初めて車を売る時の注意点、失敗しない方法 初めての車査定で初心者でも買取店に高く売る方法、交渉方法を教えます

元買取店店長のサトーです。

「初めて車を売る」 というフレーズを聞くと、

ぞくっとします。

 

というのも、

まるで戦場に剣を持たずに行くに等しいからです。

ハッキリ言って、カモです。

本当に気を付けてください。

 

・ 車をきれいに洗っておく?

⇒ 関係ないです

・ 複数の業者に見積もりを取る?

⇒ 素人考えで危なすぎ・・

・ 知人の紹介、口こみサイトを頼る?

⇒ すっごい危ない・・

 

プロが、車を本当に高く売れる方法を、

すべてお教えします。

 

つい先日も、僕の奥さんの友人が、

「5万円で車を売ったけど、どうかな・・?」

と、奥さん経由で聞きました。

僕は、

「え、まさか、、その車・・」

で、相場を見ると、80万円は値段がつく車でした。。

あちゃ~!!!

先に声をかけて欲しかった・・泣

 

でも、これは毎日日本中で起こってることです。

車って、クーリングオフが効かないんです。

貴金属買取とかは、法規制がはいりましたが、

車買取だけは、クーリングオフを除外されたんです。

これは、法律でそう定められているんです。

キャンセルする場合は、

高いキャンセル料を払う必要があります。

なので、

本当に気をつけましょう!

 

テレビCM、ラジオ、看板、雑誌、ネット上、

ありとあらゆる場所で、

高価買取!

どこよりも高く買います!

こんなの目にしますよね。

 

あの~ 当たり前の事言います。

単なる、

客寄せのキャッチフレーズですからね。。

 

こんな言葉を見て、

「本当に高く買ってくれるのかな。。」

なーんて、

たった、1%でも、1ミリでも、

心のほんのすみっこでも、

そう思った人は、

本当に危ないので、しっかり勉強しましょう!

 

高く買いたい買取店は、この世に存在しません!

買取店だけでなく、

新車ディーラー、中古車店、

ありとあらゆる業者、すべて、

高く買いたい業者は、この世に存在しません!

 

よ~く考えてみて下さい。

どんな商売も、原理原則があります。

安く仕入れて、高く売る、これです。

よくよく考えると、

本当にシンプルですよね。

あたりまえです。

 

しかも、お客さんが安く売ってしまうような

あらゆるしかけが、沢山あるんです。

 

まず、

実は、日本人が手放す車の、

約3分の1は、海外に輸出されています。

一般の人は絶対に知らない、

海外相場

が形成されています。

 

たった一週間で、数万台

たった一か月で、数10万台

の中古車が、

船につまれて海外に輸出されています。

 

・買ったばかりの新しい車や、

・普通の中古車

・走行距離が多い中古車

・古い中古車

・ぼろぼろの中古車

・動かない故障した中古車

・事故歴のある中古車

・事故でぐっしゃりした中古車

・逆に、高級車だったり

 

それこそ、ほぼすべての中古車が、

海外に輸出されています。

 

例えば、とある車があるとします。

10年以上前の車で、20万キロの走行距離走っている車だとします。

普通に考えれば、ポンコツもいい所ですよね。

ただ、ものによっては、

100万円以上の値段がつく車が、ゴロゴロあるんです。

 

発展途上国では、

車を50万、100万キロくらい乗るのは当たり前で、

当然それ以上の距離も乗ります。

 

日本人とは、まったく価値観が違うんです。

日本人は、たった10年そこらで、

たった10万キロ、20万キロ程度で、

車を廃車だと思い込んでいます。

 

そんな国民は、

世界中で、日本人だけと言っても過言ではありません。

アメリカやヨーロッパだって、

10年や、10万キロなんて、単なる通過点にすぎません。

ぜんっぜん何年も、何十万キロも乗ります。

 

世界中で車を作れる国って、

すっごい少ないんです。

だから、特に世界一品質のよい中古車があつまる

外国人が日本にみんな買い付けに来てるんです。

 

また、新車よりも高く売れる中古車もあります。

びっくりすると思いますが、

 

海外には、それぞれの国に規制があります。

 

車を日本から輸入する時に、

新車の輸入がダメ

などの法律がある国もあります。

 

そういった国でも、

やっぱり車は絶対に必要なので、買うんです。

そこで、

品質が最もよい日本の中古車を買う。

そして、

新車よりも高い値段がついてる車があります。

 

僕自身も、車業界に来たときは、

本当にびっくりしました。

業者オークション会場に行くと、

外国人バイヤーがたくさん来てるんです。

 

そして、

「ええ?なんで中古車が新車より高く落札されるんだ??」

「え・・?こんなポンコツが100万円??」

こういった光景は、毎日です。

ぜーんぶ、

外国人バイヤーや、

輸出業者が、落札しているんです。

 

みなさんが、

「まさか、こんな車もう価値が無いだろう・・」

そう思っていると、大損します。

エンジンやその他の部品などでも、十分価値があるんです。

 

逆の立場になって考えてみてください。

あなたが買取店の経営者だったとします。

想像してください。

毎月、家賃、人件費、光熱費、広告宣伝費、自分の給料などなど、

数百万円が、黙っていても飛んでいきます。

世の中は競合他社がたくさん居て、

なかなか安く買うのも難しい世の中です。

 

そんな時、

お客様がひょっこり来店してきました。

10年以上の前の車で、10万キロ走っていて、

普通に考えれば、けっこうポンコツです。

 

しかし、プロであるあなたは、

その車が、100万円の価値がある事を知っています。

でもお客様は、

「多少でも値段が付けば・・」

こんな事言っていますよ!

 

あなただったら、どうしますか?

高く買いますか?

それとも、安く買いますか?

 

買取店は、こういうクルマを、

可能な限り安く買う、という事が仕事なんです。

お客さんが無知とわかったら、

平気で、0円とか、1万、2万で、買います。

 

そして、買取成約した次の日に、

す~ぐに業者オークションに出品します。

世界中のバイヤーが、

いまはネットで入札してきます。

そして、出品後たった30秒ほどで、

あっというまに100万円で落札されていきます。

 

業界では、100万円の利益が出る事を、

一本抜き とか言ったりします。

決して、適正な価格で買おうなんて、思っていません。

そんなことしていたら、会社はつぶれてしまいます。

可能な限り、安く買うのが、仕事なんです。

 

買取店の営業マンも、

営業成績は買取台数ではありません。

どれだけ利益を出したか、

利益が営業マンの成績になります。

1本抜きしたら、ちょっとしたヒーローです。

 

つまり、

どれだけぼったくりしたか

どれだけ安く買い叩いたか

これが成績のすべてです。

 

成績が良い営業マンは、

1年、2年でどんどん昇進していく、

完全な実力成果主義です。

 

安く買えない営業マンは、

人とは思えない扱いを受けて、

みんな退職していきます。

人によっては、心の病気にもかかったりします。

それだけ、

安く買う事がすべてなんです。

 

特に、海外輸出相場は、

素人はぜったいに知りませんから、

知らないことを武器にして、

安ーく買取、下取りするのが、

すべての業者の目的です。

 

これは善悪で言ったら、

悪 に聞こえてしまうのですが、

商売上、仕入れですから。

当然なんです。

こうしないと、競争も多いから、

本当に倒産してしまうんです。

 

実際、私はこういった業界がイヤで、

何とか高く買取りしようとがんばって、

自分の会社を作りました。

見事に、事業を撤退することになりました・・

 

私が店長だった時もそうですが、

どこの会社が一番高く買ってくれるか?

ホント、よーくこの質問を聞くのですが、

そんな会社、無いです。

くどい様ですが、

どこも、可能な限り、安く買いたいんです。

 

もう一回しっかりと知って頂きたいので、

超わかりやすい、クイズを出します。

 

大手買取店って、なんで大手になったか解りますか?

① 高価買取して沢山の台数をさばいてきたから

② 独自の販売ルートがあるから

③ 沢山、安く買ってきたから

 

もう解りますよね。

③ が、正解です。

 

クルマって、相場があるんです。

お魚や、野菜と一緒で、市場(いちば)があるんです。

USSっていう会社知っていますか?

まず知らないと思いますが、

ここは東証一部上場の最大手で、

中古車のオークション会場を運営している会社です。

 

他にも、

トヨタオートオークション

日産オートオークション

ホンダオートオークション

などなど、

日本全国にたくさん会場があります。

 

こういったオークション会場は、

新車ディーラー、買取店、

普通の中古車販売店、高級車専門店、

スポーツカー専門店、解体業者、

輸出業者、

みんな使っていて、

オークションが無いと商売ができないくらい重要です。

 

世の中のすべての買取店(業者)は、

買取や下取りした車のほとんどを、

すぐにこの業者オークションへ出品します。

 

お客さんとの査定での営業トークでは、

「今、ちょうどドンピシャなお客さんがいて、お客さんの車を高く買えます!」

「今すぐに、即決なら、〇〇万円出せます!」

 

とか言って、

他の業者に取られないように、即決を迫ってきます。

 

でも、

多くは営業トークで、

すぐにこの業者オークションへ出品します。

 

オークションに行くとビックリしますが、

ほんと外国人だらけです。

世界中の中古車バイヤーが、

日本のオークションで車を買い付けに来ているんです。

 

新しい車 ~ 古い車まで、

すごい台数を外国人が落札しています。

 

業者が買取り下取りした後の、

独自な販売ルートなんて無いです。

 

オークションでは、

落札される予想金額が最初から解っているため、

それよりも安く、

とにかく可能な限り安く買います。

 

そしてすぐにオークションに出品して、

すぐに現金化して、すぐに次に買取をする資金に回すんです。

こうしてキャッシュフローを素早く回転させて、

大手になって来たんです。

 

どんな業者も、

実は在庫なんか持ちたくないんです。

買取りや下取りした車は、

ほとんどを、オークションに出品します。

 

実際、新車ディーラーだって、

買取店だって、

お店に在庫が並んでないですよね?

 

在庫が多い店は、

いろんな店舗から、

日本人が高く買う車だけを、

一つのお店に集中して持ってきているだけで、

それ以外の多くの車は、

オークションに出品しているんです。

 

 

大手買取店ってありますが、

販売店で、大手ってまず聞かないですよね?

 

大手だったとしても、

まず買取にすごく力を入れているはずです。

買取店が、ここ最近あっという間に株式上場までして、

大手と呼べるまでの会社がいくつもできたのには、

安く買って、すぐに売って現金化をする、

こういう商売を徹底して行ってきたからなんです。

 

売る人は、高く売りたい。

業者は、安く買いたい。

ここには、お互いが満足できる一致点は、無いです。

 

じゃあ、高く売るにはどうすれば良いか?

私が買取店店長だった頃、

どうしても安く買えないお客様が居ました。

 

限界金額を最初から提示しないと、買取成約ができないんです。

いわゆる、色々と比べるお客さんです。

ただ、お店を1店1店回るお客さんではありません。

そういうお客さんは、あまり高く売ることができません。

というか、これはとても危険な売り方ですので、気を付けてください。

 

というのも、あまり大声で言えませんが、

街の大きい道路にはいろいろな買取店がありますよね。

そこで、A店にまず行って、

こんな事を言われます。

「50万円が限界です。お客様の車は、B店が得意なので、多分当社では勝てないと思います。ちなみにもう行きましたよねそのお店? いくらでした? もし当店よりも値段が安かったら、当店にもどってきてくださいね~」

あなたは当然、B店が気になりますよね?

 

そこでB店に行くと、60万円で売れました。

10万円アップで売れたので、

喜んでいるのは幸せな事ではあります。

 

ただ、実際はA店も、B店も、親会社が同じだったりします。

ウラで、連絡を取り合ってたんです。

で、実際は100万円出しても良いクルマでした。

と、こういうオチです。。

 

そもそもこういうケースはもちろん多くはありませんが、

少なくもないんです。

そうでは無くても、買取店はプロです。

慣れている営業マンだと、1万人以上の人を相手にしています。

売る人は人生に数回の出来事なわけです。

それに、相場も知らないわけです。

とてもではありませんが、勝てません。

 

車を売却するお客さんって、

本当におもしろいくらいに、パターン化されています。

買取店では、人に合った営業トークを用意し、

これをたくみに使って、安く買うんです。

 

売ったお客様は、

「けっこう高く売れた」

少なからず、

「んまあ、こんくらいの値段かな」

そう思っています。

 

お客様は、値段に納得感が無いと、

まず契約書にハンコなんてついてくれません。

「高く売れた」、「こんなもんかな」

そう思わせる様な非常にうまい罠が、たくさん仕組まれているんです。

 

お客さんと対面で商談すると、

ニコニコして何気ない雑談しながら、

見ていない様で、あらゆる点をチェックしています。

もう全身で感じるくらい敏感に、

あらゆることを見ています。(私はそうでした)

 

他のお店に行ってきたな、

とか、

初めて査定を受ける人だ、

とか、

ウソは瞬時に見破れる方法があります。

それくらいプロだ、という事です。

 

お客さんのチェックが終われば、

一気に即決で畳みかけるか(ほとんどが即決)

長期戦にするか、

を決めます。

 

私がプロとして買取店をやっていたとき、

限界金額を出さないとダメなお客さんが居ました。

おススメの売却方法は、2つあります。

 

◆まず一つ目です。

業者どうしで、値段を競り合ってもらう事です。

え、そんな事ができるの?

と思いますが、はい、できるんです。

すごいサイトがあります。

 

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

しかも、、これだけじゃないです。

・業者の限界価格、つまり最高額で売れる

・電話が殺到しない

・営業されない

・個人情報が一切漏れない

・すごくラクでかんたんで時間も手間もかからない

・価格も納得 透明性がある

・もちろん、無料で使える

車業界、ネット業界、長くいますが、

本当に驚異的なサイトです。。

 

今まで、ここまで徹底的に消費者向けなサービスは、

存在しませんでした。

ユーカーパック

というサイトです。

 

これ、どういった仕組みになっているかと言うと、

細かい部分を書きます。

 

①無料査定の申し込みをします。

この時、入力するのは非常に少ない情報だけで、

住所も申し込み時には、番地まで書かずにOKで、

郵便番号だけでOKなんです。

個人情報は買取店に一切もれません。

ユーカーパックさんにだけ行きます。

 

②申し込みをすると。

車の概算価格が表示されます。

 

③相談デスクから連絡がきます。

ここではもちろん営業されません。

ユーカーパックの相談デスクのオペレーターからのみ、

連絡が来ます。

※ ユーカーパックさん以外には、一切個人情報は漏れません、買取店からの営業電話やメールも、一切ありません。ゼロです。

 

④査定を受けるかどうかはあなた次第

オペレーターに車の詳細を伝えて、

より正確な買取相場を聞くのもありです。

 

⑤査定の日時を予約します。

査定は、最寄りのガソリンスタンドに車を持ち込むか、

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらいます。

もちろん、無料です、完全に。

 

⑥実際に査定を受けます。

査定は、数十分程度。

あなたは、「ただ待つだけで」なんの営業も交渉も受けません。

ただ、査定してもらうだけです。

そこで、査定士の方が車の写真を撮影し、

査定表を作成します。

(とうぜん、車は乗って帰って大丈夫です)

 

⑦ユーカーパックさんがネット上の業者オークションに出品をします。(車は乗ったままです)

打ち合わせした希望日に、

勝手に出品してくれますので、

一切手間はかかりません。

ユーカーパックでは、2000社以上の全国各地の車屋さんが加盟していて、一斉にオークション(セリ)をします。業者同士が競争して、あなたの車を、どんどん入札していきます。
これから加盟店はもっと増えていくでしょう。

そこで、最高額の業者に売ります。

勝手に業者同士が競り合うので、

営業の駆け引きをされるとか、一切ありません。

ネットで入札状況をリアルタイムで見れます。

最低落札価格を下回っていれば、

売らなくてもOKです。

(最低落札価格は、実際の業者相場を見ているユーカーパックの担当者さんと相談できます)

 

⑧落札後に、書類を用意します。

ユーカーパックさんが、売却するのに必要な書類を、すべて教えてくれます。あなたは、指示された書類を用意するだけです。そして、車の引き取り日を決めます。

 

⑨書類と、車を引き取ってもらいます。

車の引取りは、もう完全におまかせなので、費用もかかりませんし、

指定した日時に引取りに来てくれます。

 

⑩指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらいます。

車と、書類を渡した後、

指定の日時に振込してもらいます。

 

落札金額まるまるが、振り込み金額になります。

車って、実は車体の金額のほかに、自動車税や消費税などの金額がありますが、

これらはすべて含まれた金額になっています。

普通に新車ディーラーで下取りする時も、

大手買取店で売る時も、同じく含まれた金額になっています。

まあ画面で表示された落札金額が、あなたの口座に振り込みされる金額、

とだけ覚えておけばOKです。

 

⑪売却後、名義変更が完了した車検証を送ってもらいます。

必要があれば、名義変更が完了した車検証コピーを、

メールや郵送で送ってもらい、

確実に名義変更が完了した証拠をもらう事も可能です。

まあ名変は確実にしてもらえるので、

気になるようであれば依頼しても良いかと思います。

 

これで、終わりです。

 

とまあ、本当に元業者である自分が言っても、

つっこみどころがないサービスです。。

まず業者同士が入札形式で競り合うというのが、

そもそも業者専用のオークション会場の仕組みと同じなので、

ごまかしようがありません。

限界まで入札しないと、買えないわけですから。。

 

しかも、加盟店が2000社以上って・・

更にどんどん増えてるという事ですので、

あなたの車種に特化した、得意な車種を欲しいと思っている業者同士が戦ってくれます。

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出業者、解体業者、ミニバン専門店、コンパクトカー専門店、四駆専門店、改造車専門店、高級車専門店、旧車専門店、ありとあらゆる、専門業者が争って入札をしてくれます。

なので、大手買取店はユーカーパックさんには加盟店として参加していません。

そもそも、ユーカーパックさんから仕入れをしても、専門業者同士が競り合うので結局は高く買うしか無いとわかりきってるので、参加していないんです。大手にとっては、目の上のたんこぶのサービスです。。

それが、高く売れる場所であるという、確たる証拠ですね。

 

なんで無料でできるのか?

これは業者からお金を頂いているからです。

月額使用料とか、落札した車の台数に比例して料金をもらっているためです。

仕入れを頼っている業者専用のオークション会場だって、

月額料金や落札料がかかります。

それと同じなんです。

 

でも、業者にとっては高く仕入れる場所なのに、

なんで業者はユーカーパックを仕入場所として頼るのかと言うと、

実は通常の業者専用オークションって、

良質な車を仕入れるのがけっこう難しいんです。

出品者側の業者は、壊れている車や、壊れそうな状態の車をうまく隠して、わざと業者専用オークションに出品します。

買う側の落札店はそれを見抜けなくて、たまにそれにひっかかって、状態の良くない車を落札してしまう事が、けっこう多いんです。業者専用オークションは、ババ抜きの様な世界でもあるんです。

でも、一般のお客さんから仕入れた車は、そういった変な車を仕入れる確率が格段に低くなります。

壊れている車は、査定表に壊れている車として出品されますから、

業者からも頼られていて、仕入れの一つの場所としてユーカーパックを使っている業者が本当に加速度的に増加している状況があります。

 

ユーカーパックのデメリットは?

でも、デメリットもあります。

これだけがおしいのですが、

少々、売るまでに時間がかかる事です。

査定して、オークションに出品して、という工程があるので、

1週間~2週間ほど、時間がかかってしまう事です。

 

急いでいる人は、

二つ目の売り方、

複数の買取店で比べる方法で売りましょう。

 

 

◆二つ目の売り方です。

いわゆる、ネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

1つ、一括系サイトの中で、一番のおススメサイトがあります。

 

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

私が買取店店長だったときは、

新規のお客さんが欲しいので、

色々な一括査定サイトに加盟店登録をして利用していました。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも日本中にたっくさんの一括査定サイトがありまして、

私は買取店時代に、4つのサイトに加盟店登録をしていました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

さすがリクルートが、雑誌だけだった時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

さっきも紹介しましたが、カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

業界、一括査定系サイトの中では、

圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

大手買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

ユーカーパックと同じように、あらゆる専門店や、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

 

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、

欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

新しい車、高級輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、SUV、軽自動車、ミニバン、

などなど、どんな車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

 

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

ユーカーパックと同じく、郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこで「メールで連絡お願いします」と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、ぜひ売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

車を売るんだったら、

一括査定サービスはカーセンサーが最もおすすめです。

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

まとめます

なので、すぐに売りたい人は、

カーセンサーで査定依頼したら、すぐに売れます。

 

営業されたくない、個人情報も渡したくない、

時間もまだちょっとある、そういう人は、

ユーカーパックがおススメです。

 

結局どっちが高く売れるのか?

カーセンサーは、

私は安く買えたことは、ほぼありませんでした。

ユーカーパックは、

そもそもが業者同士で競争入札をするので、、

当然、どんな業者も限界まで出してきますから、

最高額で売れない理由がないです。

 

うーん、本当、甲乙つけがたいです。。

他にもいろいろな車の売り方やサイトなどはありますが、

この二つのどちらかであれば、

まず間違いない、と言えます。

がんばって、高く売りましょう!

 

あと、次の車が決まってるなら、

自動車保険もしっかり加入しましょう。

とにかく一番安い自動車保険を探すなら、

保険スクエアbang!というサイトで、

最大17社の保険会社から最安の会社が見つかるので、

めちゃおすすめです。

お店ですすめられる自動車保険は、

車屋さんもマージンを取るのが通常なので高くなります。

なのでネットで最安値を探すのが良いですね。

ほぼ電話はかかってきませんので安心です。

 

◆新車の購入、中古車の購入、安く買いたいなら?

やはり、永遠のテーマですよね。

安く車を買いたいっていうのは、誰しもが思うところです。

 

まずは、中古車を安く買うには?

買う時は、売る時よりもラクで、安く買う事も可能です。

売る時は、適正相場がわからないから苦労しますが、

買う時は、ネットでいっぱい同じような車が、

値段も書かれていて、たくさん情報があふれています。

ここで、

安い順で並べ替えたり、

実際問い合わせをしてみると、

「このくらいの金額が限界なんだな」

と想像がつきます。

 

さらもうちょっと安く買いたいのであれば、

実は、これも買取専門店さんから買うと、

結構安く買えたりします。

なぜか?

 

世の中の、中古車屋さんって、

仕入れは、ほとんどを業者オークションから購入しているんです。

 

車の流通は、こんな感じです。

売る人 ⇒ 買取屋さん ⇒ 業者オークション ⇒ 中古車屋さん ⇒ 買う人

という流れです。

 

買取屋さんの場合

売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  買う人

という感じで、流通経路が飛ばせるんです。

 

これ、一般の人はまったく理解に苦しむと思いますが、

車って、

売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  買う人

これがとっても難しいんです。

 

色々理由はありますが、

実際、業者オークションが流通のあいだに入ると、

1台で10万円~20万円、それ以上のコストがかかったりします。

 

実際最大手の買取専門店のガリバーさんは、

ちょっと前までは、販売なんかまったくしていませんでしたが、

今では、日本一の中古車販売台数になる月もあります。

 

いままでの買取店さんは、

とにかく安く仕入れる事だけが目的でしたが、

さすがに競争も増えてきてるので、

販売にも大きく事業を力をいれています。

 

もちろん買取屋さんは安く仕入れている分、

すぐに利益が確定できるのであれば、

さっさと売ってしまいたいんです。

だからオークションにすぐに出品して、

利益を確保します。

でも、本当は一般の人に高く売りたいんです。

 

とにかく買取店は、

買取りした車を、すぐに現金化したいんです。

 

下記の、画像は、なびくる という中古車お探しサービスです。

これは、大手買取専門店の、

買取したてのほやほや車両を、提案してくれるサービスです。

ここで、自分が探している車の、車種、年式、走行距離などの情報を入力します。

そうすると、入荷した買取車両をどんどん提案してくれる、というサービスです。

 

買取店は、仕入れた車をすぐに現金化したいので、

利益が確定できる様であれば、

すぐに成約したいのが本音です。

相場感があれば、交渉は有利に進められると思います。

 

そこで、この様な中古車情報サイトを利用して、

30万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』

同じ様な車種を色々見積もりをしたりして、

相場観を養って下さい。

安い順で並べ替えたり、便利にできますよね。

最近は、総額表示までしてくれます。

 

だいたい、○○万円くらいが限界相場なんだな、とわかってきます。

その相場観を武器に、買取店さんが仕入れる車に、

それよりも少し安い金額で買うと提示してみてください。

かなり絶妙な金額の提示になる確率は高いです。

 

ここは、東証一部上場の株式会社エイチームさんのサービスです。

新しい、中古車購入のサービスですね。

 

市場に流通する前の、

買取てほやほやの中古車を、

無事故、保証付きで、安く買える可能性があるのは、

買取店に注文するのがベストです。

まあ急ぎの場合はちょっと難しいかもですね。

 

新車を安く買いたいなら?

未使用車、新古車って知ってますか?

新車ディーラーさんが、販売台数を稼ぐために、わざと大目にメーカーに発注します。

沢山メーカーに注文すると、報奨金がもらえたりします。

ヤマダ電機などの、大手家電量販店とかと同じ原理ですね。

 

ロットで注文すれば、報奨金がもらえる。

なので、新車ディーラーさんも、メーカー(トヨタ、日産等)から、沢山買うんです。

売れ残った新車をどうするかというと、

車検を取って、業者オークションへ、出品するんです。

車検を取得すると、その車は新車ではなく、中古車、になります。

ただ、誰も乗ったことも無い車なので、「未使用車」とか、「新古車」という名前がついています。

 

 

ただ、保証はどうなるの?

はい、保証はディーラーで買うのと、まったく一緒です。

新車は、ディーラーでなくとも、中古車店から買っても、友人から買っても、

3年間は、ガッチリメーカー保証がついています。

新車ディーラーさんで買うのと、まったく何も変わりません。

 

新古車を買った後、その車をどこでも良いので、ディーラーに持ち込んでください。

新車保証継承の手続き(無料)をします。これで万事OKです。

 

そして、こういった未使用車が、業者オークションには沢山流通しています。

どこで買えるのか?というと、どこの中古車店でも買えます。

地元のおっちゃんが運営している中古車屋さんに行けば、買えます。

まあ・・なんか不安・・

そう思う方は、大手買取店さんが、業者オークションから、
新古車、未使用車を買い付けてきてくれます。

 

くどい様ですが、ちゃんと保証は3年間は付いています。
必ず、保証継承と言って、買った後にディーラーさんに持ち込んでくださいね。
もしプラスアルファの保証やメンテナンスパックが欲しければ、
ディーラーさんで提案してくれますので、そこで加入してください。

 

下記、なびくる車販売サービスは、
大手買取店が毎日買取で入荷する良質車両を提案してくれるサービスです。
自分の欲しい車を入力すれば、買取店側から入荷車両を提案してくれます。

新古車や、未使用車が必要であれば、
備考欄に、未使用車希望、と書いて下さい。

なびくる中古車お探しサイトはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ