構安く買えたりします。

世の中の、街の中古車屋さんって、

仕入れは、殆どが、業者オークションから購入しているんです。

 

車の流通は、こんな感じです。

売る人 ⇒ 買取屋さん ⇒ 業者オークション ⇒ 町の中古車屋さん ⇒ 買う人

という流れです。

 

買取屋さんの場合

売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  買う人

という感じで、飛ばせるんです。

実際、真ん中の業者オークションが仲介に入ると、

1台で10万円~20万円、それ以上コストがかかったりします。

 

実際最大手の買取専門店さんは、

今では、日本一の中古車販売台数にまでなりました。

買取屋さんは、安く仕入れている分、すぐに利益が確定できるのであれば、

さっさと売ってしまいたいんです。

 

ただ、当たり前ですが、高く売りたいのが本音です。

そこでネットを利用して、同じ様な車種を色々見積もりをしたりして、

相場観を養って下さい。

だいたい、○○万円くらいが相場なんだな、と分かってきます。

その相場観を武器に、買取店さんが仕入れる車に、それよりも少し安い金額で買うと提示してみてください。

かなり絶妙な金額の提示になる確率は高いです。

下記の、画像は、なびくる という中古車お探しサービスです。

これは、大手買取専門店の、買取したてのほやほや車両を、提案してくれるサービスです。

ここで、自分が探している車の、車種、年式、走行距離などの情報を入力します。

そうすると、入荷した買取車両をどんどん提案してくれる、というサービスです。

買取店は、仕入れた車をすぐに現金化したいので、利益が確定できる様であれば、

すぐに成約したいのが本音です。

 

相場感があれば、交渉は有利に進められると思います。

ここも、上で紹介したかんたん車査定ガイドさんを運営している、

東証一部上場の株式会社エイチームさんのサービスです。

新しい、中古車購入のサービスですね。

 

新車を安く買いたいなら?

未使用車、新古車って知ってますか?

新車ディーラーさんが、販売台数を稼ぐために、わざと大目にメーカーに発注します。

沢山メーカーに注文すると、報奨金がもらえたりします。

ヤマダ電機などの、大手家電量販店とかと同じ原理ですね。

ロットで注文すれば、報奨金がもらえる。

 

なので、新車ディーラーさんも、メーカー(トヨタ、日産等)から、沢山買うんです。

売れ残った新車をどうするかというと、

車検を取って、業者オークションへ、出品するんです。

車検を取得すると、その車は新車ではなく、中古車、になります。

ただ、誰も乗ったことも無い車なので、「未使用車」とか、「新古車」という名前がついています。

 

ただ、保証はどうなるの?

はい、保証はディーラーで買うのと、まったく一緒です。

新車は、ディーラーでなくとも、中古車店から買っても、友人から買っても、

3年間は、ガッチリメーカー保証がついています。

 

新車ディーラーさんで買うのと、まったく何も変わりません。

新古車を買った後、その車をどこでも良いので、ディーラーに持ち込んでください。

新車保証継承の手続き(無料)をします。これで万事OKです。

 

そして、こういった未使用車が、業者オークションには沢山流通しています。

どこで買えるのか?というと、どこの中古車店でも買えます。

地元のおっちゃんが運営している中古車屋さんに行けば、買えます。

まあ・・なんか不安・・

そう思う方は、大手買取店さんが、業者オークションから、
新古車、未使用車を買い付けてきてくれます。

 

くどい様ですが、ちゃんと保証は3年間は付いています。
必ず、保証継承と言って、買った後にディーラーさんに持ち込んでくださいね。
もしプラスアルファの保証やメンテナンスパックが欲しければ、
ディーラーさんで提案してくれますので、そこで加入してください。

 

下記、なびくる車販売サービスは、
大手買取店が毎日買取で入荷する良質車両を提案してくれるサービスです。
自分の欲しい車を入力すれば、買取店側から入荷車両を提案してくれます。

 

新古車や、未使用車が必要であれば、
備考欄に、未使用車希望、と書いて下さい。

なびくる中古車お探しサイトはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ