ディーラーの下取りと買取店はどっちが車を高く売れるのか?全てを教える車買取査定のノウハウ

元買取店店長のサトーです。

これも、ほんっとよく聞きますね。

 

「ディーラーに下取りをしてもらうか、買取店に買取りしてもらうのか、どっちが高く売れるんですか?」

実際こんな質問をする方は、残念な質問です。

というもの、

過去に相当ぼったくられてきて、

安~く買い叩かれてきたのが、

間違いないからです。

 

今後、絶対に安く売らないためにも、しっかりと本質を学んでください。

結論をお伝えする前に、

解りやすく、業界のウラ側を書きます。

 

 

あなたが、車の買取店の経営者だったと仮定します。

そして、100万円の価値がある、

とある車があったとします。

 

あなたは、100万円の価値があるその車を、

市場(いちば)から、いつでも買えます。

業者専用のオークション会場が日本全国にあって、

野菜や魚などと一緒で、中古車の市場が沢山あるんです。

 

実際市場には、同じ様なクルマがゴロゴロあります。

98万円だったり、102万円だったり、100万円だったりと、

多少の値段は違いますが、

今回の100万円と仮定した相場の車は、

90万円でもなく、110万円でもなく、

うそみたいにキレイに、

100万円前後で落札されていきます。

それが、相場です。

 

つまり、業者は、

いつでも業者専用のオークション会場である、

市場(いちば)から、100万円でその車を買う事ができます。

これはどういうことかと言うと、

あなたが持っている車が100万円の

オークション相場だった場合、

絶対に、100万円以上の金額は出さない

という事を意味しています。

 

だって、いつでも同じ車を、

パソコンやスマホでワンクリックで買えるわけですから、

わざわざ高い広告費を払って、

やっとやっと出会えた新規のお客さんに、

相場を知らないお客さんだからこそ、

安く買おうとがんばるわけです。

 

もちろん、相場よりも、

可能な限り安く買おうと努力をします。

 

これは、買取店だけでなく、

新車ディーラー、中古車店、輸出業者、解体業者、

高級車専門店、スポーツカー専門店、

ありとあらゆる中古車を売り買いする業者すべてが、

オークション相場を基準としていて、

どんな業者だって、

なるべく安く買いたい

そう思っています。

 

だって、

買取や下取りって、

結論から言うと、仕入れ なんです。

この世の商売をしている会社や個人事業主が、

どうして仕入れを高く買いたいと思うでしょうか?

適正価格で仕入れたい、と思うでしょうか?

 

さらに、車の仕入れって、

めっちゃめちゃ競争が激しい業界です。

街を車で走ると、買取、下取り、の看板だらけです。

テレビやラジオもバンバンCM流してます。

ネットでもすごい広告がわんさか出てきます。

 

こんなはげしい競合他社がいるなかで、

どうして仕入れを高く買ったり、適正価格で買おうと思うでしょうか?

自分の車だって、

より良いものを、安く買いたいと思います。

 

それこそ商売で、

生きるか死ぬか、そういった状況下であれば、

安く仕入れたい

そう思うのが自然です。

 

実際の買取、下取りの営業現場は、

本当にひどい競争が繰り広げられています。

 

こういった状況下の中、

あなたが買取店の社員になったと仮定してみましょう。

 

あなたは、お店でいつもの様に仕事をしていると、

お客さんがやってきました。

あなたはプロなので、ぱっと見で、

この車は100万円くらいの相場かな・・

という検討がすぐについています。

 

買取店
「いらっしゃいませ、今日はご来店有難うございます。今回はご売却のみですか?それともお乗換ですか?」

 

お客さん
「あ、はい、新車に乗り換えなんです。」

 

買取店
「そうですかー、最近新車ディーラーさんの下取りの相場が高くて、お乗換のお客さんの車は、なかなか買取店の金額では勝てない事が多いんです。」

 

お客さん
「え、そうなんですか、、買取店さんの方が高いかな、なんて思っていたんですが・・」

 

買取店
「最近は新車ディーラーさんが新車販売をすごく強化していまして、下取りは赤字でも買うので、勝てないんですね・・」
「査定には結構お時間かかりますので、お時間取らせると申し訳ありませんので、いくらくらいの提示でした?」

 

お客さん
「え、え~と、60万くらい、と言っていましたね。。」

 

買取店
「60万ですか、う~んお出しできるか解りませんが、もうちょっと出せる可能性もゼロではありませんので、また、当社の場合欲しいお客さんをダイレクトに探しますので、少しだけお時間頂きますが、お車査定しましょうか?」

 

お客さん
「はい、お願い致します」

 

さらっと、買取店の経営者であるあなたはお客さんとお話しましたが、

すごい情報をゲットしたと、思いませんか??

な、なんと、100万円の価値がある車に、

新車ディーラーさんが60万円の提示しかしていないんです。。

 

最初ぱっと見ただけで、

あなたはプロですから、

だいたい100万くらいかな・・

そう思っていた車です。

そ、それが、

なんと、他社で60万円って提示されていた・・

 

買取店の経営者であるあなたは、いくらで提示しますか?

 

正直に、100万円近く提示しますか?

それとも、90万円くらいが妥当だと思いますか?

それとも、70万くらいで買いますか?

 

経営者だけでなく、

社員もすごい強烈に会社のプレッシャーを感じて仕事をしています。

安く買えー!!

利益を出せー!!

と、

 

買取店の営業マンって、

買取台数は目標として無いんです。

すべて、利益が会社の評価なんです。

 

月に20台買取して、利益100万の営業万よりも、

月に10台買取して、利益300万の営業マンが、

絶対的に評価されます。

 

利益を出せない営業マンは、

本当にクズのような扱いを受けます。

 

ブラック企業だとか、

お客さんに対して酷いとか、

色々な意見があると思いますが、

それだけ競争が激しく、

取れるときに利益を取らないと、

会社はつぶれてしまうんです。

これが、実際の現実の現場です。

商売という戦争の中、どの会社も戦っています。

 

今回は経営者であるあなたは、

毎月、店舗家賃、光熱費、人件費、広告宣伝費、自分の給与などなど、

数百万円が、黙ってても吹っ飛んでいきます。

 

いくらで、このお客さんに金額を提示しますか?

 

 

できるだけ、安く買いたい、そう思いませんか?

 

 

実際の現場としては、

こんなことを言います。

営業マン、
「お客さん、何とかがんばれば、70万くらい出せそうと本社が言っていますが、どうでしょうか? ただ、ちょうど欲しいお客さんがいたので、今日即決して頂くことが前提となっているのですが・・」

お客さん、
「え?、今日即決ですか・・、うーん、まだ1週間くらい乗る予定があるし、新車の納車も2週間後だし・・、えっと、というより、どうしようかなあ・・」

営業マン、
「あ、そうなんですか、急な提案で申し訳ありません。。 あ、それかもしよろしければ、本社に車の引き渡しは2週間後でだいじょうぶか聞いてみましょうか?」

お客さん、
「本当ですか、、でも、70万か、、正直、もうちょっと値段つくと思ってたんだけどなあ・・」

営業マン、
「そうですか、、でしたら今回は・・、あ、ちょっと待ってください! 店長に電話してみます! 今月のお店のノルマの買取台数が達成間近なので、本社からお祝い金がでますので、それを含めれば、もうちょっとお出しできるかもしれません!」

お客さん、
「あ、、そうなんですか。。」

営業マン、
「ダメ元で、75万円で話してみましょうか!? それでOKだったら即決して頂けないでしょうか?? もちろんお車の引き取りは2週間後でOKです! もし無理だったらすいません。。 今日はあきらめて帰りますので。。」

お客さん、
「あ、本当・・、じゃあ、それなら、いいかな」

営業マン、
「有難う御座います! では、本社に交渉してみますね!」
「店長! なんとか75万出せないでしょうか? お客さんそれなら即決OKと言って頂いています! 本社からの報奨金までもう少しですよね?? 何とかならないでしょうか?」

お客さんの心の中、
「・・・、なんか、申し訳ないなあ・・、でも75万か、でも頑張ってくれてるし、そもそも新車ディーラーの下取り60万だったから、よかったかな。。」

営業マン、
「お客さん、、店長に交渉したのですが、、73万円がギリギリという事でして、それで如何でしょうか? ディーラーさんの金額よりもかなり頑張ってやらせて頂いたのですが、75万に届かず、申し訳ありません。。」

お客さん、
「73万かあ・・、どうしよう、もうちょっと何とかならないかなあ・・。。」

営業マン、
「でしたら、、実はもう少しで僕の営業成績達成になるので、プラス1万で、74万で決めて頂けないでしょうか?! ぶしつけで申し訳ありません。。」

お客さん、
「え、そうなの?、なんか、じゃあ、うーん、OK、いいよ!74万で!」

営業マン、
「ありがとうございます! では契約書にハンコを^^」

 

ひどいなあ・・

と思いますよね?

本当は、100万円は、なんとかギリギリがんばれば出せたんです。

90万円なら、かる~く出せたんです。

でも、これが僕が経験してきた現場です。

 

これが、一般の消費者相手だと、ひどいと思われがちですが、

どんな企業だって、業績が良い会社とは、

利益をたくさん出している会社で、

利益をたくさん取っている

これが、商売の原理原則です。

 

中古車の仕入れは、本当に激戦なので、

こういったことをしないと、

会社は倒産してしまいます。

 

素人の人から見れば、

びっくりするような駆け引きが水面下で行われており、

一見ニコニコして話している営業マンは、

めっちゃめちゃ考えてお客さんと話をしています。

 

新車ディーラーの営業マンは、

買取、下取りにここまでは頑張らないのですが、

それは、新車販売という武器があって、

新車販売だけでも利益が出るし、

そんなに買取、下取り営業を頑張らなくても、

一定数のお客さんからは、

いわゆる「言い値」で、仕入れができるんです。

だから、提示額が低いことが、

買取店よりも多い、という現状があります。

 

つまり結論として、

ディーラー、買取店、中古車販売店、

あらゆる業者や、個人も含め、

 

「可能な限り、安く買いたい」

 

商売の原理原則として、安く買って、高く売る

これが、本質です。

 

昨今、車の買取店って、

すごい勢いで大きな会社になったと思いませんか?

反対に、中古車販売店で、

すごい急成長した会社って、知らないですよね?

中古車販売がメインで急成長した会社ありますが、

すべて、買取(仕入れ)に力を入れています。

そもそも大手になったとか、儲かっているとかは、

それだけ、利益がでた、つまり安く買ってきたという事です。

 

利益がたくさん出て、株式上場も果たし、

テレビCMやラジオCM、ネット広告もできる、という事です。

新車ディーラーさんなんかは、

元々大きな会社で、儲かっていますよね。

 

中古車は、一般の方では価値が解りにくい、不透明な商品です。

なので、ディーラーさんの下取り金額なんて、

担当者のさじ加減ひとつで、変わります。

そもそも信用があるので、安い金額提示をしても、さらっと手放す方も多いです。

繰り返しますが、ディーラーさんだって、買取店だって、誰だって、

 

可能な限り、安く買いたいんです。

 

なので、どっちが高く買い取ってくれるかという質問自体、無意味な事です。

こういう質問をされる方は、この本質を理解していないので、

ディーラーさんのブランド力を信用したり、

買取店の営業マンの、

もっともらしい営業トークを信じてしまって、売っちゃうんです。

 

今回の例でいうと、

新車ディーラーさんに60万って言われた車を買取店に持って行ったら、

「ディーラーは最近とても下取りが高くてなかなか買取成約できない」

という情報と相場観を植え付けられて、

最後には、

「今、ちょうど欲しいお客様が居て、もし今すぐ契約頂けるなら、70万出せます!」

と言われて、

しかも、ダメ押しされて、

「75万で交渉します!なら即決してくれますか?」

さらにさらに、

本当は100万まで余力があるのに、、

「73万になっちゃいました・・」

と値下げされて、

「自分のポケット含めて74万で即決お願いします!」

なーんて言われて、売っちゃうんですよね。

 

ここで大切なことは、今までの価値観として、

 

どこが自分の車を、高く買ってくれるんだろう?

 

という価値観をすてて、

 

どうやったら高く売れるのか?

 

これが重要、という事です。

 

じゃあ、どうすればよいのか?

私が買取店時代に、

限界金額を出すしか買えなかった方法です。

実はシンプルで、

要は比べる、または競争させるという事なんです。

 

ここで一つ、

思いつくのが買取店めぐりだと思いますが、

それはやめた方が良いです。

1店1店、お店を回る行為は、正直危ないです。

 

どういうことかと言うと、

A店 という有名店に行きました。

そこで、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? この車はB店の得意分野の車なんで、うちはたぶん勝てないですね~、もしうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

な~んて言われたら、絶対B店に行きますよね。

 

そこで、B店に行ったら、

「お客さんの車を、ずっと探していたお客さんにマッチするので、即決していただけるなら60万円出します!」

こんな事言われたら、グラついちゃいますよね?

で、60万円を提示されて 売却成立したとします。

 

ところが、ふたを開けてみると、

このA店と、B店は、親会社が同じ会社で、

裏で打ち合わせをしていた・・

こんな事例が、実はあったりします。

かんたんに言うと、談合です。

 

そして、本当は100万円以上の価値があった…

という訳です。

これは一例ですが、

これ以外にもたくさんの仕掛けがあり、

さすがにここでは書けないんです。。

とにかく業界未経験の人はとても危ないです。

 

私がプロとして買取店をやっていたとき、

限界金額を出さないとダメなお客さんが居ました。

おススメの売却方法は、2つあります。

 

◆まず一つ目です。

業者どうしで、値段を競り合ってもらう事です。

え、そんな事ができるの?

と思いますが、はい、できるんです。

すごいサイトがあります。

 

ネットで査定依頼するだけで、

こんな感じで、だいたいの買取相場が表示されます。

しかも、、これだけじゃないです。

・業者の限界価格、つまり最高額で売れる

・電話が殺到しない

・営業されない

・個人情報が一切漏れない

・すごくラクでかんたんで時間も手間もかからない

・価格も納得 透明性がある

・もちろん、無料で使える

車業界、ネット業界、長くいますが、

本当に驚異的なサイトです。。

 

今まで、ここまで徹底的に消費者向けなサービスは、

存在しませんでした。

ユーカーパック

というサイトです。

 

これ、どういった仕組みになっているかと言うと、

細かい部分を書きます。

 

①無料査定の申し込みをします。

この時、入力するのは非常に少ない情報だけで、

住所も申し込み時には、番地まで書かずにOKで、

郵便番号だけでOKなんです。

個人情報は買取店に一切もれません。

ユーカーパックさんにだけ行きます。

 

②申し込みをすると。

車の概算価格が表示されます。

 

③相談デスクから連絡がきます。

ここではもちろん営業されません。

ユーカーパックの相談デスクのオペレーターからのみ、

連絡が来ます。

※ ユーカーパックさん以外には、一切個人情報は漏れません、買取店からの営業電話やメールも、一切ありません。ゼロです。

 

④査定を受けるかどうかはあなた次第

オペレーターに車の詳細を伝えて、

より正確な買取相場を聞くのもありです。

 

⑤査定の日時を予約します。

査定は、最寄りのガソリンスタンドに車を持ち込むか、

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらいます。

もちろん、無料です、完全に。

 

⑥実際に査定を受けます。

査定は、数十分程度。

あなたは、「ただ待つだけで」なんの営業も交渉も受けません。

ただ、査定してもらうだけです。

そこで、査定士の方が車の写真を撮影し、

査定表を作成します。

(とうぜん、車は乗って帰って大丈夫です)

 

⑦ユーカーパックさんがネット上の業者オークションに出品をします。(車は乗ったままです)

打ち合わせした希望日に、

勝手に出品してくれますので、

一切手間はかかりません。

ユーカーパックでは、2000社以上の全国各地の車屋さんが加盟していて、一斉にオークション(セリ)をします。業者同士が競争して、あなたの車を、どんどん入札していきます。
これから加盟店はもっと増えていくでしょう。

そこで、最高額の業者に売ります。

勝手に業者同士が競り合うので、

営業の駆け引きをされるとか、一切ありません。

ネットで入札状況をリアルタイムで見れます。

最低落札価格を下回っていれば、

売らなくてもOKです。

(最低落札価格は、実際の業者相場を見ているユーカーパックの担当者さんと相談できます)

 

⑧落札後に、書類を用意します。

ユーカーパックさんが、売却するのに必要な書類を、すべて教えてくれます。あなたは、指示された書類を用意するだけです。そして、車の引き取り日を決めます。

 

⑨書類と、車を引き取ってもらいます。

車の引取りは、もう完全におまかせなので、費用もかかりませんし、

指定した日時に引取りに来てくれます。

 

⑩指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらいます。

車と、書類を渡した後、

指定の日時に振込してもらいます。

 

落札金額まるまるが、振り込み金額になります。

車って、実は車体の金額のほかに、自動車税や消費税などの金額がありますが、

これらはすべて含まれた金額になっています。

普通に新車ディーラーで下取りする時も、

大手買取店で売る時も、同じく含まれた金額になっています。

まあ画面で表示された落札金額が、あなたの口座に振り込みされる金額、

とだけ覚えておけばOKです。

 

⑪売却後、名義変更が完了した車検証を送ってもらいます。

必要があれば、名義変更が完了した車検証コピーを、

メールや郵送で送ってもらい、

確実に名義変更が完了した証拠をもらう事も可能です。

まあ名変は確実にしてもらえるので、

気になるようであれば依頼しても良いかと思います。

 

これで、終わりです。

 

とまあ、本当に元業者である自分が言っても、

つっこみどころがないサービスです。。

まず業者同士が入札形式で競り合うというのが、

そもそも業者専用のオークション会場の仕組みと同じなので、

ごまかしようがありません。

限界まで入札しないと、買えないわけですから。。

 

しかも、加盟店が2000社以上って・・

更にどんどん増えてるという事ですので、

あなたの車種に特化した、得意な車種を欲しいと思っている業者同士が戦ってくれます。

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出業者、解体業者、ミニバン専門店、コンパクトカー専門店、四駆専門店、改造車専門店、高級車専門店、旧車専門店、ありとあらゆる、専門業者が争って入札をしてくれます。

なので、大手買取店はユーカーパックさんには加盟店として参加していません。

そもそも、ユーカーパックさんから仕入れをしても、専門業者同士が競り合うので結局は高く買うしか無いとわかりきってるので、参加していないんです。大手にとっては、目の上のたんこぶのサービスです。。

それが、高く売れる場所であるという、確たる証拠ですね。

 

なんで無料でできるのか?

これは業者からお金を頂いているからです。

月額使用料とか、落札した車の台数に比例して料金をもらっているためです。

仕入れを頼っている業者専用のオークション会場だって、

月額料金や落札料がかかります。

それと同じなんです。

 

でも、業者にとっては高く仕入れる場所なのに、

なんで業者はユーカーパックを仕入場所として頼るのかと言うと、

実は通常の業者専用オークションって、

良質な車を仕入れるのがけっこう難しいんです。

出品者側の業者は、壊れている車や、壊れそうな状態の車をうまく隠して、わざと業者専用オークションに出品します。

買う側の落札店はそれを見抜けなくて、たまにそれにひっかかって、状態の良くない車を落札してしまう事が、けっこう多いんです。業者専用オークションは、ババ抜きの様な世界でもあるんです。

でも、一般のお客さんから仕入れた車は、そういった変な車を仕入れる確率が格段に低くなります。

壊れている車は、査定表に壊れている車として出品されますから、

業者からも頼られていて、仕入れの一つの場所としてユーカーパックを使っている業者が本当に加速度的に増加している状況があります。

 

ユーカーパックのデメリットは?

でも、デメリットもあります。

これだけがおしいのですが、

少々、売るまでに時間がかかる事です。

査定して、オークションに出品して、という工程があるので、

1週間~2週間ほど、時間がかかってしまう事です。

 

急いでいる人は、

二つ目の売り方、

複数の買取店で比べる方法で売りましょう。

 

 

◆二つ目の売り方です。

いわゆる、ネットの一括査定依頼を利用して売却する事です。

1つ、一括系サイトの中で、一番のおススメサイトがあります。

 

ネットの一括査定サイトの場合、「同時に」 査定依頼されるので、

買取店同士、安い金額を言うと、すぐに他社に持ってかれてしまうため、高い金額を提示するしかないんです。

私が買取店店長だったときは、

新規のお客さんが欲しいので、

色々な一括査定サイトに加盟店登録をして利用していました。

一括査定サイト経由のお客さんは、本当に苦労しました。。

 

ただ、これも日本中にたっくさんの一括査定サイトがありまして、

私は買取店時代に、4つのサイトに加盟店登録をしていました。

4つのうち、3つの一括査定サイトは、比較的安く買う事ができました。

ただ、1つだけ、限界金額を提示しないと、買えないサイトがありました。

さすがリクルートが、雑誌だけだった時代からコツコツやってきてるだけあるな、と思います。

さっきも紹介しましたが、カーセンサーネットの一括査定サイトです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

業界、一括査定系サイトの中では、

圧倒的ナンバーワンの、加盟店数があります。

他の一括査定サイトは、まだ若いITベンチャー企業がほとんどで、加盟店数が非常に少ないんです。

大手買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

カーセンサーは、地場の販売店のみならず、

ユーカーパックと同じように、あらゆる専門店や、

輸出業者や、解体業者まで巻き込んでる為、底力があります。

 

更に特徴的なのが、加盟店である業者へ、

欲しい車種のみを届けてくれるサービスをしています。

 

なので、

輸出向きの車を査定依頼フォームへ入力すれば、

輸出車両の買取りが得意な業者へ依頼ができ、

新しい車、高級輸入車、スポーツカー、ポンコツ車、SUV、軽自動車、ミニバン、

などなど、どんな車でも、

査定依頼フォームへ入力すれば、その車種が得意な業者へ依頼ができます。

 

査定依頼フォームに入力して、次の画面に進むと、

大手買取店以外に、あまり聞いたことのない業者名があったりします。

地元の会社さんや輸出業者さんで、特定の車種を欲しがっている業者さんです。

そのため、大手買取店も本気の金額で勝負してきます。

 

大手買取店なんていうのは、何で大手になったかというと、

安く買って、高く売って来たからに他なりません。

ただ、一括査定経由の査定依頼だけは、

他店に取られるとブランドイメージも汚してしまいますし、本気でやってきます。

あり得ない金額提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、業者は安く買えませんが、やはり利用者が多いので、

業者にとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、利用していました。

ただ、車を売却するユーザーにとっては、非常に良いサービスだと思います。

 

さらに、他の車の一括査定サイトと異なる部分が、

入力フォームへは、住所を入れる必要が無いんです。

ユーカーパックと同じく、郵便番号だけ記入すればOKです。

番地まで入力する必要が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

また、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

そこで「メールで連絡お願いします」と書けば、大抵がメール連絡をしてくれます。

まずは値段を知りたい、そういう用途で利用するのもありですが、

買取店さん、広告費を支払っているので、ぜひ売却時にはまた連絡してあげてください。

カーセンサー.net簡単ネット査定

車を売るんだったら、

一括査定サービスはカーセンサーが最もおすすめです。

堂々と、複数の査定会社へ依頼しましょう!

 

まとめます

なので、すぐに売りたい人は、

カーセンサーで査定依頼したら、すぐに売れます。

 

営業されたくない、個人情報も渡したくない、

時間もまだちょっとある、そういう人は、

ユーカーパックがおススメです。

 

結局どっちが高く売れるのか?

カーセンサーは、

私は安く買えたことは、ほぼありませんでした。

ユーカーパックは、

そもそもが業者同士で競争入札をするので、、

当然、どんな業者も限界まで出してきますから、

最高額で売れない理由がないです。

 

うーん、本当、甲乙つけがたいです。。

他にもいろいろな車の売り方やサイトなどはありますが、

この二つのどちらかであれば、

まず間違いない、と言えます。

がんばって、高く売りましょう!単ネット査定

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ